アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

気がつけば夏のコンデション

5月18日を向かえ、そろそろ、毎日の天気予報を気にしなければならない時期がやってきた。それは、雷雨である。昨年、5月31日は予想すらしなかった激しい雷雨に見舞われ、タワーを上げっぱなしにして、同軸ケーブルもつけたままの状態で、とても気が気では無かった。一刻も早く雷雨が通り過ぎるのを祈るだけだった。しかし、当日、よく調べると、「Yahoo 天気」には、午後、各地で雷雨の確率がとても高いとの予報がされており、それを見逃した自分の問題であった。それから、風も含めて、これらの予報には注意をするようになった。
昨晩(5月17日夜)、勤め先に電話があり、XYLからのものであった。普段、電話してこないので少し驚いたが、雷が鳴っているとのことで、早速、「Yahoo 天気」を調べた。すると、近くに雷雲があり、それが自宅に近づいていた。しかしながら、雲のルートや落雷の予測を「Yahoo 天気」で確認したら、自宅付近はそれほど危なくないことがわかり、その旨を伝えた。帰宅後、XYLに確認したら、雨はそれほどでなく、無事通過したようだ。落雷の状態を「Yahoo 天気」で確認、10km先で落雷があったようだ。意外に近かったので焦ったが、「Yahoo 天気」の予報精度に改めて驚いた。その「Yahoo 天気」によると、本日は夕方、全国的に雷雨の確率が非常に高いようである。昨年の5月31日が2週間も早くやってくるようで、天気の混乱は一層激しくなっている感じがする。
5月18日は、昨晩、早く床についたせいか?また、暑かったためにカーテンを開けたまま寝入ったためか?4時半に目覚めたので、早朝のコンデションの確認をして、アンテナを雷雨に備えることとした(タワーを下げて、同軸ケーブルを取り外す)。
無線機の電源を入れ、バンド内をワッチする。あらかじめ、DXSCAPEで確認した14MHz、7MHzでなく14MHzを!だ。14MHzは、CD社の214C(4エレ八木)なので、北西に向けて、EU方面をワッチする。まずはSSBで。それほどの賑わいは無いが、周波数の高いほうで沢山のイタリア局がどこかを呼んでいる。CX(ウルグアイ)局のようだ。EUからは、極東地域だけでなく、南米も入感しているのだろう。SSBを聞いた後、CWを聞く。イタリア局の強い信号のCQが聞こえる。まだ、未交信局だったので、呼んだら直ぐにリターン。その後、イタリア局1局とイスラエル局とQSOして、10MHzにQSY。10MHzはノイズが多いものの、やはりイスラエル局やポーランド記念局がQRVしており、QSOが成立した。朝早く10MHz、14MhzでEUが入っている。おそらく、夜中も入っていたのだろう。夜中のQSOは体力(睡眠)に対して辛いけど、コンデションがよければ面白いのだろう。朝6時を回っているので、7MHzはきついだろうけど、ワッチだけは行ってみた。6エリアのJA局がEUを呼んでいたが、こちらではもう入っていない。聞こえてくるのは強いJA局と弱弱しく入感するイスラエル局である。イスラエル局が多く聞こえるのは、伝播のルートが比較的低緯度に位置しているからだろう。丁度、グレイラインパスの状態なのかもしれない。5月中旬ともなると、高緯度の極地は白夜を迎えているため、この地域を通過するローバンドの伝播ルートはあまり期待できないのだろう。
DX Atlasで日の出時刻(4時半)と6時ごろの状態を以下に比較すると・・・

4時半は、グレイラインのパスがJAとEUで出来ている。JAでは夜中の3時ぐらいからグレイラインに突入し、1時間半の間、グレイラインの中に居るようだ。
6時台になると、

完全に日中の状態となり、ローバンドのよいパスは期待できなくなる。
1月ころのグレイラインパスはちなみに6時から7時ごろのようで、完全に早くなっている。ただし、グレイラインの中にある時間帯は1月ごろは1時間程度、現在が1時間半程度と長くはなっている。しかし、極地へのパスはほぼ絶望的なので、やはりローバンドは難しいのだろう。


