アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

ARRL International DX Contest CW

2月18日から始まったメジャーなDXコンテストの1つ、ARRLのDXコンテストに参加した。21MHz、14MHzと移り、夜は7MHzという順番ですすめる。このコンテスト、呼びにまわると、めずらしいマルチはまったく取れないというジレンマに陥ることがわかった。昨日より出ているが、呼びにまわったときは、ほとんど、CA,AZ,WA,TXしかいない。何故かは不明であるが、何しろ、上から下にみるとき、本当にマルチが取れない。パワーは200Wしかないので、ランニングなどは出来ないと思ったが、ランニングをしてみると、以外にいろいろなところから呼ばれる。14MHzでもランニングをしてみたら、多くの東海岸のW局から呼ばれ、どうしてCQを皆出さないのかが??でいっぱいになった。東海岸の局は、信号がエコーなのか、へんな変調のようになって聞こえてくる。おそらく、複数の伝播で届いているのだろうとおもう。まだ、100局に達していない。もうひとがんばりである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。