アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

6月8日の運用-QRPから戻れない・・・

6月8日、帰宅後は、14MHz/21MHzのアンテナに接続し、21MHzのバンド内を確認。ビームは北に向いており、21.190MHz付近でJA0のローカル局がS9+で入感していた。相手局は5エリアのOM。ビームを西南西に向け直したら、QSBは伴うものの、ピークはS9まで振って入感している。出力は5Wに設定し、相手を呼ぶが、さすがに一度でコールバックはなく、暫くお待ちくださいモードとなる。恐らく、200Wの出力であれば、一発でコールバックがあったことだろうけど、それでは当たり前すぎて面白くない。ここは我慢して、次の機会を待つ。QSOが終わり、もう一度、呼ぶ。QSBが強いせいか、JH0IL?とラストレターが判らないとのこと。何度かコールをしたら、漸くフルコールを取って頂いた。とても、満足。RS55/QSBのレポートを頂き、更に満足。JA国内でも、DXとのQSOの感じ、まさに5Wで飛んで行っていることが嬉しくって、QRPの醍醐味である。
7MHzに移ると、SSBでJA3のOMがCQを出している。まだ、QSOしたことがない方で、呼ばなかったら、先に新潟の方が呼んでしまった。新潟局へのOMの返すレポートは58とのことで、少し、聞き取れないところもあるようだ。こちらにOMの信号は、S9+30~40dBで入感している。QSOが終わったので、直ぐに5Wで呼ぶ。頂いたレポートは59ということで、直前の新潟局より良いレポートを頂いた。5Wであるが、十分にラグチューができ、コンテストの話で盛り上がった。OMからは「ビームを使っているでしょう?」と言われ、心の中でその通り!とつぶやいたのは確かである。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。