アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

安定化電源

TS480HXは、200W出るが、ただで出るのではない。終段のアンプは100Wが2つ載っており、それを合成しているようだ。すなわち、同時に100W機2台分の電力を必要とする。どのように電力を得るかというと、13.8Vの安定化電源から、40A相当を取り出すことが必要である。
そこで当初GZV4000という第一電波の安定化電源をTS480と併せて購入した。しかし、この電源は大変な代物で、CWではよいが、SSBとなると、30A以上で内部のトランスが唸り音を発生する。最初は電源内蔵スピーカへの回り込みかと思って、対策をしたのだが、無意味であった。仕方がないので、以前に使っていた30Aのトランス式安定化電源を使ってきた。しかし、この安定化電源も、最近、唸り音が酷く、電解コンデンサを全て交換したがまだだめのようである。背面のヒートシンクのへんからの唸り音のようであった。このため、SSBではコンプレッサを使うことはできず、また、唸り音が疲れを増長するため、いよいよ、XYLに要望した。回答はOK!、ついでにヘッドホンが欲しいことを言ったら、これもOK。
昨日はいろいろとXYLにとって良いことがあったようで、このようなときに、しっかり、お願いをするものだとつくづく、いままでの自分を反省した。
いずれにしても、この土曜日に安定化電源とヘッドホン(セット?)を調達したいと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。