アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

ちょっと、嬉しい

昨晩、JA6のOMとQSOした。そのとき、OMから、「何故かわからないけど、音声が聞こえるとノイズが消える、こんな体験は無い」とのお話しを頂いた。リグやマイクはどんなものを使っているかを尋ねられたので、まさに、中古のIC-7000とハンドマイクであることを明かしました。不思議ということでありましたが、前にも1度、JA6の別のOMから、「音声がとてもいいけど、リグは何をつかっていますか?」と尋ねられたことがある。結局、理由は判らなかったけど、21時前後という7MHzバンド特有のことが考えられると思った。
私は、18年以上前に無線をやっていたときの話であるが、国内がスキップするかどうかのコンデションで、九州、或は北海道の局とQSOするとき、その局が浮かび上がって、もっと言うと他では聞こえていないのに異常に強く聞こえたことがあった。その局は、当時、500W+2エレ、18~20m高という設備である。アンテナの打ち上げ角が丁度、日本の九州や北海道にあっていて、ローカル以上の信号でその局に届くのではないかと当時も思っていた。正に、海外局とのQSOも魅力であるが、国内でこのような信号をもつ局にあこがれていたことも事実である。
昨日のJA6のOMは、100W程度の出力であり、当局と同じレベル、しかし、信号はピークで+30dBまで振っていた。そして、OMの応答を聞いていると、私の付近の局は聞こえるか聞こえないかの信号レベル。まさに、この時間帯でビームを持っている者だけが得られる状況なのかもしれない。もし、1kWの出力があれば、+40dBも振っていたことになるが、そのような局もいるので、アンテナの威力なのかもしれない。
いずれにしても、パワーよりもまずはアンテナと思っていたが、今回のケースはまさにその通りだと思う。
ちょっと、嬉しい。

SB2000-MK2を介したMACでの無線機制御

JT65モードの使用のために、総通に変更届を提出した。併せて、現在のMacBookとIC-7000を接続するために、インターフェースSB2000-MK2を購入した。このインターフェースは、内部にシリアルポートを2つ設けられており、RTS,DTR信号を制御することで、PTTやCWも対応できるという代物である。ただ、通常はWindowsOSへは対応しているけど、MacOSに対応しているものは少ないが、このインターフェースはドライバが用意されており、USBコネクタで接続すると、CAT制御などが可能となる。併せて、IC-7000に対応したケーブルもあるために、早くシステムアップできるという利便さがある。
まずは、目的のWSJT-Xがコントロールできるかであるが、まさに、暫くの格闘の上、CATシステムが接続できた。WSJT-X側で周波数を切り替えると、それに合わせて、無線機の周波数が切り替わる。また、無線機のダイヤルを操作し、周波数を変えると、ソフトウェアに反映される。PTTテストボタンを押せば、PTTがONになる。まさにPC制御ができるという感じである。ただ、AF入出力については、3.5mmジャックが対応できておらず(MacBookのジャックはiPhoneと同じ)、変換プラグを手配した。
夜、7.076MHz,10.138MHz,14.076MHzを聞くと、各バンドで多くのDX局の信号がデコードされた。7MHzなどは、限られた周波数に、多くの局は存在し、盛況感があった。小電力でQSO可能だとのことなので、楽しみである。
引き続き、RUMLogNGのCAT対応を試みる。接続を行うと、RUMLog側からは、無線機の周波数変更はできない。モードも切り替わらない。しかし、無線機を操作すると、周波数とモードは反映することが分かった。これからは、QTHと名前だけを入れればいいのであり、とても楽になりそう。CWについては、microHAMデバイスしか対応されておらず、SB2000では送出できない。実際、WinPCであれば、出来ることが倍増するのだろうが、CWの送出、RTTYの接続等については、課題がありそう。やはり、HAMのソフトウェアは、Windowsでなければだめなのか?



NB42Xの28MHz使用感

ミニマルチのNB42Xは、仕様では7MHz,10MHz,18Mhz,24MMHzの4バンドの2エレビームである。このアンテナを上げて以来、7MHz,10Hzの朝夕のDXが可能となった。また、DXペディションでは、18MHz,24MHz共に結構活躍するようである。国内QSOに至っては全くストレスを感じない。さて、以前にも紹介したが、このアンテナは、28MHzにも同調するようであり、しかも他のバンドと同様に指向性があるようだ。

28MHzでローカルがDXとQSOしていたときに、ローカルの信号を聞きながら、ローテータを回すと、フロントでS9の信号は、サイド、バックでS4以下まで下がる。指向性があることがはっきり判ったが、フロントの利得は不明である。SWRは以下の通り、バンド内は1.5以下である。

T31Tが28.030MHzでサービスしていたので、呼んだところ、リターンがあり、しっかりと飛んでいっているようである。比較するものが無いので正面の利得がどの程度かは不明であるが、ブロードな特性であるが指向性があり、SWRがしっかり下がって入ればまずはこの周波数でも十分に使えると思われる。何か、儲けた気持ちである。
即ち、NB42Xは、14MHz,21MHzを除く、7MHz以上の5バンド?HFビームアンテナといえる。2エレで挟スペースなので利得やキレはそれほどでないかもしれないが、一通り出てみたい方向けの重宝なアンテナである。14/21MHzは、2エレレベルだと少し物足りないと思うので、別のアンテナを据えればいい。私の214Cなどはひとつの例である(ちなみに、前に述べたが214Cは50MHzの立派なアンテナになる)。現在、幸いなことに、214CとNB42Xは互いの干渉がない。
RDPを上げるなら、小さいので、少し、無理をすれば十分に上げることができるのがこのアンテナでもある。このアンテナと同じ構成のRDPがあるようなので、是非、グレードアップキットをご用意されてはどうでしょうか、ミニマルチさん!
蛇足であるが、7MHzのワイドな帯域も捨てがたく、エレメント長が12m程度しかないが、リフレクタへのフェーズラインによる給電の効果なのか?7.010MHzから7.160MHzぐらいまでなら十分に使える感じがする(当方は、無理やり使っている)。フルサイズのDPよりも帯域が広いように思える(私の7MHzのツエップは、7.000MHzから7.130MHz位が使える範囲)。
NB42X、2エレ5バンドHFビーム、RDPより少し飛ばしたい方向け!いかがでしょう?