アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

連日の夜の7MHz

このところ、夜の7MHzがすこぶる調子が良い。4月17日~20日でのべ局数が30局相当となる。
4月17日は、21時半から7.104MHzにQRV。長野から離れた6エリア、8エリアのOM各局とQSOした。特に、ツイッターのフォロワーであるJM8JPNさんと7MHzで少し長めのQSO。FT-7とモービルホイップで安定した強い信号でこちらに入ってきた。今後とも、お空でもよろしくお願いしたい。その直後、7.118MHzでCQを出したら、北米局からコールされる。ノイズレベルが高いためか?信号が強くても結構厳しい。更に、東南アジア各局から呼ばれた。
4月18日は、20時半より7.130MHzに陣取り、CQからやはり8,6,4エリア各局と交信。その後、インドネシア、USAから呼ばれる。YE4IDL局は、とても強力で59+20dBで入感。1kW+3エレ八木だという。また、北米局はインドネシア局を呼んでいるものと思ったら、なんと私を呼んでいたようだ。少し、びっくり。
4月19日は、仕事の都合から、既に22時近くになっており、そこからのQRV。残念なことに既にJA各局は聞こえない。CQをだしたら、ロシア各局から声がかかり、5局とQSO、引き続きインドネシア局2局ともQSO。最初のインドネシア局が300W+3エレでやはり59+20dBであった。次の局は、100W+ダイポールとのことで、それでも59で入っていた。一旦、3.5MHzに移って、QSO、VK9X/N1YC局と3.5MHzでQSO出来た。7MHzのCWでも聴こうと、既に23時半を回っていたが、7MHzをワッチ。7.123MHzで強力なJA8局を確認、国内QSOをされていた。59+40dBという信号で入っていたが、関西局とのQSOは少し難義されているようであった。こちらから呼んで、暫くラグチューを楽しむ。0時を回り、7MHzのCWでCQをだす。EUロシアを含むEU域の6局とQSO。今日は、CWでCQを出すと、14MHzでパイルを受けたように、パイルを受けた。そろそろ、7MHzのシーズンは終わろうとしているはず?なのに、まるで14MHzのようだ。
国内が楽しめ、DXも出来る7MHzのコンデション、暫く楽しみが尽きない。

久しぶりのFT8運用

4月15日(土曜日)朝9時を迎え、HFのハイバンドからローバンド全てを見渡して、あまりにコンデションが悪いので、通常のCW/SSBの交信を諦め、久しぶりにFT8を運用してみようと考えた。最近、FT8を運用しない理由のひとつは、TS-480のTX/RX切替インターフェースをQROでのアンプと接続しているため、そのコネクタを入れ替えることが面倒なためであった。また、WSJT-X 1.8をインストールし、rcバージョン以外で最新とした。既に、WSJT-X 1.9.0 rc3が出ているようで、変更点は、DXペディションモード、VHF/UHF用として、JT65を改良、更にオートシーケンスを加えたようだ。WSPRも改善された。いずれも、正規版になったら入れてみたい。
さて、久しぶり、数ヶ月ぶりだと思うが、運用をおこなってみた。まず、7.041MHzのJA国内。CQを出すと、私が珍しいのか、同時に数局から呼ばれる。オートシーケンスとしてあるので、誰を先にという判断はなく、ソフトウェアが決めてくれた相手とQSOを行う。なんとも、味も素っ気も無い感じであるが・・・。5局とQSOを行い、引き続き、10MHzに移動。移動はCATシステムで接続されているため、WSJT-Xのバンド切替を行なえば、連動して切り替わる。JS6局がQRV、呼んで直ぐに応答あり。更に18MHzに移動し、CQを出す。YB局から呼ばれ、QSO。1局とQSOしただけで、直ぐに14MHzに移動。中国、ロシア局9局とQSO。この時間帯なので、他の局は望めないようである。
運用しての感想は、CQとオートシーケンスの続きなので、あまりにも簡単、機械的な交信であった。なお、出力は、7MHz,10MHzでは5W程度、18MHz,14MHzでは150Wと大きく変えている。DXに対しては、国内に対して14dBも増大しているが、相手からのレポートは、当局と同様か、幾ばかりか小さいレポートを頂いており、次のケースが想定される。
 ・相手局の方が、当局よりも高出力。
 ・相手のS/N比が小さい状態(混信によるS/N比低下等)


