アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

IBP BeaconとDXとの交信

以前に述べたように、14MHz以上のDXとの交信を行おうとする前に、そのバンドにおけるIBP Beaconを聞くように心がけた。
14.100MHzを聞いてみると、8月23日、今日はやはりインド洋まわりが開けており、欧州は閉じた状態のようだ。実際に、SSBではVUが21MHzでQSOでき、東南アジアも比較的良好のようだ。それでも、ロシア局が多く聞こえており、ロシアのJCCを得るために、14.046MHzにて、CQを連発した。すると、望みどおり、ロシア局が次から次への呼んできた。比較的に強いロシア局に混じりながら、東欧局も呼んでこられ、出来るだけ早くさばくようにした。バックには、フランスやドイツらしいコールが見え隠れしている。信号は、EUロシア局は、Sが7~9、結構強い。強いだけでなく、コールされると、指定無視で何度も何度も永遠?に呼んでくる。したがって、彼らを先にやっつけてしまわないと、バックの弱い西欧局は取ることができない。
しかし、コンデションは短いようで、弱いがS4程度で入っていた西欧局はノイズレベルの状態になり、確認が出来ないまま、終わってしまった。少し残念!
でも、今日も、少なからずのパイルを受け、少し得意になってしまった。14MHzの楽しさにはまりそうだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。