夏のコンデションは、夏枯れと呼ばれるようにあまり歓迎されていない。しかし、私のようなサラリーマンからみると、国内はEsによる高い周波数でのQSO、7MHzや高い周波数で夜遅くまでQSOが楽しめる上、夜中のどこかで14MHzなのでのDX交信が楽しめるといった良い時期と感じる。
ただし、睡眠不足という犠牲もあり、夏バテなどの影響も受けやすい時期になるため、十分な注意が必要な時期でもある。また、先に申し上げた雷様との戦いが始まる時期でもある。


QSLカードのデザイン


QSLカードについては、イロドリさんに印刷を依頼すると1枚当たりの単価が非常に安価になることが分かった。現在、100mm(H)×148mm(W)のアートポスト紙180gでの片面フルカラー印刷の条件において、1000枚税込3,000円以下で依頼ができる。1枚当たりの単価は3円程度という安価であり、下手をすると白紙の紙自体と変わらない程、プリンタのインク代を考えると、プリンタ印刷の方が高くつくケースもあると思われる。
しかしながら、このQSLのデザインはハードルが高いという場合もあるので、私の作成例を紹介したいと思う。
まずは題材であるが、どこかに出かけたときに良い景色があれば、そこを写真に収めることが適当である。自分の気に入ったカードは、自らが好む写真を使うのが一番良いからである。私の場合は、息子が写真好きということもあり、彼に課題を与えて、お父さんのQSLカードの写真を手伝ってほしいと期待してお願いすると、自ら頑張って撮ってくれる。そうでない場合は、iPhoneの写真を利用することもある。最近のiPhoneのデータは、細部まで十分に表現力があり、QSLカードとして使用しても申し分ないと思う。
得た写真を加工、文字を追加するのだが、そこには写真加工が可能なソフトウェアが必要である。例えば、フォトショップ関連のソフトウェアなどが適当と思われる。私の場合は、自らの慣れということもあるが、Web写真加工用に以前に購入したFireWorksを使っている。
FireWorksを紹介すると、これはマクロメディア社(現在はアドビ―社)が提供していた写真加工ソフトウェアで、特にWebデザインに用いられていた。画像の編集が出来る上、アウトラインと呼ばれる線や文字を画像に合せて編集できる優れものである。フォトショップとイラストレータの両方が一体化したソフトウェアとでも言えばいいだろう。
私の場合、まずはFireWorks上に画像デーをロードし、キャンパスサイズ、画像解像度を設定する。解像度は300~600ドット/インチ程度とする。それから、コントラストの調整を行う。デジタルカメラで撮った写真は、そのままのコントラストだと、印刷したときにぼんやりとした薄っぺらな状態になることもあり、少し、メリハリを利かせる。


また、天候の状態から、あまり良い状態でない場合は、青色と白色でグラデーションをつくり、合成をする。すると、曇って白抜けた空が青空に変化する。
背景のデザインが決まったら、コールサインを配置する。難しいのはフォントであるが、私個人はTimes NewRomanが一番好みである。背景サイズに合せて、サイズを定めてコールサインを記載する。このところで、実はフォントによって、文字幅が不揃いであったり、文字と文字の間があまり適当でないものがある。そのために、それぞれの文字の微調整を行う。


調整が完了したら、数字の0の処理を行う。0はオーにも読めるため、コールサインで用いる場合は、斜め線を追加する。この斜め線は、アウトラインで同色の線を引く。


それから、文字全体をアウトラインに変換し、斜め線も含めてグループ化する。
次にベベル機能を使って、文字の周りの縁取りを行う。すると、QSLらしく変わってくる。


また、今回はIOTAの番号AS-007を入れてみたい。Gifファイルは、IOTAのWebサイトのDownloadページで公開されている。これをQSLの好きなところにリサイズして、貼り付ければ完了。
こうして、簡単?にデザインが出来上がる。



