アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

愛・地球博記念コンテスト

今年も愛・地球博記念コンテストに参加した。昨年は、電信電話部門シングルオペ7MHzバンド種目で0エリア1位となったコンテスト、全国規模のコンテストで且つ、短時間勝負のため、今年も参加した。昨年のスコアは、3264点であるので、この点数を越えることをまずは目標とした。
また、このコンテストの特徴の1つは、電信電話の場合、同一バンドでCW,SSBの両方で同じ局とのQSOが有効になる。そのため、CWやSSBで2回目という方も結構いた。
QSOデータは以下の通り:

トータル170 QSO、マルチ44で7480点、昨年の2倍以上のQSOが出来た。2倍になった理由は、昨年に比べ4倍の出力でSSBのCQランニングに効果、CWでの運用が前より聞き取りが上達したこと、数々のコンテストに出ているため、馴れがあることなどが言えるかもしれないが・・・もしかすると、昨年よりも参加局数が多くって、ライバル各局もそこそこの点数を上げておられるかもしれない(ヤバイ、ヤバイ・・・)
今年は、最初から8時台までがCW、9時台、10時台はSSB、11時台はCWというQSOパターンであった。実は、22日の21時からすでに始まっていたようであるが、今日は早朝から地域の草取りがあり、早く寝たために、夜はパスした。夜出ると、北海道や沖縄あたりのマルチがとれたのかもしれない。
0エリアからは、1エリアが弱く、やはり難儀をしたコンテストであった。1エリアの各局を呼んでも中々、とってもらえないときがあった。
結果はどうなることやら・・・。
QSLカードは、全市全郡を待つことなしに、行き先が決まった。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。