アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

マイクゲインとプロセッサ

7MHzでJH6のOMとQSOをしているとき、OMから、マイクアンプの上げすぎの指摘を受けた。私は1kWのQROを検討してきたときに、コンテストやQRM、電波状態の悪いとき、DXとのQSOを除いて、プロセッサの使用は控えた方がいいと判断するようになった。今までは相手に少しでも強い信号を伝えるためにと思い、やたらプロセッサを使っていたが、3.5MHzなどで音声にこだわるOMとQSOをするようになってから、プロセッサ使用時の自然な声からの変換が少し気になりだした。とは言うものの、混信が多く、電波状況が悪いHFで、プロセッサを否定することは避けたいと願う者の一人である。
話しが大分逸れたが、JH6のOMからの指摘通り、プロセッサの設定状態での自分の音声は聴いたことが無かったので、まずはモニタを行うこととした。モニタの方法として、無線機にあるモニタモード設定があるが、これでは実際の状況は不明であるため、WebSDRにある録音機能を利用して、聴き比べることにした。
案の定、プロセッサ未使用のときはまずまずの変調であるが、プロセッサをONすると、声が割れ、了解度が逆に低下する状況であることががわかった。TS-480には、プロセッサ使用時に2つの調整箇所がある。1つはプロセッサの圧縮部の入力設定、もう一つは、プロセッサから外部に接続される出力設定である。声が割れていたことは、マイク出力部分が大きすぎて、ALCを晴らしていたことが原因のようである。
そこで以下のように設定しなおした。
プロセッサOFF時 : MIC設定を30とした(ALCが働かない程度)
プロセッサON時 : PRO.INでは圧縮が10dBまでとする。PRO.OUTはALCが振れるかどうか微妙な状態。
これで、JA6のOMに聽いていただき、まずは問題ないと確認した。暫くはこの設定で使ってみたい。また、TS-480にはイコライザーがあり、切り替えることが可能である。幾つかのパターンが登録されており私はFHP2周波数ブーストモード設定にすると、了解度が上がるとの話しも受けたので、暫く使ってみたい。


連日の夜の7MHz

このところ、夜の7MHzがすこぶる調子が良い。4月17日~20日でのべ局数が30局相当となる。
4月17日は、21時半から7.104MHzにQRV。長野から離れた6エリア、8エリアのOM各局とQSOした。特に、ツイッターのフォロワーであるJM8JPNさんと7MHzで少し長めのQSO。FT-7とモービルホイップで安定した強い信号でこちらに入ってきた。今後とも、お空でもよろしくお願いしたい。その直後、7.118MHzでCQを出したら、北米局からコールされる。ノイズレベルが高いためか?信号が強くても結構厳しい。更に、東南アジア各局から呼ばれた。
4月18日は、20時半より7.130MHzに陣取り、CQからやはり8,6,4エリア各局と交信。その後、インドネシア、USAから呼ばれる。YE4IDL局は、とても強力で59+20dBで入感。1kW+3エレ八木だという。また、北米局はインドネシア局を呼んでいるものと思ったら、なんと私を呼んでいたようだ。少し、びっくり。
4月19日は、仕事の都合から、既に22時近くになっており、そこからのQRV。残念なことに既にJA各局は聞こえない。CQをだしたら、ロシア各局から声がかかり、5局とQSO、引き続きインドネシア局2局ともQSO。最初のインドネシア局が300W+3エレでやはり59+20dBであった。次の局は、100W+ダイポールとのことで、それでも59で入っていた。一旦、3.5MHzに移って、QSO、VK9X/N1YC局と3.5MHzでQSO出来た。7MHzのCWでも聴こうと、既に23時半を回っていたが、7MHzをワッチ。7.123MHzで強力なJA8局を確認、国内QSOをされていた。59+40dBという信号で入っていたが、関西局とのQSOは少し難義されているようであった。こちらから呼んで、暫くラグチューを楽しむ。0時を回り、7MHzのCWでCQをだす。EUロシアを含むEU域の6局とQSO。今日は、CWでCQを出すと、14MHzでパイルを受けたように、パイルを受けた。そろそろ、7MHzのシーズンは終わろうとしているはず?なのに、まるで14MHzのようだ。
国内が楽しめ、DXも出来る7MHzのコンデション、暫く楽しみが尽きない。

久しぶりのFT8運用

4月15日(土曜日)朝9時を迎え、HFのハイバンドからローバンド全てを見渡して、あまりにコンデションが悪いので、通常のCW/SSBの交信を諦め、久しぶりにFT8を運用してみようと考えた。最近、FT8を運用しない理由のひとつは、TS-480のTX/RX切替インターフェースをQROでのアンプと接続しているため、そのコネクタを入れ替えることが面倒なためであった。また、WSJT-X 1.8をインストールし、rcバージョン以外で最新とした。既に、WSJT-X 1.9.0 rc3が出ているようで、変更点は、DXペディションモード、VHF/UHF用として、JT65を改良、更にオートシーケンスを加えたようだ。WSPRも改善された。いずれも、正規版になったら入れてみたい。
さて、久しぶり、数ヶ月ぶりだと思うが、運用をおこなってみた。まず、7.041MHzのJA国内。CQを出すと、私が珍しいのか、同時に数局から呼ばれる。オートシーケンスとしてあるので、誰を先にという判断はなく、ソフトウェアが決めてくれた相手とQSOを行う。なんとも、味も素っ気も無い感じであるが・・・。5局とQSOを行い、引き続き、10MHzに移動。移動はCATシステムで接続されているため、WSJT-Xのバンド切替を行なえば、連動して切り替わる。JS6局がQRV、呼んで直ぐに応答あり。更に18MHzに移動し、CQを出す。YB局から呼ばれ、QSO。1局とQSOしただけで、直ぐに14MHzに移動。中国、ロシア局9局とQSO。この時間帯なので、他の局は望めないようである。
運用しての感想は、CQとオートシーケンスの続きなので、あまりにも簡単、機械的な交信であった。なお、出力は、7MHz,10MHzでは5W程度、18MHz,14MHzでは150Wと大きく変えている。DXに対しては、国内に対して14dBも増大しているが、相手からのレポートは、当局と同様か、幾ばかりか小さいレポートを頂いており、次のケースが想定される。
 ・相手局の方が、当局よりも高出力。
 ・相手のS/N比が小さい状態(混信によるS/N比低下等)


最近、思うのは2番めのケースである。EU方面は混信が酷いようである。力づくで電波を出すからかは不明であるが、WebSDRを聞く限り、酷く混み合っている。このため、AGCの原理などを知らない局は当然のようにS/Nが低下、耳が悪くなる。こんなことがあるのだろうか?
このような場合は、是非、以前紹介した狭帯域フィルタとIFシフトを使って欲しい。