アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

連日、大盛況な14MHz(腐っても鯛!)

SSNが低迷の中、昨日の14MHzの状況に続き、5月22日夜も、大盛況であった。20時に帰宅後、21時少し前に無線部屋に入る。7MHzを聞くと、1エリアのkW局が59+40dBで入感している。これは又7MHzが良いのか??と思いつつ、18MHzや21MHzを眺めると、昨晩とは異なり、国内局が聞こえていない。7MHzに再び戻ると、あまり国内も良く聞こえないし、CWでの信号も聞こえてこない。あまり、パッとしない状況であった。仕方が無いので、50MHz,144MHz,430MHzとそれぞれの周波数でCQを出しても、空振りで終わる。22時半を過ぎ、18MHzに移って、ヨーロッパ方面を聞く。18.140MHz付近でEA局がSSBで聞こえる。CQを出すものの、相手が聞き取れず、Sorryの連発であった。そこで、我が2エレHB9CVと1kWで対処できるか???と不安に思いつつ、コールするとコールバックあり。なんとか、双方57でQSOした。ノイズレベルが高い中、S7振っても厳しい状況である。相手は1kWに6エレ八木とのこと。トップレベルの信号かもしれなが、コンデションが悪く、漸くQSO出来たという感じで、恐らく200WではQSOに至らなかったと思う。その後、18.084MHzでCWにてCQを出す。S5局からコールがあるが、QSB/QRNで何とか受信、459というレポートを送る。相手からは599を頂いた。
コンデションが悪いので、「腐っても鯛」と呼ばれる14MHzにQSY。少し前に聞いた状態では数局しか聞こえていなかったけど、少し多く聞こえてきている。コンデションのピークはこれからのようだ。最初に、聞こえている局を呼び、14.040MHzまで上がりきったら、14.042MHzに合せてCQを出し始めた。ノイズは、S4程度振っており、全体的に少し強めのQSBが存在する。QSBがある場合は少し早めの速度の方が聞きやすいため、23WPM程度の速度で送信した。CQ DXは敢えて出さない。CQであれば、比較的アジアのローカルに近い隣国も呼んできてくれるからだ。2回程、CQを出したら、EUロシア、丁度、モスクワ付近の局が呼んできた。QSOは手短にレポートと名前を告げるラバースタンプに近い。でも、お互いの信号が強ければ、天気、リグ、アンテナの紹介をし合う程度である。599で来た信号で強かったのは500Wに2エレキュービカルクワッドのDL局、そして、30WにDPのOH局である。OH局は恐らくパスが良く、コンデションに恵まれているためと思う。暫く何局かとQSOしていたら、0時を過ぎてしまい、仕事に影響がありそうなのでQRT。でも、複数のDL局からはそのときもS9を振って呼んできたことも事実である。夜0時付近は、とても信号が強くなることがわかった。他のバンドは思わしくないが、流石に「腐っても鯛」の14MHzである。

14MHzの夜

 5月21日となり、夏至まで後1ヶ月となった。二十四節気では小満(しょうまん)の頃でWikipediaでは「万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ。『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている。麦畑が緑黄色に色付き始める。」とある。私たちの四季の営みから感じると、未だ、春という感じであるが、電波の方は夏至を中心とした夏と言ってもよいだろう。
 さて、連日の良いコンデションは、太陽黒点数SSN=0という太陽活動の最小期をも忘れさせるほどの勢いで、5月21日の帰宅後のHFも賑わいを見せた。ハイバンドが良いときは、やはり高い周波数が気になるもので、今まで悪いコンデションが続いたために、一層、気になって仕方がない。私も、DXクラスタを見て、そして、実際のバンド状況、特にJクラスタにあるEスポ状況やイオノグラムなどの情報はとても気になる。今日は21MHz,18MHzで国内が良く聞こえる。何故かは分からないけど、21MHzの方が国内コンデションが良く4,5エリアが入感していた。でも、今日は国内よりもDXの状態が気になり、18MHzのアンテナでビームを北西に向けて、欧州方面を探索した。SSBでは入感は無いが、CWではぽつぽつと幾らかのDXが聞こえ、JAによる小さなパイルが生じている。現在、FOC(First Class CW Operators' Club)と呼ばれる80週年の記念局が沢山QRVしており、多くの局はFOCというサフィックスのコールを持っている。ある程度のQSOすると、アワードも申請できるとある。この記念局が18MHzにも出ていた。18MHzのCWで幾つかの欧州局とのQSOを行った後、7MHzの夜のコンデションが良いために、7MHzへ移り、QSOを行う。フォロワーさんであるJP7GRUさんとJE7UAMさんのQSOを暫くワッチし、GRUさんにCTESTWINでのCW Skimmerの設定についてお礼を申し上げる。
23時頃になり、少しうとうととしたけど、14MHzのコンデションが気になり、ワッチを行う。私の設備は、地上高15m程度の4エレ(CD社 214C)とTS-480HXにリニアという条件。地上高が低く、耳はあまり良くないけど、ノイズ海の中に多くの欧州局がQSBを伴って浮かんでいる感じである。その状況は、Band Masterを使って表示させると、とても多くの局が並んでいる感じだ。まあ、14MHzはいつもと変わらず、Band Masterで見れば、多くの局が見えるのだけど、いつもはその殆どが聞こえない。しかし、今日はノイズすれすれの局は多かれど、結構の局が聞こえているので、その賑わいは盛況であった。こうなると、心はウズウズし、是非とも聞こえる局とQSOしたいと思うようになる。今日はCQは出さず、呼びに回ることに徹する。0時を回っても、そのコンデションは衰えることなく、信号はもっと強くなった。プリアンプが入った状態ではあるが、HA局は599+40dBまで振れた。相手も、強いというメッセージを送ってきた。結果、21局、内アフリカ局も3局含まれるという状態となった。


