アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

秋の兆し➖18MHzのコンデション

ここ連日は14MHzの良いコンデションに恵まれ、14MHzがやはりエキサイティングに満ちたDXバンドであることを認識することができた。14MHzのコンデションは、非常に安定しており、日差によるコンデションの違いはあるものの、常にDX QSOにつながるバンドである。
一方、その前後のバンドはどうか?というと、SSNの低迷期であるため、14MHz程安定はしていないものの、コンデションの良いときはQSOに繋がると思われる。昨日は、14MHzではなく18MHzにてQRVを試みた。
私のアンテナは、2エレのHB9CVであり、ビームの切れは14MHzほどではないものの、いくばかりかの利得が期待できる。もちろん、多エレメントのビームと比べると今一つで、SSBではノイズレベルに少し頭を出すようにEUからの信号が入ってくることが多い。一方、CWでは狭帯域フィルタのおかげか、S/Nが良く、結構しっかり聞こえるものだ。
21時過ぎに、18.082MHzでCQを出す。私の場合、18MHzでCQを出す場合は、18.08MHz台で出す。実際は、DXの多くは18.068〜18.079MHzの間に出ているが、そこよりも上のハズレの部分に少し控えめな感じでCQを出すことにしている。その一つの理由に、JA国内局がDXゾーンをワッチしていると思われ、彼らへの気遣いと考えている。
18.082MHzでCQを出したことろ、ドイツの局を始めとして、ハンガリー、ウクライナ、フランスと続き、11局、8エンティティと約30分間でQSOした。
やはり、14MHzと同じで、EUでもJAが聞こえれば、JAがDXを呼ぶように、JAを呼んでくるのだろう。EUは多くのエンティティがあり、日本と違って、常に色々なエンティティとQSOができる。しかし、EUの各局にとって、遠い極東の地のアマチュア局とのQSOは憧れなのは、同じなのだろう。
このところ、14MHzのコンデションは良く、また、日によっては18MHz,10MHzという14MHzを中心としたバンドのコンデションがよくなってきている。SSN低迷期であるものの、秋の兆しがみられるようになった。なお、10MHzも非常に良く、朝方は7MHzが聞こえなくなった後も開けていることが多い。


連夜の14MHzの好コンデション

8月になり、お空の方はいち早く秋のコンデションの兆しが見えてきているようで、特にこのところの14MHzの夜間のコンデションはとてもよく、夜23時を回るころから、コンデションが上がりだし、0時半頃には非常に良い状態になる。
今まで14MHzを除く各バンドで国内外とのQSOを楽しんできたが、やはりDXとの交信を語る上で14MHzは避けて通れないバンドである。
平日、私は会社からの帰宅を20時前後にする。自宅に着いてからは、天候の状態を確認した上で、タワーを上げる。夏季の夕刻は雷雨が常に予報されるため、毎朝、タワーを降ろすことが日課となっている。タワーを上げた後、夕食を取って、バンド内を確認しながら、国内QSOを楽しむ。21時半になったら、XYLとの散歩を行うために、一旦、QRT。家に帰ってから、再び、QRVする。目的はほぼ、国内QSOで、たまにDXクラスタに珍しいところが上がっていれば、探しに行く程度である。
23時を過ぎると、いよいよ、14MHzのDXの時間帯だ。アンテナを4エレに切り替え、300度辺りにアンテナを向ける。バンドは、最初にSSBで14.200MHzを中心とした14.170MHz~14.250MHz辺りまでの状況を確認する。コンデションが良いとSSBでは結構多くの局が入感する。
それから、14.025MHzを中心とするCWバンドに切り替える。この場合、Band Masterを起動し、RBNでレポートされるCQ局をいち早く確認する。コールを確認後、Hamlogに登録されていなければ、敢えて、どのような局でも呼ぶことにする。
繰り返すが、連日連夜、このところ、14MHzの欧州へのパスがとてもよい。昨日はSSB 14.225MHzでCQを出したところ、呼ばれ出しはじめ、約1時間、パイルを受け続け、37局のEUとQSOを行った。国内QSOのパイルは受けることはあっても、SSBでDXからのパイルをこれほどまでに受けるのは初体験であった。このパイルを受けてわかったのは、欧州では午後3時から6時ぐらいの夕方で多くの方が聴いている。片方のJAではすでに午後11時を過ぎて、就寝をされている方が多いのだろうと思われる。
いずれにしても、今日はCWでそれもCQを出さずに、呼びに回ることとした。理由は、相手を呼んでQSOを行い、終わると共に、なんと複数のEU局から同一周波数で呼ばれるのだ。もし、自分の周波数であれば、徹夜は必死というコンデションであった。連日、酷暑が続いており、睡眠はとても重要、無線のためにこの重要な睡眠時間を無駄にしたくはない。それでも、23時過ぎから1時間ほどで11局とQSO。やはり、14MHzの連日のコンデションは素晴らしい。


