アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

2018年の結果

2018年、多くの方々と楽しいQSOをさせていただき、書面において、厚く御礼申し上げます。新しい年2019年、皆様にとって幸多き年となりますように、お祈り申し上げます。来年も本年同様に、ご支援頂きますようにお願い申し上げます。


さて、2018年の一年間の交信数を集計しました。Hamlog上にあるものに限定しての内容です。

上記の通り、今年は交信数が1万QSOを超えました。その多くはコンテスト等、短時間で交信を行ったものもありますが、今までに無い交信数であったことを知りました。仮に1交信に30秒程の時間をとったとした場合、83時間程度の運用時間となります。実際には、それぞれの交信には、いろいろな心の変化が伴っておりましたので、私は今年1万回以上の感動・感激を皆さんによりもたらして頂いたことになります。
また、交信数の半分以上はDXで、7MHz,14MHzでお相手頂いたものです。3.5MHzはCD78jrを設置したことが理由で、多くの交信数となりました。メインバンドは7MHzで、その半分はDX交信でした。10MHz,14MHzはDXバンドということもあり、国内交信よりもDX交信が多くを占めています。21MHzや24MHzについては、Esを用いての1エリアとの交信が多かったようです。
エリア別でいうと、近隣のコンデションがいまひとつだったけれど、1エリアがトップでした。
MODE別の交信数は以下の通りでした。

数の多い順からCW,SSB,FT8となります。その他、RTTY,FM,AM,PSKなどがあります。
やはり、私のメインモードはCWでした。SSBが大分多くはなってきました。

CWでは、60%以上がDXです。また、コンテストでの交信も多くあります。

SSBは、やはり多くあります。8エリアでの10MHzの1は入力ミスと思われます。

FT8は、新しいモードということもあり、DXは過半数を超えていますが、国内交信もそこそこです。
以上のように、今年一年間、多くの方々にお世話になりました。アマチュア無線は、WSPRを除き、ひとりでは成立しません。来年も、皆様、よろしお願いいたします。
また、本Blogをいつもご覧いただいた皆様、激励のコメントを書き込んで頂いた皆様、本当に1年間、ありがとうございました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。