アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

君の名は。

10月10日、体育の日、息子と一緒に、今話題の映画「君の名は。」を見に行った。前評判から、アニメのリアルさが非常にある映画であった。糸守町の高校で電波ジャックをするシーンで、昔、無線部で使っていた部屋らしく、古い無線機が置いてあった。
無線機は、まさにTRIOの名機TS-520Xと思われる。右横には外部VFOも配置されていた。
TS-520は、私が初めて開局したときに使ったことがある無線機で、私は後継機のTS-520Vである。私のTS-520Vは非常に曲者で、チョークコイルの問題かなにからしいが、直ぐに真空管がオーバーヒートし、電波が出なくなってしまった。何度も、修理に出したが、うまく直って戻ってこなかったために、当時、QRVしたいのに、できる時間があまりにも無かった。
当時は、多くの学生が無線の免許を取得し、毎晩21MHzのあちらこちらでラグチューを行っていた。お金がある?人は、当時、21MHzの3エレや4エレ八木をルーフタワーで屋根に載せて、QRVしていた。近所のOMでアンテナ工事があるというと、よく出かけていって工事を見た。お金がなく、ワイヤアンテナで運用していた自分にとって、憧れの一つであった。21MHzの運用者が多かったので、私が見たのはCD社のCY154やCD社の218Cなどのアンテナであった。また、タニグチエンジニアリングのHB9CVも多くの人が使っていた。私の友人は、同社の21MHzスイスクワッドを屋根に上げて運用していた。当時としては、とても耳がよく、夕方に開けるEU各局がフェージングを伴って入感してくるのを聞いて、驚きに浸った。
出力は正真正銘の10W、これで結構よく飛んだ。屋根の上に固定の3エレインバーデッドVやバードゲージループ、GPなどを作って、朝方に入感する北米W局を懸命に呼んだのを覚えている。取ってもらったときはとても嬉しかった。
その後、電信級の資格(今の3級)を取得、CWを覚えたら、ナローフィルタを装着し、10WとGPやインバーデットVで結構多くの局とQSOをした。7MHzで夜な夜なCQを出していたら、Wから呼ばれたことも何度もあった。応答はないと判っていても、パイルアップに参加することができてうれしかった。21MHzのGPは、10Wでもよく飛んだ。こんな記憶を、TS-520から引き出すことができた。
いまは、当時と比べて、出力は10倍、アンテナもグレードアップした。しかし、応答性はそれほど変わっていないような気がする。昨夜は、14MHzCWで10局ほど、QSOしたが、当時の感動は今もそれほど変わっていない。
ノイズから浮き上がってきた信号に対して、必死に応答するところは、初心と同じ気持ちで、とっても新鮮である。それゆえ、珍しい・雑魚という判断はせず、いつも、相手がいることを考えてQSOしている。それゆえ、昔覚えた新鮮な感動を受けることができる。

IC-7000 不具合が止まった!

10月8日、9日は全市全郡コンテストがあり、パソコンログとIC-7000駆使(苦死)して、参加することになる。最初は呼び出し側に回って、IC-7000に登録してあるメモリキーを押して、コールやナンバーを送出していた。しかし、自分がCQを出す側になったときから、IC-7000底部に配置したDC電源が邪魔に感じてきた。机の上は出来る限り、不要なものは置かないことがスムーズなQSOにつながると思ったので、DC電源は机の下に配置し、机の上は無線機、ローテータコントローラ、パソコンだけにした。
机の上に必要なものだけを置くと、このようになる。シンプルでとてもいい感じである。


さて、コンテストも終わり、2mを聞いていた。2mは、3月頃から異常な動作をしており、PTTボタンを押すと、ALCが振り切れた後、しばらくして正常になるような動作をした。ALCが戻るのは、出来るだけパワーを上げておかなければ、ALCの戻りが遅くなり、いつも50Wで運用しなければならなかった。それでも、PTTボタンを押した後、数秒間はまともな出力が出ない状態であった。SSBやCWでは、ALCが効いてしまい、出力は全く出ない状態であった。
ICOMに問い合わせたところ、異常発振が発生している可能性があり、アンテナを確認したほうがいいと回答をいただいた。しかし、アンテナを変えても、いっこうに変わらないため、いつか修理に出そうと考えていた。
今日、DC電源を机の下に移したら、2mの異常は発生しなくなっていた。SSBでも、低出力でもまったく問題なく、PTTを押した後、直ぐに反応するようになった。
片付けることは、こんなメリットも発生した。これから、2mも楽しむことができるようになった。

18MHzの素晴らしさ

アマチュア無線を再開して、9ヶ月が経過した。開始当初は、144MHz/430MHzのGP、7MHz用の5m高Zeppで始めたが、7月にタワーを建てて、アンテナもよくした。タワーを上げて以来、7MHz以上のバンドには、殆ど、QRVできるようになったが、一番、面白いと思ったのは、7MHzの国内と18MHzの海外である。
7MHzは、2エレとなり、以前に比べ地上高も高くなったため、海外は難しいけど、国内QSOは非常に安定してQSO出来るようになった。これは、一つの収穫である。海外については、7MHzと言いたいところであるが、自らの出力やアンテナから、今一つ、良いとは言えない(それでも、SSBでQSOできるようになったのは飛躍であるが)。ある程度DXとのQSOをするために、14MHz/21MHzに4エレデュアルバンダを上げた。しかし、もともと競争が激しい両バンド、21MHzでは高利得アンテナと高出力の局が多いだけでなく、コンディションがあまりよくないため、難しい感じがする。14MHzは、DXがよく入感してくるのだが、100Wで呼んでも、応答がなかなか返ってこない。まさに、7MHzの様相を呈している。最近、あまりアンテナを繋がない両バンドである。
18MHzは、素晴らしいバンドである。私の設備は、2エレHB9CVだけなので、それほど良い設備ではない。しかし、CWからSSBまで結構、DXができる。弱い信号でも相手はきちんと取ってくれる。21MHzのようなコンディションの浮き沈みに大きく影響せず、
毎晩、時間になればDXが入感してくる。DXペディションの場合は、ここにQRVしてもらえ、信号さえ聞こえれば、なんとかQSOに至る。14MHzよりもずっとQSOにつながる可能性があるバンドである。朝は北米、昼間はオセアニア、夜はヨーロッパ・アフリカが聞こえる。このバンドは、3級の資格があれば運用可能であり、夏場はEスポで国内QSOもできるから、非常にお勧めである。
この最近にQRVしているDXペディション局は、このバンドでWkdできている。