アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

週末の悪コンデション(4/15-16)

4月で春先なのに、この週末はコンデションでは最悪であった。なんとか、7MHzでのJT65でOne Day WACを完成させたものの、これはハイバンドにおける状態と国内コンデションの悪化が背景にありそうである。
実際、国内コンデションについては、1月頃の状況から全く改善しておらず、夜21時過ぎには7MHzでの国内局は完全にスキップ状態となってしまう。更に、土日では日中に期待していたコンデションの回復は無く、私のところで、KW局らしき局でさえ、S9程度までしか振らない。ましてや、一般の局はノイズがS4-5のところで、少し頭が出る程度の強さであった。まるで、磁気嵐が発生しているような感じで、最高使用周波数は7MHz前後であったとの情報もあり、近距離もだめ、遠距離もだめという、手も足も出ない状態が続いた。また、10MHz以上の状況は更に酷く、14MHz,18MHz,21MHzでは普段に聞こえるJT65の信号ですら、聞こえなかった。21MHzなど、国内局が入ってくる気配すらなかった。QRZ.comで見たSN値は、15程度であり(ブログ記載時はSN0となっていた)、確かにその低迷ぶりは酷く、昨年同様にWAPCコンテストの状況も聞いたが、あまり聞こえてきていない状況であった。こればかりは自然がなす業、私たちでは何もできない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。