アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

2019年1月21日の夜(7MHz CW)

今までDXコンテストなどを通して、特に朝方日が昇る前後の時刻に、7MHzや3.5MHzでEU局などのDX局が異常に信号が強くなることを経験してきた。いわゆる「グレイラインパス」と呼ばれるものである。
今晩は、私に対してEU局を感じるように、私がEU局と同じ状態となる場面を経験した。すなわち、北米局側からみたJAの信号である。13:36UTC(22:36JST)において、北米ビームで7.016MHzにてCQを連呼した結果、北米局から呼ばれた。それも、立て続けに。呼ぶ北米局の信号はすべて599、中には40dB Overで入感することもあった。これは異常伝搬といっても過言でないグレイラインパスの状況であると思われる。
RBNを用いて、当方の信号が受信されたケースをいかに表す。

13:46UTCにW7HRでの受信信号は、なんと43dBに到達した。この前後の信号をW7HRで記録されていた。

上表は、RBN Toolを用いて確認した状況であるが、本当にスポット的に強い信号が得られている。しかも、後の方の急速な悪化・・・グレイラインパスの特徴なのかもしれない。そのころの時間帯における夜の部分は以下の通りである。

丁度、コンデションが上昇したのは薄暮のころ、グレイラインパスが働いたものと判断する。聞くところによれば、グレイラインパスは、F層に太陽光が直接当たり、E層、D層にはまだ太陽光が届かない僅かな時間と聞いている。太陽光によりF層の電子密度は急激に上昇する。コンデションが上昇、しかし、次第にE層、D層も光が当たるようになると、7MHzの信号が減衰を始める。
グレイラインは移動してくるので、自分に都合のよいエリアを選択して試してみてほしいと思う。

2019年1月14日 FT8の運用

1月になり、FT8を大分楽しむようになってきた。というよりも、コンデションが思わしくないため、FT8を中心とした運用に傾注しているのが事実である。
1月14日は、朝方のEUのCWはあまり芳しくなかった。一番の理由は、9Lが出ており、EU各局の関心はそちらの方に行ってしまったためかもしれない。故に、早々に引き上げ、14.074MHzにQSY。北米にビームを向けて、FT8を楽しむ。CQを連続して、8局とQSO。
9時からは、オール埼玉コンテストがあった。お昼直前ごろまで、JA1へのコンデションが良く、信号が強く入感していたので、少し参加してみた。しかし、XYLとの約束があったため、早々にQRT。電信部門はないため、電信のみのQSOであったが、電信電話部門にてログ提出をした。
晩御飯の材料は、お昼に購入したので、買い物に出る必要はなくなり、夕方18時頃からFT8を楽しんでみた。FT8は、WSJT-X Ver 2により、77bitに変更された。12月10日当初は、旧バージョンが多く使われており、新バージョンに移行しないのではないか??と思っていたが、あっという間に新バージョンが行き渡ったようだ。
SSN=0というコンデション最低時期でも、FT8ならば、結構、DXが入感するのだ。18.100MHzに合わせて、ビームをEU方向に向けると、西欧の局も見えている。CQを出して、イタリアからコールをもらう。それでも、やはり18MHzはコンデションが今一つ、見えるDXもぽつりぽつり、皆弱いので、14.074MHzに移った。伝搬はショートパスと判断し、ビームを北西に向ける。そして、しばらくワッチして、空きウインドウを探し、ひたすらCQコール。6局とQSOするものの、それほど、EU奥地からは呼ばれなかった。さらに、10MHzにQSY。10MHzの方がEU西欧がよく見え、CQを出すと、西欧が呼んできてくれた。14MHzはやはり混信の原因か?あまり遠くとはできない。そして、7MHzにQSY。Wを含む3局とQSO。その後、3.573MHzへQSY。少しパタパタノイズが気になるものの、OH局とQSOをした。やはり、FT8、受信にはあまり気を使わない。
PSK Reporterを見ると、以下のようにWorld Wideに飛んで行ったようだ。

QSOの結果は、QRZ.comのログ帳にアップデート、QRZ.com上でQSOの余韻を楽しむ。それは、私のFT8での交信時のポリシー、QSOした各局の情報をQRZ.com上で確認するものである。
QRZ.comでは、ご自身をあまり公開されていない方が多かったが、公開されている場合、無線機はTS-480HXが一番多かった。これは、200W機で且つ、リーズナブルなので手ごろな運用が可能なのだろう。私と同じである。
また、アンテナは、ロングワイヤーやバーチカルという構成である。あまり、ビームを使っている方はいなかった。シャックの写真では、無線機とPC、そして誇らしげなご本人映った写真が掲載されており、国外各局のセルフイメージの高さを感じた。
いつかは、自分も自らを撮った写真を載せたいと思う(サングラスをかけてかもしれないけど・・・、いや、まったくセルフイメージが低い)。





2019年1月初めのQSO

1月になり、1月2,3日に行われたQSOパーティには、多くのアマチュア局が参加された。初日は、朝9時になると、長野県北部(県民はよく「善光寺平」と呼ぶ)のアマチュア局が一斉にQRVし、普段にはない賑わいを見せる。144.70から145.30ぐらいの間のチャンネルは、殆どが使用で埋まってしまう程である。そして、1年に1回しかQRVしない方々とも、新年の挨拶をする。織姫・彦星となるアマチュア局と言えよう。そして、正午を迎える頃になると、殆どが聞こえなくなってしまう。
このQSOパーティがあるため、私は1月1日の交信は、出来るだけ国内QSOは行わない。QSOパーティで挨拶をしたいからである。そのため、挨拶の必要ないFT8モードや海外局とのQSOに限るようにしている。
QSOパーティでは、目標となる20局は、144MHzで完成させ、その後はHF帯などで多くの方と新年の挨拶を交わす。この1月2日は、7MHzの国内コンデションが夜激変した。18時ごろ、国内スキップを始めたようであるが、その時間になっても、8エリアが強力に入感すると共に、8エリア同士でも交信可能だったようだ。暫くすると、そのエリアが8エリアだけでなく、7エリアにも広がり、更に1エリアも強く入感するようになった。時間と共に、西日本も強く入るようになり、何か電離層にある帯状の雲が日本列島を北東から南西に駆け抜けていくようなイメージを持った。後で聞くと、この時間帯にEsが発生していたようで、このEsが何らかの影響を及ぼしていたと思われる。
同様な現象が、1月2日だけでなく、1月になって何度かみられるようになった。1月10日も、同様で20時を過ぎても、国内が聞こえており、そのとき、弱いEsが発生していたようだ。
このように、7MHzも新年を迎えて、向上する兆しがみえてきた。まだ、夜半まで交信が可能な時期は先だろうけども、少しチャンスがあるので嬉しいところだ。