アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Reverse Beacon Betwork

10月12日、いつも通り?帰宅してから無線機に電源をいれて、HF帯を聞く。7MHzを聞くと、東南アジア局やロシア局が入る中、国内局は全く入感しない状況であった。ハイバンドも殆ど同じで、仕方が無いので、ベランダに出て、アンテナを50MHz用に切り替え、且つ、IC-7000で50.200MHzにQRVした。IC-7000は50W出力であるが、ボイスメッセージが出来るので、呼ばれる当てもない? CQingには都合がいい。何度かCQを出していたら、JA5のポータブル0局からコールを頂いた。はっきり、10回程度CQを出したら、2mにでも移ろうとしていた矢先なので、少し驚いたほどである。
22時には、QSOを終えて、再び、7MHzに移り、7.097MHzでCQing、長野市内のJH0局からコールを頂いた。しばらくQSO、いつも、この拙いブログをご覧いただいている方であった(感謝!)。同じタワーの建設予定であることや、214Cを上げられる予定であることなどを聞いた。私はアンテナを上げる際に、NB42Xよりも214Cの大きさに驚いてしまい、上げた後に少し悔やんだ。21MHzの4エレであるCY154などと比べても、大きく、TA-33jrなどと比べても、投影面積で2倍以上なのだから。ただ、遠くから見ると、NB42Xの方が大きく感じる。いずれも、タワーを建てて、アンテナを上げた途端、近所からの見る目が変わるのがわかる・・・、ちょっと恐ろしい世界である。これに対しては、XYLは殆ど気にしていない。無線に興味の無い人からは、それ程、大したことではないようだ。私は、何か言われたときの対策として(というより、自分自身に納得するように言う口癖のように)、JARLのアンテナ保険に加入している、雷や台風のときはクランクダウンして安全としている。ただ、クランクダウンしたときのアンテナの大きさはもっと感じる。それなのに、14MHzや21MHzのDXでは耳の物足りなさを感じ、214Fが欲しかったなどと思うので、はっきり言って病気である。
話は大分それてしまったが、7MHzのSSBでのローカルQSOを終えて、7MHzのCWでCQを出すことにする。目的は、スキップ状態の国内局、あわよくばDX局ということで毎晩、CQを出している。ここで最近気づいたのは、同じ時間でよく某OMのCQ DXを聞くことである。信号はそこそこに強く、また、良くDXから呼ばれる。この違いはどこにあるのか??調べてみた。
調査の結果、設備の違いは以下の通り:
         出力      アンテナ 
当局    200W                     18m Hight 2ele (4dB程度)
OM局    1kW                       35m Hight  3ele (8dB程度)


アンテナの高さも違うが、その差を除いても、7dB+4dB= 11dB程度の差がある。
実際に差を調べるには、Reverse Beacon Network(RBN)が便利そう。RBNのSpots Analysis Toolを用いて比較してみた。

この通り、11dB程度の差である。このデータはN7TRのデータを用いており、更に遠方になると、恐らくアンテナの高さの差が響いてくるかもしれない。
このSNRがRSTでいうとどの程度に相当するのかということが難しいと思われるが、いろいろなWeb上のコメントをみると、10dB以下はRST339程度でQSOが出来るかどうかという値、10〜20dBでRST559程度、一応QSOが成立する。30dB以上だと、CQに気が付かれ、呼ばれる率が高くなるとのこと。
この日の状態も殆ど同様であり、私はDXを呼べば、取ってもらえる状態、某OM局はCQに対して、相手が呼んでくる状態であった。某OM局の相手は当方でも聞こえていたため、1kWの出力があれば、当局のアンテナでも、CQを出せば呼んでもらえる可能性が高くなる感じがした。
RBNの使い方はこのように、自分の設備を憧れの状態にするに必要な課題を調べるのに使えそうである。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。