アマチュア無線という趣味

現在、再開局後に、無線部屋に留まる時間が日増しに長くなってきた。インターネットやスマホ、ライン、ツイッターといった様々なコミュニケーションツールが進歩する中、不特定多数の相手とそれも何時、つながるのかわからない偶然性があり、更に、とても不安定な通信という変わったコミュニケーションの手段であるハムは、残念ながら時を追うに従って、人口減少となっている。
しかし、一旦、いろいろな楽しみ方に触れると麻薬性のある楽しさがあると思っている。よくよく考えてみれば、これほど不安定で高コストな通信方式は無いだろう。テレビアンテナよりも大きく高い高価なアンテナを立て、高い無線機を用いて、それも難題な問題を解いて手にした資格があって、漸くこの趣味ができるのだから。
今日、家内からいわれた、「最近は仕事以外の繋がりが沢山できたね」という言葉に、その理由の襟元が見え隠れする感じがした。普段、時間に追われて忙しく仕事を行っていると、仕事での人間関係が自然と形成されていく。もちろん、地域やその他の人間関係も築かれていく。しかし、それはある程度、限定された狭い社会かもしれない。
これに対して、アマチュア無線は、完全に開かれた世界がある。交信相手は無差別で、国から許可された識別符号であるコールサインがあれば、政治、経済、宗教、思想を超えた全世界の方々との交信が可能で、交流を始める機会があるといえる。
実際に、再開後、多くの交信を行ってきたが、簡単な挨拶を交わすだけの方もいれば、何度も話をして、互いのことが少し理解できるようになったと思う方々もいる。たとえ、コンテストと呼ばれる短い交信でも、毎回、参加していると、いつも交信する相手のことを少しずつ意識するようになり、たとえば、最近、コンテストで聞かない人は「心配だな??元気かな?」という気遣いが生まれ、その後、信号が聞こえたときの安堵感など、すでに他人ではない思いが生じている(私の場合で、USAのカルフォルニアの方を心配し、聞こえたときは嬉しかったことがある)。
もうひとつ、アマチュア無線の素晴らしさは、片側のみ通信であることだと思う。これはとても不効率なのだが、限られた周波数の電波の利用ということから、一旦、マイクを相手に渡したら、相手が話し終えるまでマイクは再び戻らない。すなわち、相手の話す内容を最後まできちんと聞く必要が出てくる。途中で割り込むことはできない。特に、混信、雑音など不安定な状態で相手の声や信号を得て、理解することはたやすいことでは無い。ゆえに、集中し、メモなどを置いて、相手の話を受け止める。自分にマイクがまわってきたら、その内容を反復して、それに対する自らのコメント(考え方、意見、質問)を追加して相手に伝える。このような会話のやり取りが生じるのだ。ゆえに、かなり真剣に相手と対応する必要があり、相手をないがしろにすることは出来ない。コールサインという名前と同じく自らを断定するものをもつため、不忠実なことは出来ない。故にか?アマチュア無線では、優しい方が多いように思う。自分の話をじっくり聞いてほしいと感じている方は、是非、この素晴らしい趣味を体験してほしい。
そして、毎回、いろいろな人との出会いがある。もしかすると、一生の友となる場合もあるかもしれない。
私はこのようにアマチュア無線という趣味を感じている。共感される方は、こんな素晴らしい趣味をやっていると家族や知人に伝えてほしい。新しい共感者が出来れば、それは明日の私たちの仲間になるかもしれない。