アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

驚きの国内向けCQ

8月14日、いつも?通りか、夜21時過ぎ、国内QSOを狙って7.100MHzでCQを連発した。別にDXもとも考えずに、日本語でCQを連呼したが、呼んでこられる局は、YB(インドネシア)局のみ。
それも立て続けに、3局から呼ばれる。コンデションの問題か?それとも何かのイベントか?今までには無かった。その後、少し、変わった信号が入ってきて、韓国DS1局が呼んできた。下手な英語でしばらくQSOして別れた。更に、南西のほうにビームを向けて、CQを出すと、CA5DSQと呼んでくる。RS44ぐらいだろうか?少し聞き取れないが、チリと言っているようだ。アンテナをすかさず、北東に向けたら、RS57で入感。きちんとQSOができた。CQ国内でSSBでチリから呼ばれたのは初めてであった。コンデションがいいのか?行いがよかったのか?原因は不明。
その後、漸く目当てのJA局から呼ばれ、ホッとしたのはなぜ?・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。