アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

JT65(FT8)によるQSOの楽しみ方(提案?)

現在、デジタルモードでのJT65を始めとする方法でDX通信を楽しむ方が多くなってきている。コンデションが悪化する中、CWという手段を用いず、比較的に小電力であっても、十分にDXとの交信ができるモードがJT65やFT8というデジタルモードである。このQSOには、PCと専用アプリケーション、無線機とPCのインターフェースが必要となるが、一旦、セットしていしまえば、比較的簡単に始めることができる。
初めて後、暫くは、ここまで飛んだとか、色々な感動を与えてくれるが、JT65の通信方式は、完全にPCに頼った方式であるため、CWやSSBのような自らが必死に聞いて、書き取るなどの行為がないため、次第に感動が薄れてくることもある。
そこで、私が最近、密かに?行っている楽しみ方をお知らせしたい。
JT65やFT8のQSOは、最低限の交信を行うものと割り切ることが必要と思っている。私は、JT65のアプリは、以前からWSJT-Xを使用している。このアプリと一般的にログとしてJA各局が利用するハムログは、JT linkなるものでリンクされ、容易に交信記録をハムログに伝えることができる。私はQRTするとき、ハムログのデータをADIFファイルで出力する。
そして、QRZ.comとeQSL.ccの自らのログデータをアップデートする。QRZ.comにログをアップするには、QRZ Subscriptions serviceで最低でもXML LogBook Data Subscriptinのサービスを受ける必要がある。このサービスを受けると、自ら作成したログデータのADIFファイルをQRZ.com上で管理することができ、そのログで統計を取ったり、QRZ.comのアワードを取得するこもとできる。LoTWに登録されていれば、QRZ.comからデータの転送、ダウンロードができ、自分の取得エンティティの実情を把握することも可能である。また、更にeQSL.ccでは無料で電子QSLのサービスを受けることができ、JT65の多くのユーザーがeQSLのユーザーでもあるため、QSLが即日、取得することが可能である。そのQSLカードは、DXCC以外の多くのアワードで有効なようだ。
話はそれたが、QRZ.comでアップデートしたログは、QRZ.comに登録されている各局のデータとリンクされているため、ログを選んでいくと、交信した相手先のデータが確認できる。相手局の位置、距離、相手局の設備などの紹介を見たり、また、Web Contactという方法でコンタクトすることもできる。JT65では少ない情報であるが、QRZ.comを介して、QSO相手の実情や何を楽しみとされているのかなどを見て、QSOの余韻を楽しむこれが、私の勧めるJT65(FT8)の楽しみ方である。
ある方は、7MHzのスモールループで北米から飛ばしてきた方もあるし、また、ある方は家の周りにステルスアンテナを設営して、見えないアンテナでやっておられる方もいた。
デジタルモードを知ってDXとのQSOが出来るようになって、それを楽しんでおられる方もいる。アンテナや出力等の設備に対する制限は、日本だけではないようだ。それでも、楽しくやっている相手方がQRZ.comで即座に見ることができる。また、QRZ.comのログは、スマートフォンや外出先のPCでも確認でき、そこでQSOの余韻に浸ることができるのだ。是非、試してみて頂きたい。交信相手は人間なので、血の通った繋がりを感じることができるだろう。

CQ WW RTTY DX Contest

週末は、愛・地球博記念コンテストとは別に、福岡コンテスト、JLRSパーティーコンテストがあり、それも短時間ながら参加した。14MHzなどを日中に聞くと、14.100MHz以下の辺でピロピロピロローという独特な音、そう、RTTYの信号が沢山入っている。週末、DXコンテストでは、CQ WW RTTY DXコンテストが行われていた。WW RTTY WPXコンテストには以前に参加したことがあるが、DXコンテストは未だ無い。普段、RTTYでは中々、DXとのQSOがままならないため、このコンテストは恰好な機会と思い、7MHzのモノバンドでのみの参加をした。
7MHzだけなら、夕方ぐらいから、短時間で出ることができるし、パワーやアンテナなどの設備面を考えるとそう沢山の局数とのQSOは期待できない。まあ、リスティングされるだけでもという思いで参加に踏み切った。
RTTYのコンテストに強力な武器は、CTESTWINとMMTTYモジュールの使用である。非常に便利で連携がとれており、周波数を合わせるとコールサインをデコードして、既にQSOしたかどうかまで確認してくれる。無線機は、FSKモードとして、TS480HXはCWフィルターを利用し500Hzの帯域に絞ると、混み合う目的外のRTTYの信号を排除できる。きちんと、ゼロインすることで、相手のデコード率も上がるはずである。
結果は以下の通り。単発的な参加であるが、結構面白かった。

56局の内訳は、北米、JA(RTTYコンテストでは国内QSOもポイントになるようだ)、アジアが多いが、9月25日早朝にQSOした欧州も合計10局もQSOが出来て、少し嬉しかった。RTTYの特徴は、SSBよりも了解度が高く、結構、弱々しい信号でも意外にデコードが出来る点である。ただ、アンテナに因るようで、聞こえない信号は当たり前であるがデコードはできない。すなわち、聞こえるためには、地上高と更に高ゲインのアンテナが必要なのだろう。JAの有名なコンテスタは出力だけでなく、その耳も優れており、私のアンテナではやっとデコードできるか否かという西欧の局を捌いていた。その点は、現状、已む得ない状況である。
今回の結果は以下の通り:

Band QSOs Pts Multi
7MHz 56 140 42
--------------------------
Total 56 140 42


Score : 140x42=5,880点


なお、コンテスト中、SSBをはじめ、JT65(FT8)などの運用に混信を与えてしまった点は、参加者の1人としてお詫びする。FSKモードでは殆どSSBなどは復調しない、JT65も判らない、そんな感じであり、且つ、EUなどでJT65の周波数に平気で電波を出しているようだから、始末に負えない。FSKにしておくと、殆どが聞こえないのも本当だから、ごめんなさいと言うしかないのかもしれない。


愛・地球博記念コンテスト

今年も愛・地球博記念コンテストに参加した。昨年は、電信電話部門シングルオペ7MHzバンド種目で0エリア1位となったコンテスト、全国規模のコンテストで且つ、短時間勝負のため、今年も参加した。昨年のスコアは、3264点であるので、この点数を越えることをまずは目標とした。
また、このコンテストの特徴の1つは、電信電話の場合、同一バンドでCW,SSBの両方で同じ局とのQSOが有効になる。そのため、CWやSSBで2回目という方も結構いた。
QSOデータは以下の通り:

トータル170 QSO、マルチ44で7480点、昨年の2倍以上のQSOが出来た。2倍になった理由は、昨年に比べ4倍の出力でSSBのCQランニングに効果、CWでの運用が前より聞き取りが上達したこと、数々のコンテストに出ているため、馴れがあることなどが言えるかもしれないが・・・もしかすると、昨年よりも参加局数が多くって、ライバル各局もそこそこの点数を上げておられるかもしれない(ヤバイ、ヤバイ・・・)
今年は、最初から8時台までがCW、9時台、10時台はSSB、11時台はCWというQSOパターンであった。実は、22日の21時からすでに始まっていたようであるが、今日は早朝から地域の草取りがあり、早く寝たために、夜はパスした。夜出ると、北海道や沖縄あたりのマルチがとれたのかもしれない。
0エリアからは、1エリアが弱く、やはり難儀をしたコンテストであった。1エリアの各局を呼んでも中々、とってもらえないときがあった。
結果はどうなることやら・・・。
QSLカードは、全市全郡を待つことなしに、行き先が決まった。