アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

1.9MHzアンテナ構想Ⅱ

以前に1.9MHzのアンテナ構想(http://jh0ill.muragon.com/entry/293.html)を紹介したが、一番、カギとなるアンテナチューナーをヤフオクで入手した。金額は送料込みで5000円程度、ところどころが壊れているために完全ではない状態とあった。物はTRIO AT-200で1.8MHzからが対象となっており、背面にはワイヤアンテナ用の端子が出ている。壊れているのは、Powerメータとコンデンサのつまみの部分である。コンデンサは、少し歪んでいるようで、回転時にある部分で接触することがある。しかし、SWRの調整を行った結果、チューナとしての機能は申し分ないようで、200Wで7MHzでチューニング、テスト運用も出来た。
この次の課題は、グランドである。タワーからグランドを得ると良好な接地が得られるとはずだが、アンテナとしてはあまり芳しくないように思う。同軸ケーブルのステー線として、ステンレスワイヤーを張っているので、それを使うか、別途に、接地工事をして接地を得るかを検討したい。
後は3.5MHzのツェップからミノムシクリップなどで給電を行うことを想定している。まずは仮設の状態での運用を行い、将来的にはチューナを防水処理して対応を考えている。
いずれにしても、1.9MHzでのQRVは直近に迫っている。晩秋のコンデション、夜21時以降は7MHz以上の国内QSOは殆ど難しい状態である。そうなると、3.5MHzとトップバンドの1.9MHzに期待をもちたいと思う。
1.9MHzのアンテナは、既に構想から、実現のステージになった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。