アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

台風18号の爪痕

昨晩、台風18号が日本海を通過していった。長野では夜半に風速15m以上の暴風が吹いたようである。23時ごろになると、生暖かい風が狂ったように吹いていた。7月に建設したアンテナ・タワーは、クランクダウンし、予報では南風とのことなので、受風面積を考慮し、北に向けて固定をした。後は、台風が通り去るのを待つだけである。



早朝、アンテナを見ると・・・


北(赤線)に向けていたアンテナが、20度ほど、回転しているではないか?
回転負荷が大きく、受風面積が高いのは、一番下段の214Cで、おそらく214Cの回転により、マスト部に回転モーメントがかかり、加えてローテータ部分でマストごと回転したものと思える。結果的にローテータは壊れていないので、マストクランプが安全機構となっていたことが想定される。いずれも、週末になったら、タワーに上って直す必要が出てきた。このままでは少々かっこ悪い。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。