アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

再び、悪コンデションに

10月17日夜、21時ちょっと前にシャックに入る。IBP Beaconを確認すると、14MHzでは4X6TUが微かの状態、その他は殆ど聞こえないという壊滅的な状態。SSNも0とあっては、何もできない状況である。7MHzも、国内が殆ど聞こえず、私がパイロットとしているJJ8HGAさんも、QRT寸前でお声掛けしたほどであった。JJ8HGAさんとは、過去17回のQSOをしているが、殆どは良好であり、今日のコンデションは2番目の悪さという感じがした。もっとも、全く聞こえていなければ、QSOにならないので、それを除いてであるが・・・。
7MHz SSBでは誰もQSOできず、まずは久しぶりにFT8にQSY。コスタリカの局が入っていたのでコールしたがフラれて、CQを出したら中国局2局とQSO。パッとしないため、早々に諦め、国内スキップが起こっていないと思われる3.5MHzに更にQSY。JA9RL/9局にピックアップされ、更にCWで8N0CLE/0局にピックアップ、パタパタノイズが強力であり、あまり状態が良くないので、一旦、50MHzや144MHzでローカルを探す旅に出る。CQを出すものの、誰も答えが無く、少々、虚しい。
10.107MHzにVU7GSM局がゆっくりとしたCWでCQ、パイルになったのか、1kc UP指定してきたが、直ぐにオンフレでCQを出す。3局目として、取ってもらえた。599++で入感しており、それを呼ぶEU局も入感していたので、意外にコンデションが良いのかもしれない。
7.008MHzに移り、EW7LO局がCQ。559~419ぐらいにQSBを伴っており、SWRも高いところのため、100W程度しか出ない。しかし、何回かコールをしたら、コールバックあり。StepperIRを使っているようで、直ぐにビームをバック側にして頂いた。信号は599~579にアップ。QSOの最後の方に、他局のQRMを受けてしまった。当方の信号では抑制できなかったようで、バタバタ感がある状態でファイナル。
7.007MHzでXW1ICがUP指定でCQ、未だ、JAは誰も呼んでいないようなので、アンテナを向けて、すかさず、コール。一発でコールバックあり。久しぶりにクラスタにアップした。今日はここまで。
10月18日朝6時、クラスタには10.109MHzで3C0Lが出ているとの情報あり。調べると、RST599で入感。呼び側は、10.110~10.125MHz程度まで広がる。結局、どこで呼んだらいいかも判らないまま、10.122MHz付近で10回程度呼んで、今日は打ち止め。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。