アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

ARRL International DX コンテスト

コンデションが春になってきて、いよいよ春のDXコンテストの時期を迎えてきた。先週のWW WPX RTTYの参加は用事があり、参加できなかったが、このARRLのコンテストは落ち着いて参加することが出来た。落ち着いてといっても、それほど長い時間に出た訳でもない。許される範囲で時間を使って参加したまでである。また、今年はせっかく参加するなら、きちんとログを提出したいので、200Wではなく、100Wに絞って参加した。すなわち、Low Power部門での参加となる。
したがって、土曜日の朝から、14MHzで参加、それも2時間程度、17時以降に7MHz、更に3.5MHzと出て、日曜日の朝の2時間程度で14MHz、夕方7MHz,3.5MHzで運用した。
結果は以下の通り。

3,5MHz  32 QSO, 14Multi
7MHz     77 QSO, 20Multi
14MHz   90 QSO, 29Multi
トータル199 QSO,63 Multi
今年は21MHzのコンデションはさっぱりで朝方、聞いては見たものの無理と判断し、1度も電波を出さなかった。朝方の14MHzは電波が強く、特に日曜日の朝は、東海岸の局が強く入感した。
土曜日の夜の7MHz,3.5MHzのコンデションも比較的安定しており、信号も強かったが、雪が降った関係でスノーノイズでかなり厳しい状況となった。SSBで聞くと、S9+10dB程度までノイズが振っており、また、雪の関係で3.5MHzの同調周波数が下にシフトしてしまった。CWフィルタを最狭にして聞くことができた。空電も比較的強かった。一方、日曜日の夜は空電も無く、としても静かに聞こえており、東海岸ともローバンドでQSOを可能とした。
その結果、100Wながら、3.5MHzでもランニングが少しだけ出来て、短時間で多くの交信が可能となった。
100Wでの参加であったため、エリア1のカナダの東海岸の島からの信号が聞こえいたが、結局、QSOにはならなかった。日曜日の23時過ぎ、国内ラグチューもあわせて、QRTとした。
コンデションが比較的恵まれて、多くのQSOが出来た。いままで得られなかった州も得られたようだ。


3.5MHzの様相

CD78jrを上げて、漸く3.5MHz帯に少しアクティブにQRVすることが出来るようになった。CQ誌にも3.5MHz帯の紹介が時々行われているが、このバンドはSSBが使える最も低い周波数帯であり、混信とノイズが多い7MHzに較べて少し難しい感じのバンドかもしれない。
まず、3.5MHzの低い方のCWバンドでは、短点の連続信号が一定間隔で聞こえており、CWによるQSOはその間を用いることになる。DX局は3.515MHzから下に出てくるようである。また、3.520MHzから上は和文によるQSOが行われている。
SSBでは、3.538MHzから3KHz毎にチャネル化されたようにQRVしている。すなわち、3.538,3.541,3.544,3.547,3.550,3.553,3.556,3.559,3.562,3.565,3.568,3.571,3.574と13チャネルが存在している感じである。決まりではないが、これに準じた周波数で各局がQRVしているので、このバンドを初めてQRVされる方は、知っておいた方がよいと思われる。7MHzに較べて、アワードや移動運用ということを目的でQSOしている方は少ないようで、ラグチューに近い長めのQSOが行われる。どちらかと言えば、7.100MHz以上エリアの雰囲気がある。また、高出力のOMが多く、大きなアンテナとリニアアンプを用いて、しっかり針を振らしてくるOMが多い。そのため、QSOの内容もかなり難しい内容も多く、比較的のんびりした田舎のムードが漂うバンドである。
DXはというと、やはりかなり強い局が多く、アンテナのゲインが十分に稼げない分、出力と耳で勝負するような感じがある。私の設備では、DXとQSOしている相手局が聞こえない、またはノイズに埋もれている状態も多い。これは、相手局も同じようで、KW局が懸命に相手局にコールするところを聞くと、本当に厳しいローバンドの状況が分かる。


ACOM1000リニアテストインプレッション

試験電波を送信する際に、リニアアンプの実力を垣間見たので、テストインプレッションとして報告をしたい。
ACOM1000は、ブルガリア製のリニアアンプで終段は4CX800Aというプレート損失800Wのセラミック管を1本装備したものである。実際、同社ではACOM1010という800W相当のリニアアンプがあり、これとほぼ同じ構成なのだが、何故、こちらだけ1000Wまで可能なのかは全く分からない。
正面パネルは、下図のようだ。

ACOMは、ステレオメーカーとのことで、この正面パネルからスレテオのメインアンプを思わせる。電源は日本向け設定で200Vのものである。正面には、電源スイッチ、バンド切替スイッチ、2つの調整つまみ、オペレーションボタン、あと、2つの表示器切り替えボタンがある。
大きさはこんなレベル。

CQ誌の1.5倍程度の面積を備える。TL-922に比べれば少し小さい感じである。
背面は、こんな感じ。

とてもシンプルで、メインスイッチが実は背面にある。従って、通電すると、正面の表示器には、ACOM1000と表示される。ファンはついているかどうか分からない程、静か。

上部には、真空管のエア排気口があり、あたたまると結構温かい風が上に抜ける。普段はゴミが入るのではと思い、蓋をしている。
ダミーロードをつなげて、電源をいれてキー操作をしてみる。以下の通り。

ACOM1000
ヘッドフォンを付けているので、キーの操作音はしないが、聞いての通り、殆ど音らしいものは発しない。極めて、静かである。カチカチ音するのは、TS-480のCWリレー音である。

7MHzでのインプット、アウトプットの特性である。約14dB程度の増幅率。1000Wまできれいに延びていく。過大入力が入ると、出力せずに保護回路が働く。従って、1000W以上は出ない設計となっている。
約1時間、試験電波を出し続けたが、リニアアンプは全くへこたれていない。とても、静かに出力を出してくれた。バンドの切替後、2つの切替ボタンを同時に押すと、アッテネータが入り、200W程度で送信される。LOADつまみでインジケータ上の矢印を中央にもってきて、TUNEつまみで最大出力にする。