最近、思うのは2番めのケースである。EU方面は混信が酷いようである。力づくで電波を出すからかは不明であるが、WebSDRを聞く限り、酷く混み合っている。このため、AGCの原理などを知らない局は当然のようにS/Nが低下、耳が悪くなる。こんなことがあるのだろうか?
このような場合は、是非、以前紹介した狭帯域フィルタとIFシフトを使って欲しい。

良いコンデションと、ふと思うこと

SSNが0続きであるが、4月12日の夜は、7MHzの国内のコンデションが非常に良い状態であった。いつもの事であるが、帰宅して、まずはDXクラスタを起動し、何か珍しいところは出ていないか?また、レポートが上がっているバンドとモードから大体のコンデションを予想する。例えば、JAのレポートにおいて、21MHzのEUのレポートが上がっていれば、当然ながら、21MHzはコンデションがいいということ。また、14MHzのレポートが上がっているけど、殆どがFT8でCWやSSBがあまりない場合は、コンデションはそれほどでもないということである。特に、現在の注目局3B7AのCWのサービスは私の今の関心事である。まだ、終了日までは時間があるが、最終日となると、RTTYなどのモードを変えてくるケースもあるからである。18MHzでCWによるサービスが行われていたので、最初にスプリットで呼び始めた。信号はノンプリアンプで559程度、十分に狙える強さである。しかしながら、EUへのパスが良いのか?相手のコールバックは、全てEUのみであり、30分程度、呼び続けたが、今日は諦めた。
引き続き、7MHzに移る。7MHzの目的は、JA国内局とのSSBによる交信。既に20時を回っているけど、まだ、比較的近いエリアが入感している。7エリア、3エリアとQSOし、沖縄局ともQSO。全て、今回は相手のCQに応答してのQSOである。中でも、3エリアのJG3DJX局は1WのQRP運用。信号は最大S9+10dBまで振れてくるので、とても驚きである。こちらも5WにしてQSO。コンデションが良いだけでなく、アンテナ等がしっかりしていることをQRZ.comで確認した。また、JP7GRU局矢作OMとも、久しぶりにQSO。IC-7300ということだが、ピークはS59+20dBも振ってくる。その後、FTDX5000に切り替えられた。そのとき、信号が弱いと思ったが、何かのトラブル発生か?以前も私とのQSO中にトラブルが発生したため、ジンクスにならなければよいが・・・。どうやら、問題は無かったようで、200Wの信号はS59+30dB程度まで振る。100Wと200Wでは3dBしか違わないけど、Sメーター上の差は10dB近くあり、また、声のパンチ力は全く異なる。200Wの威力は大きい。
それから、7.140MHzでCQを出したところ、フィリピンの4E1ADW/6局からコールされた。前回に引き続き、少し長めのQSO。Iloiloという場所からのポータブル運用でモービルホイップ+TS-50の運用だそうだ。やはり、ロケーションが抜群のようで、S59+10dB程度で入感した。TS-50は以前に私も使っていたことを話し、また、現在、使っているTS-480はTS-50を改良したものだと伝えた。7MHzのQSOを終えて、14MHzに移る。ここでは、EUが良く入感している。何故か?7MHzの国内が良いときは、14MHzのDXのコンデションもとてもいい感じがする。14.042MHzでCQを連呼したら、EU各局から呼ばれ、パイルアップ状態。次第に酷くなり、QSO中まで呼んでくる始末。結局、早く根を上げて、QSYした。久しぶりに14MHzでのパイルを受けた。
このときの信号が強かったのか、あとから、別のEUロシア局からダイレクトメールを頂き、出力、アンテナはどうなのかと聞かれた。