心地よい音声を求めて

HF、特に3.5MHzや7MHzで聞いていると、非常に美しい音声でお話しをされる方がおられる。一方、信号はそこそこに強いけど、マイクコンプレッサが効きすぎて、明瞭度が明らかに低下していると言ってもよい方もおられる。私が過去に500Wの免許を頂いたときに、その目的はきれいな音声になりたいということがあった。音声が力強く、且つ、非常に明瞭度が高い方の信号は、やはり今もなお、憧れである。
私のTS-480は廉価版の無線機であるため、購入時から付属のおにぎりマイクを使ってきた。自分の音声を無線機のモニタで聞くと、あまりにもぶっきらぼうで硬い感じで、どうも好きにならなかた。


そこで、PC用のコンデンサマイクを購入し、PC経由でTS-480に入力していた。TS-480にはデータ入力端子があり、その端子からPC側から音声入力が可能である。このデータ入力端子を用いて使用するには、TS-480用PCソフトでのSENDボタンか、VOXを用いるしか方法はない。PCソフトをアクティブにするには、Hamlogとの関係が結構煩わしくなる。また、コンデンサマイクは周波数によって回り込みが発生し、使用できない場合もある。


従って、最近は、再び、おにぎりマイクの使用に戻った。そのおにぎりマイクも、PTTの調子が今一つであり、XYLに新しいマイクの購入の許可をせがんできた。
漸く、OKが出たので、マイクの検討をした。スタンドマイクか?ヘッドセットか?悩んだ末、ヘッドセットを検討することとした。理由は簡単で、HFを運用する際に、殆ど、ヘッドフォンを着用していること、コンテストでは非常に重宝しそうなためである。
ヘッドフォンと決まれば、何が良いか??そう言えば、ローカルでHeilのヘッドセットを使っている局がいたと思いだし、Heil Sound製のヘッドセットを検討。特に、このHeil Sound製ヘッドセットは、アクセサリを揃えれば、半田付け無しにTS-480に接続できる。
結果的に、プロエリートは高すぎるので、同じマイクエレメントHC-6を採用しているプロセット6に決めた。


販売代理店から注文の翌日に送られてきた。早速、接続してみると、かなり大きく、しっかりした作り。装着すると、辺りの騒音?が聞こえなくなる。今までにない感触である。
マイクゲインやプロセッサの設定などは、いままでのマイクより、ゲインを上げなければならないようだ。また、無線機のイコライザ機能は必須で、イコライザを通さないと、音がこもった感じになってしまう。これは、HC-6の特性のようで、設計上でイコライザが前提のマイクエレメントのようだ。
使用感は、イコライザで低域をカットしてあげると、自分の声にかなり忠実に再現してくれそうで、おにぎりマイクよりずっと自然な音声である。まさに、ラグチュー時は、プロセッサを使わずでも、十分にメリハリがあり、パワーを感じられる音声になった。プロセッサについては、きちんとコンプレッションレベルを上げても、それ程、酷い音にならないようである。
また、右耳のところに、トグルスイッチがあり、それを切り替えると、音声とバックグラウンドノイズが空間で分離するような感じで、了解度を上げることができる。


PTTについては、純正のフットスイッチを購入、デザインが良い。


高くても純正を買ってよかった。少し慣れが必要かもしれないけど、夜中の14MHzのEUのパイルを捌きながら、ログの入力を行なえた。コンテストでも発揮しそうである。