アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

国内コンデションがいい!

6月7日、今日は通院のため、いつもより早く帰宅できた。7MHz,18MHz,21MHzの国内コンデションを調べてみた。18MHz,21MHzは8エリアの各局が入感しており、コンデションは良いようだ。7MHzでは1エリアや0エリア(新潟)、2エリア、3エリアが聞こえ、CWでは米国も聞こえてきた。7.003MHzはCWでのQRP呼び出し周波数とのことで、そこでは既に2エリア局(QRPらしい)と3エリア局がQSOをしていた。出力を500mWに絞り、QSO終了後に2エリア局を呼んだが、3エリア局とのQSOとなった。他のQRP局が聞いているかもしれないので、7.0025MHzでCQ DE JH0ILL/QRPでコールしたが、誰も応答は無かった。
7.122MHzで国内局がラグチューをしており、その終了後に呼ぼうと身構えていたら、両局とも、続けての交信はされなかったので、5WにQROして、CQを出してみた。すると、国内局から次から次へと呼び出しを受けた。コンデションがよければ、5Wでも普通にCQによるQSOは可能である。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。