アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

CW運用時、FULL Break-inか、それともSemi Break-inか

ツイッターで「CW運用時、皆さんはフル/セミ、どちらで運用しますか?」というアンケートを取りましたら、なんと、307票の方から投票がありました。本当に、ありがとうございました。
まずは、アンケート結果を報告します。

307票の内、38.8%(119票)がフルブレークインで運用、52.1%(160票)がセミブレークインで運用、9.1%(28票)がその他という結果でした。
様々な方から、コメントをいただきましたので、匿名にてお伝え致します。

  • 基本Full Break inかな。無接点リレーのリグが増えてほしい
  • リグによってはフルの時もあります〜
  • 両方です。
    フルだとパイルで打鍵中に他局にコールバックが開始された瞬間打鍵を止められるから。
    ゆっくり1対1の場合はセミブレークイン。
  • コンテストでランしてるときはフルブレークインです。
    その他はセミブレークインですね
  • 珍局スプリットでない限り、セミです。PTTで送信状態を保持するときもあります。
  • 他の局への応答中が分かれば即停止できますから フルが殆ど
  • セミのフル寄り
    一応空白で反対だれかのトーンが聞こえる程度
  • 少しでもリレーを労りたいので…😅
  • リレーがうっせぇなので、セミブレークインです😂
  • リレーがガチャガチャ行ったり、符号の合間にガーガーノイズが聞こえると気が散りますよね。
    ペディションやったりキー局なんかでパイルを捌かないといけない状況ではフルブレークインの必要があるのかな。
  • 最近はCWは全くやっていませんが以前のやり方からフルに一票。
    SSBでも一瞬PTTを離して受信しながら送信していたりします。これだと送信中に相手から呼ばれても気付くことができ、時間の無駄を少なくして多くの局とできたりすると思っています。
  • 意外とフル派とセミ派が拮抗してるんですね。90年代のRIGより最近のRIGのほうがフルブレークイン時のリレー音がやかましくなったような気がします。
  • リニアアンプが対応していないのでずっとセミブレークインです。フルブレークインできるリニアに買い替える気力も財力も、もう無いし。
    (いつもリニア入れてる訳ではありませんが…)
  • 国内のpileアップやDXのup指定ではフル、それ以外ではセミですね。
  • でもね、セミとは言っても、文字の間に受信が入る程度に短くしています。
  • 怒涛のパイルに参加する時はフルで
    他、殆どセミです。
    やはりリレー音が気になるリレー接点寿命が気になります。
    SSRを使ってのブレークインってないのかな?
  • コンテストやパイルアップの時だけフルブレークイン、他はセミブレークイン。リレー接点の消耗を懸念して。

コメントを頂いた方からの情報をみると、フルブレークインを使っている方は、「送信中に、直ちに受信状態に切り替える必要」からのようです。たとえば、コンテストでCQランニングしているとき、相手が呼んできたら、直ちに、送信を止めて、相手の応答に対応すれば、スムーズな反応ができるということです。また、パイルアップの状態で、相手局が何らかの信号が出てきたら、すぐに受信に切り替える、スムーズな運用には欠かせない機能です。
ところが、これだけ便利な機能なのに、あまり使わない理由は、3つの回答がありました。

  • リレー音がうるさい
  • リレーの寿命が心配
  • リニアアンプが対応していない

リレー音がうるさい一番の理由は、送受信の切替にメカニカルリレーを用いているためです。このことは、リレーの寿命が心配であるということにもつながっています。そして、リニアを使っておられる方にとっては、リニアアンプのリレーがフルブレークインに対応していないということもあります。


まず、フルブレークインを用いた通信はどのようにされているのかをウィキペディアに掲載されていましたので、紹介します。

フルブレークイン運用をQSKオペレーションと呼ぶようです。QSKでは、相手の送信中に割り込むことにより、より会話に近い通信ができることを言っています。QSKには、T/Rスイッチ(送受信切替)の技術がとても重要で、高速かつ長期間に耐えるために真空式リードリレー、若しくはPINダイオードが用いられることが要求されるようです。
QSKプロトコルがあり、QSK対応している局は、最初にQSKを表明するようです。また、QSK?で相手に可能かどうかも聞くことができるとあります。割り込みには、1ドットの短い信号を送る、そして、それを受けた局は、一時停止するか、"K"を送信するという手順があるようです。


ここからは、私のラインナップ(IC-7610+ACOM1000)の場合です。
IC-7610の送受信切替の部分は、ネット上に公開されている?サービスマニュアルに記載されています。TUNER UNIT(1/2)の回路図に送信と受信のラインが表記されており、その分離をする回路が目的のT/Rスイッチになります。

※上図で橙色部分が送信側、緑色部分が受信側、すなわちRL552が対象のT/Rスイッチ


RL552は、サービスマニュアルの部品表から、SIP-1A-12Yという部品でした。これはリードリレーで、通常のメカニカルリレーに比べて、動作時間が1/10程度で寿命も一桁長いという特徴を持っています。寿命は2億回、動作時間は0.3m秒という値です。
以前に、24WPMでコールサインを連続して出したとき、4日間で200万回の動作に達すると計算したことがある。

すなわち、1日の連続送信で、50万回のリレー動作があると考えればいい。そうなると、2億回となれば、400日に相当する。ここまでの回数となると、他の部分が壊れる可能性が高いため、IC-7610の場合は、しばらくは安定して運用可能だと言える。
一方、ACOM1000は、QSK対応と言っているが、以前、ARRLコンテスト中に壊れた。その理由が、バキュームリレーの寿命が200万回であり、酷使すると、すぐに寿命に到達するためかと思う。
※ちなみに、IC-7300はT/Rスイッチに、メカニカルリレーFTR-B4CA009Zを使っており、機械寿命で500万回、電気的接点寿命で10万回と意外にも小さい。FTDX101の場合は、AGQ200A12Zのメカニカルリレーで機械寿命は5000万回とあった。FT891,FT991Aも調べましたが、同じリレーを使っていました。


フルブレークインについて、調べていると面白い記事が見つかった。DJ0IP局が提示しているQSKの情報である。
https://www.dj0ip.de/ricki-leaks/amp-interfacing/qsk-realities/


OM曰く、短点間を聞き取ることはあまり意味がなく、文字間を取り出すことで十分ではないかということ、Near-QSKを提案している。
なお、同OMは、アンプのリレー遅延が生じることを認識すべきあると言っておりました(https://www.dj0ip.de/ricki-leaks/amp-interfacing/cw-amp-sequencing/)。それは、送信遅延がないと、リレーの切り替わるタイミングでホットスイッチングが生じるためであり、部品やエキサイターに、影響を及ぼす恐れがあることを認識しておくべきでありました。ACOM1000の場合、リレー遅延を6mSce保証しているので、IC-7610の送信遅延を10mSecに設定した。
なお、私の運用スタイルは、セミブレークイン運用。理由は、アンプのリレーの耐久性と、バックグランドノイズが聞きずらいし、特に、セミブレークインで運用していて、不都合は感じていないため。たまに、ヘッドフォンをつけたときに、使ってみることがあるけど、だいたいは直ぐにセミに戻してしまいます。

×

非ログインユーザーとして返信する