アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

アンテナの不調?

7MHzに合わせて、出力はQRP5Wとする。これでどの程度、飛んでくれるものか?
YB72RI/0が7.133MHzでCQの連発、JA局が呼んでいるものの、無視状態である(聞こえないようだ)。QRP5Wで呼び続けるが、私の信号も取ってもらえない。10Wにして呼んでみたがやはり無視。20Wでもだめ。50Wで呼んだら、ILLまでは理解、ただ、プリフィックスがなかなか理解できないようだ。200Wにあげたら、一発でフルコールを取ってもらえた。出力の差はDXになると歴然、アンテナにもよるが、SSBでのDXは少なくとも200Wは必要なようだ。1kWにすれば、もっと楽にQSOはできるのだろう。
今日の7MHzがあまりよくなく、国内もスキップみぎで、仕方が無いので14MHzに移って、CQを出した。23時前後、そこそこに聞こえるのでこれはと思い、CWでCQを出す。しかし、いつもなら応答があってもいいはずなのが、まったく応答が無い。FT8に移って、CQ局を呼ぶものの、まったく相手にされず。JT65で呼んだら、漸く取ってもらった。しかし、送信と受信のレポート差は7dBもある。さすがに疑問を感じた、とたん、SWRが振り切れる。アンテナの不調か?いや、M型中継コネクタの問題のようだ。
外部に雷をも考えて、M型コネクタで中継を行っている。雨が当たらないところに置いてあるが、雨が降ると気温が下がり、熱変化により接触不良が発生しているようだ。M型中継コネクタをはずすと、スルリと何も抵抗無く抜ける。M型中継コネクタの芯側の接触不良のようである。
0時過ぎに回復したが、14MHzの当のコンデションが本当に落ちてしまったようだ。
燃焼不良のような感じである。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。