アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

QSLカードの作成

今年の1月にQSLカードが底をつき、3000枚を注文したが、8月になり、既にQSLカードは残り200枚程度となってしまった。3000枚を注文したときは、某メーカーに出して、約2万円程度の出費、3000枚ならば、この程度かとも納得したが、XYLにこれを許してもらうことは結構大変であった。そして、これを使い切るには2年間程度を要すると話して、それならば・・・ということで大枚をはたいて注文をした。QSLカードとしては、質も良く、サービスも良く、問題は無いのだが、如何せん、コンテストやら何やら、すべてのQSOでカードの発行を考え、実施してきているため、3000枚のカードも瞬く間に減っていってしまった。更に、2万円を出費することは、そんなに無線ばかりしないで!というお言葉を頂戴する羽目になることは明らかである。
今回の使う会社は、以下の印刷会社のイロドリさんである。



既にこの会社には、以前に別の目的でチラシを数千枚、注文したことがある。非常に、仕事が早く、質もよく、何といってもコストが安いという会社である。いままで、パンフやチラシ印刷のため、激安の印刷会社を探したことがあるが、ここまで安いのは見つからない。まさに、印刷業界の価格破壊をまねく会社の最前列にあると言えよう。
ここでも、QSLカードを作っている方が見受けられた。それならばと、私もここに依頼をすることにした。
ここに依頼する場合、QSLカードのデザインは、自分で作らなければならない。私の場合は、以前にマクロメディア(現アドビ―)社のWebdesignツールであるFreehandやFireworksなどを持っており、これを用いることにした。チラシなどを作る場合は、普通、Freehandを使うのだが、写真が中心の場合は、Fireworksの方が便利なようだ。文字の編集、特に飾り付けなどは、色々なソフトがあるので、それらを使って記載すると良いと思う。投稿は、PDFやらjpgで問題なく、私はjpgで投稿した。
イロドリへの依頼内容は以下の通り(参考まで)。
[商品名]ポストカード、私製はがき印刷
[用紙]アートポスト180kg
[出荷までの日数]7日[種別]片面フルカラー
[部数]1,000枚
[単価]2,229
[数量]1
[オプション1]サイズ指定(ポストカード):100×148mm(限定サイズ) 0円
[オプション2]MS Officeデータ ⇒ PDF変換作業 (+最大1日):Officeデータ以外で印刷(料金・納期追加なし) 0円
[オプション3]表裏関係:なし(片面印刷) 0円
片面印刷で、レポート欄はハムログで作ることにした。
価格は、2,407円(税込)である。
出来上がりは以下の通り。

今のところ、問題はない。DXに郵送する場合は、上部を切って対応する予定。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。