アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

2019年2月23日朝のDX

最近は、土曜日朝に5時頃に起きるようにしている。理由は、朝のヨーロッパを3.5MHzや7MHzで交信するという目的である。この習慣?が身についてきたのか、金曜日の夜は夜更かしはできず、また、土曜日の朝は家族の誰よりも早起きをする。休日の朝は、誰もがゆっくり寝ていたいという思いに駆られるはずだが、遠出をする子供たちは興奮してか休日も早起きするが、私もこの歳になって同じ心境、すなわち「電波で遠方に出かける朝」は早起きしてしまうようである。
このところ、朝も寒さが和らいできて、起きるのも大分負担は無くなった。しかしながら、電波の世界では、ローバンドのコンデションは明らかに12月から1月にかけてのコンデションとは変わってきたようだ。今日の日の出は6時半頃、すなわちUTC20時半UTCを中心として、一番良くなると思われる。今日は3.5MHzを聞くと、全然ダメみたいで諦め、7MHzに絞ることとした。
今日の交信箇所は以下の通り。


EUロシアをはじめ、ブルガリア(LZ)、イタリアなど東欧中心であった。フランス局は1局だけ聞こえており、CQを連発していた。
私は、以前に紹介したように、RBNをモニタしながら、CQをワッチする方法で、今日はコンデションがいまいちのものの、フィルタをEU大陸、Skimmerは指定なしで行った。そうすると、JAのSkimmerがレポートしていない局も探すことができる。
今日のQSO相手で驚いたのは、ロシア局、そしてマケドニア局である。
ロシア局はQRZ.comで確認すると、出力は100Wで長さが2m程度のモービルホイップで運用している局が結構な強さで入感。マケドニア局も、100W+GPでの運用とのこと。また、7時過ぎには、イタリア局と交信。この局も100W+VDPのようである。結構な飛びで入ってきており、7MHz CWのDXは、別にビームはいらず、100WとDPで十分な感じだ。
ただ、今日の朝のオープンは独特で、QSOできた範囲は日本からみると以下のような感じだ。

北欧やイギリスは聞こえずであった。
なお、7時を過ぎると、JAもかなり入感してきており、国内交信との混信が心配。実際、LZ局やOK局などと同じ周波数でJAのJCCサービス局が出ており、呼びかけることはできなかった。


WSJT-XでのFT8運用

WSJT-Xが昨年12月10日にバージョン2となり、FT8の運用には殆どがこのWSJT-Xを用いておられると思う。FT8は短時間で比較的弱い信号でのQSOを可能としており、多くの方がこのモードを利用されているようだ。
私は、FT8運用時に、本当に珍しいところが聞こえているときを除いて、殆どは自らがCQを出す。そのときに、選り好みをせずに、多くの局とのQSOをしたいという場合、1st Callチェックを入れて、自動的に応答を行うことがある。この1st Callの機能は数秒という短い応答時間での操作の煩わしさから開放してくれる有益な機能のひとつとして、利用されている方も多いのだと思う。
昨日(2月20日)、この1st Callのチェックをせずに、CQを出していた。寝不足なのか、そのままでウトウトしてしまったため、コールバックをしないうちに、多くの局から呼ばれっぱなしになった。(各局にはごめんなさい!)
そのときの呼ばれたところの順番を見て、WSJT-Xがどのような仕組みでデコード順位を決めているかが少しばかり確認できたので、報告する。
このデコード順位が重要なことは、1st Callにチェックを入れた相手局は、デコード順位の高い局から応答するためで、この順位の決め方が判っていることは、呼び方を工夫することで1st CallチェックのCQ局へのピックアップ率が上がる可能性がある。但し、この内容は、結果からの推定であり、あくまでも推測なので、本当は違うかもしれないことはご承知いただきたい。


