アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

夜の7MHz帯を聞く

2018年12月9日、夕刻、しばらくの間、7MHz帯を聞いていた。フレンチミクロネシアからTX0MというDXペディション局がQRVしており、7.0075MHz 15時位から既に599で強力に聞こえていた。残念ながら、JAは呼ぶことはできず、EU指定でQSOしていた。17時過ぎには、TX0Mを呼ぶEU局がショートパスで結構な強さで聞こえており、19時になっても聞こえていた。一方、国内は17時を過ぎると、急速に聞こえなくなりはじめ、19時にはCQを繰り返しても、JA局からの応答は皆無となった。
この時間帯では、バンド内は色々なDXからの信号が聞こえていた。そこで、前から試してみたかったアンテナやアンテナの方向による聞こえ方を調べてみることにした。
使ったのは、3.5MHzのCD78jrをロングワイヤのようにしたとき、それからNB42Xを様々な方向に振ったときの聞こえ方である。NB42Xはコンパクトな2エレビームで、それ程のゲインは無いものの、ビームアンテナで聞くとこんな感じと分かって頂くには良いと思う。


(1) ロングワイヤ?アンテナ
以前に使っていたツェップアンテナがこんな感じだった。中国局がS7程度で入感するも、呼んで中々取ってもらえない。CWだと何とか東南アジアとの交信が可能となるというところ。バンド内は意外に静かな感じである。

7MHz ロングワイヤ受信


(2) NB42X 330度


EU方向に向けた場合で、TX0Mを呼ぶEU局がS9を振って入感している。また、SSBでは幾つかのロシア局がS9以上を振って入感した。

7MHz 2エレ330度


(3) NB42X 225度


東南アジアに向けた状態。東南アジア(インドネシア)の局が結構入ってくる。

7MHz 2エレ 225度


(4) NB42X 45度


   北米方面。なんとなく静か。TX0Mが聞こえる。

7MHz 2エレ45度
やはり、ビームアンテナがあると、耳は格段に上がるようだ。パワーよりもアンテナである。

Worked All Europe DX Contest 結果

今年、参加したWAEDCの結果が発表された。

上記の通り、個人ハイパワーの中ではJAで、15局中11位である。実は、今回、2つの初めてがあった。1つは、初めてログを提出した。もう1つは、QTCを2回実施した。
QTCなんて・・・と思ったが、CTESTWINにはQTC用のツールが備わっており、自動的にログも生成してくれるため、何の心配もなく実施することができた。
このコンテストは、QTCをきちんと実施しないと得点が上がらないというものである。従って、QTCは必須と言えよう。
それにしても低レベルの私の得点、これは悪いコンデションの中での耳の無さが要因である。コンテストでのメインバンドになる14MHzでのランニングがきちんとできる設備でないと無理のようだ。
どの程度の設備が必要か??1位の局は不明。2位、3位の局は20m高以上のフルサイズ6エレ、4位の局はナガラ?の7エレトライバンダ・・・
まぁ、いずれも当方よりも、高くて大きいアンテナ。
やっぱり、"Little Gun"の自分です。


朝方のチェック

12月になり、今年は暖冬だとは言え、朝の布団が恋しくなる時期が到来した。夏場は5時、6時と言えば、既に明るくなっており、飛び起きることも億劫ではなかった。しかし、今は以前とは異なる。まだ、寒々とした空気の中、それも辺りは暗く、早起きができない。早起きをすれば、当然ながらシャックに出向き、冬の朝にしかできないと思えるローバンドのDXを追いかける・・・という構図が描かれる。
しかしながら、SSNの低迷からか?珍しいところはそれ程多くなく、昨年に既にQSO済みのコールがDXクラスタ上に並ぶ。欲しいと思えるのは、何故か160m Bandと、アンテナが無い周波数である。
そうなると、私はどうするかというと、お布団中ワッチを行う。まずは、バンド状況の把握である。DX Scapeに表示されるJA HF ALLで、JA各局がレポートしているDX局が見られる。レポートされるバンドとコールサイン、件数から大体のコンデションが掴める。更に、WebSDRを利用して、アジアロシア、及び、EUの定めたWebSDRをワッチ。DXの状態とJAでのおおよその聞こえ方を想像する。更に、RBNにて、周波数帯におけるJAスキーマ―によるレポートと信号強度を確認。これでほぼ把握は十分である。これらの作業は、布団内で完結してしまう。故に、今日も朝はQRVしなかったと思っても、それ程、残念とは思わない。
私はDXerではないので、「よし、頑張ろう!」・・・と思えないのだ、きっと。また、Contesterでもない。アワードハンターでもない。単に、一人のラグチュー好きの”おっさん”に過ぎないのである。
今夜も、夜な夜な、聞こえそうなバンドに出て、国内向けCQを連発することだろう。