エントリーモデル TS-480HX

CQ誌でエントリーモデルやら、コンパクト無線機やら呼ばれ、出力200Wしか能がないような文章が目につくTS-480HX、私はこれをもっと誇ってみたい。
私は一昨年2017年の年末に50W機からのQROでこのTS-480HXを購入、変更検査などの面倒な手続きをせずに、200Wというハイパワーを手にしてしまった。200Wは、2アマ以上の有資格者に許された正当なアマチュア局の出力である。最近はやたらにバンドスコープやらSDRやら注目されているけれど、やはりHFを本格的に楽しむのに適当な無線機はこれだ!!と私は推薦する。
TS-480HXは新品で10万円台で購入可能な200W機である。私の場合、某長野のハムショップで16万円で本体、40A安定化電源、CWフィルタ2種類を入手した。もし、本体だけなら12万円程度、TS-480の電源は2電源方式のため、20Aが2台あっても使える。すなわち、既に50Wの無線機と20Aの電源をお持ちであるなら、13万円程度で200WにQROできるのである。これは、外付けリニアアンプの価格とそれほど変わらない。では、本当の実力はどうなのか・・・、このリンクページを参照してほしい。

TS-480徹底解説集には、発売以後、長期に渡ってこのTS-480HXが販売されてきた秘密が記載されている(ハムショップによれば、売れているのはこのHXモデルだけだそうだ)。開発コンセプトは、「HFの魅力はDX運用にあり」、200W機である以上、考え方は固定機である。受信性能は、TS-950のダイナミックレンジを実現し、それぞれのバンド毎にフィルタを設けてある。200Wの終段回路も合計コレクタ損失880Wという余力のあるものである。
では、幾つかのTS-480HXの楽しみ方をお薦めしたい。


◎ローバンドラグチュー派向け
3.5MHzや7MHzの上の方でのラグチューを楽しみたい面々には、TS-480HXはお薦めである。200WにINV VEEがあれば、安定した長時間に渡ってのラグチューが可能である。この場合は、CWフィルタやTCXOなど不要。


◎ローバンドDX追っかけ
太陽活動が低迷期の今は、ハイバンドでのDXはなかなか難しい。それよりも、CWによりローバンドでのDXの追っかけが楽しい。アンテナはできれば、少し地上高が高いアンテナが欲しい。CWにはCWフィルタがほしいが、無くてもAF DSPを使えばある程度の混信除去はできそうだ。PCにBand Masterをインストールし、RBNに登録されたばかりのDX局を呼べば、DX獲得率は高くなる。


◎FT8 DX追っかけ
コンデションが悪くても、TS-480HXとFT8モードを使えばかなりのDXが可能である。FT8の運用ではある程度のハイパワーが必要になる。200W機なので、連続100W程度の運用も余裕。また、デジタルモードに対応したIFシフトなども可能で、混信除去は十分可能。


◎コンテスト派
CTEST WINを用いて、TS-480HXのKEY2端子に接続。KEY1端子にはパドルを接続。CWでのコンテストに出る。国内外コンテスト、いずれも200Wでの運用で応答率は上昇。


◎これらをひっくるめて!
ローバンドラグチュー、DX追っかけ、FT8運用、コンテスト参加、こんなアマチュアの沢山の楽しみをTS-480HXという安価なエントリーモデルで実現が可能なのだ。コストパフォーマンスは最高である。安く購入した分、本当に大事なアンテナに少しでも投資することをお勧めする。
そこにプラスして、50MHzは100Wながら、とても音がいい。AMの音質は抜群である。ついでに、50MHzのAMロールコールデビューはどうだろうか?
まさにHF楽しさのエントリーモデルと言えよう。
ちなみに私は、フラグシップモデルは、将来の楽しみとしたい。


追記:

TS-480にない機能をフォローする方法は、以下の通り:

バンドスコープ:

ウォーターフォールによるバンド内状況の確認は、7MHzと3.5MHzでは近隣国のWebSDRを利用する。コンデションや自らの信号強さも合わせて把握できる。また、CWの場合は、Band MasterによるQRV局の確認、SSB帯域に拡げてのCW skimmerによるワッチ。これで事足りる。スプリット運用時のウォーターフォールは便利そうだけど、結局は空き周波数をもー耳で確認するので送信周波数が確認出来れば良い。


RTTYとPSKデコード:

mmttyやmmvariで十分な対応が可能。無線機には求めない。


アンテナチューナー:

全バンドでSWR2以下にしているから問題ない。アンテナはチューナーに頼るのでなく、調整した方が飛ぶ。