デコード順番は以下のようになった。
CQ周波数 7.074MHz + 1028Hz
No.          SNR         Freq.      相手Freq - CQ Freq
1             -3dB        1027              -1
2            -10dB        725               -303
3              -3dB       1656               628
4             -14dB      1027               0


推定ルール:
オンフレ(同一周波数)は2局のコール、後は前後に1局づつ。まず、オンフレが何といっても一番の優先。次に、周波数の低い順番にならぶ。そして、最後が次の強さのオンフレ局。


これから言えるのは、オンフレが一番いいけど、信号強度が弱いと一番最後に回される。
オンフレがQRM状態で使えない場合、周波数の低い方が有利。


これは本当かは不明。後でQSOしながら、特徴をみると、やはり同じようだった。


ARRL DX CW Contest 2019

2月16日9:00~2月18日8:59まで春のDXコンテストの先駆けとなるARRL DXコンテストCW部門が行われた。私は、初日の14MHzに参加、また、途中で3.5MHzにも参加したが、十分に行ったとは言えず、今回は、7MHzのシングルバンドのみの参加に変更しようと思う。1kWにQRO後、初めてのARRL DXコンテストへの参加で、初めてkWであることをコンテストナンバーで表明したものでもある。
14MHzや3.5MHzで何故エントリーしないかというと、14MHzは初日の1時間のみの運用で、日曜日の朝はQRVできなかった。3.5MHzはというと、ほとんどQSOに至らなかったため・・・である。21MHzやそれ以上の周波数は、全然ダメみたいである。
7MHzモノバンドのスコアは以下の通り。

合計で103QSO,マルチは21という値である。交信レートグラフは以下の通り。

初日の朝方1時間ほどが14MHz、17時頃から7MHzを聞き出し、CQ局を主に呼ぶ。そして、日曜日は16時まで運用しない。21時以降から、CQランニングをはじめ、0時近くまで交信を続けた。
さて、ARRLコンテストは、他の局と信号差を比べるのには、非常に良いコンテストである。日本から、同じ方法にあり、CQも連続して出すし、RBNのSkimmerが適当なものがあるためである。

上図は、RBNで当日、聞こえていたkW局をRBNの比較ツールで確認してみた。Skimmerは北米カルフォルニアにある。時間経緯を確認すると、既にUTC7時(JST16時)には聞こえはじめ、次第にコンデションが上向き、UTC14時(JST23時)頃が一番コンデションが良くなったようだ。私が感じるSNRでは、30dB程度であれば、599に到達しており、45dBとなるとS9+10dB以上の信号となっていると思われる。
これらのコンテスト参加局で上側にある2局は、コンテスト常勝局、ロケーション、アンテナ設備共にJAでは有数な局である。一方、私を含めての他局は2エレ程度、ちなみに水色のJG6**局はおそらく40mBand専用の2エレを使っている。すなわち、どんぐりの背比べ、コンデションや地域性が影響するところと思われる。特に、私の場合は、ロケーション面では東方面はNGであるため、それを差し引いても善戦した結果だった。

確かに、UTC12時(JST21時)以降は、CQによるランニングを続けるようになり、北米東海岸を含む多くの局からコールを頂いた。翌朝は月曜日で、仕事に差し支えないように0時過ぎにQRTしたが、このコンデションであれば、午前2時程度まで善戦できたのかもしれない。
なお、7MHzはQRMが激しい。559程度で入っている北米局を200Wにしたら、QRZ?となって、交信が成立しなかった(リニアのウォームアップ時の呼び出し)。1kWにQROしたら、直後にフルコールでとってもらった。また、200W局が苦しんでいる相手に対して、呼びかけたら、フルコールで直ぐにコールバックがあった。このQRMの中での7dBの増加には、非常に恩恵があった。聞こえていれば、ほぼ、取ってもらえる。CQのときは、逆に殆どカスカスな局からもコールされた。QSBとQRN(無線機の性能によると思う)の最中、このようなギリギリの信号をきちんと取れる耳が欲しいと感じた。