アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Band Master と DX Atlasの購入

アマチュア無線用のシェアウエアとして、以前、CW Skimmerを購入、高い金額の割りに、あまり使うことは無い状態が続いた。
以前からDXScapeによるクラスタの確認、また、RBNのデータを扱うことはもっと出来ないのかを検討していた。そのとき、Band Masterなるものを発見した。これはシェアウエアであり、一定の料金がかかる。更に、地図であるDX Atlasはどんな効果があるのだろう??と思っていたが、聞くところによれば、クラスタの情報を元に、リグをコントロールできる代物らしい。それでは、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入をすることにした(1個づつ買ってしまったが、本当は3つのプログラムを同時に買えば、60USDなのだという。失敗!!)
早速、ダウンロード、そしてライセンスを手続きした。

無線機のダイヤルを回していくと、そのコールサインが表示される。この時期は夕方、北欧などが開けているので、刻々と変わる周波数情報は非常に便利である。しかも、RBNのデータは、CQの自動デコードによるものなので、非常に早い情報である。
冬場のDXシーズンとも言え、17時過ぎから、7MHz,10MHz,14MHzの3バンドをこのBand Masterを使って渡り歩いた。まさに、渡り歩くである。そして、いままで殆ど繋がらなかったブリテン諸島の国々が多く見えていることがわかった。また、時間と共にHB9からDK,Iと出ている局が移り変わっていく、これは食事などの生活時間の差が物語っていると思う。これらをラジオのダイヤルを得たように、その周波数をピンポイントで探ることができる。そして、聞こえている局を呼び出すと、意外にも答えてくれるのだ。夕食前にもかかわらず、北欧各局を始め、イギリスやドイツなどの局とQSOすることができた。こんな便利なツールがあったとは、とても驚きである。SSBはどれほど効果あるかは不明であるが、CWのDXerにとってはとても優れたツールである。何しろ、新しいCQは、イベントとして見えるので、直ぐにそこに移ることができるし、QRZ.comやDX Atlesとリンクされており、どの方向からの電波の到来かが分かるので、アンテナも即座に向けることが可能となる。今日はコンデションはどうか分からないが、少なくとも、このツールを手にして、いくつかのNewが得られたことは確かである。
これはとても便利なツールである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。