アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

シャックぽい構成

いままで机に乱雑に無線機やパソコンを放置していたが、やはり、多くの方の使用状況を確認すると、あまり格好がいいものではない。いい機会なのでオープンラックなるもの(ただの木枠)を購入し、それに無線機を組み込み、パソコンをラックの上に置いて、シャックぽくしてみた。パソコンはノートブックなので、上に置くと操作が出来なくなるため、無線のキーボードを購入し、それを配置した。すこし、馴れないとキーボードが打ちにくいけど、空間が出来上がり、少し満足である。
今度は、TS-480HXをセンターに配置し、IC-7000をサブの無線機のように構成した。145MHzをワッチしながら、HFを運用できるようになった。また、パドル、ローテーターなどは右側に配置し、運用を手助けするようにした。しばらく、これで運用をしてみる。

金属のラックや机は基本的に使わない。高周波的には結合するため、フィルタなどの対策をしてもまったく効果なくなる。これは、私は鉄則だとおもっている。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。