アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

CQ WW DX CONTEST

10月第4週はWW DX CONTESTの日である。今年も、昨年に引き続き、Phone部門に参加した。本当は、少し出てやめる予定であった。10月28日9時から14MHzで幾局ばかりの北米局相手にQSOをしたまでであった。しかし、10月29日の朝5時半に目覚めてしまい、仕方が無いので、シャックに出向き、7MHzのSSBを覗いた。少し、EU各局が多く聞こえていた。昨年は、100W機ではなく50W機でSSBで一生懸命に呼んだところ、数局が私の信号を取ってくれたので、今年も気をよくして呼びまくったのが事の始まりである。
コンデションが良かったのが幸いし、且つ、出力6dB増の効果はダテではなく、7MHzで20局ものEUとQSOが成功した。もう少しでアフリカ(モロッコ)も取れそうだったのだが、途中で相手が受信をあきらめてしまった。呼ぶときの苦しみは以前と変わらず、近場のEUロシアだとフルコールで取ってもらえることもあったが、殆どは、フルコールでとってもらうことなどなく、JH0で始まり、サフィックスが取れるまでに時間を要する。そして、これが思うよりも疲れる。
7MHzのバンドが少し収まってきたら、21MHzにQSY、北米が珍しく聞こえていた。すると、ブラジルを代表とする南米だけでなく、カリブ海に面したち中米が結構聞こえている。パイルに参加し、私にとって、新しいエンティティを得ることができた。一旦、用事で出かけ、お昼頃に帰ってきた。14MHzでは南米が強く入っており、結構、立て続けにQSOができた。
それから、午後は、21MHzにQSY。朝のコンデションが良かったので、もしかすると今年は聞いたことがないEUの信号も聞こえるかもしれないと期待をしてQRV。最初は、東南アジアとオセアニアを中心にビームを向けて、ワッチ、聞こえる局を呼びまわった。VKがとても強く、S9+20~40dBの強さで入感していた。200W+4エレで殆ど1発コール。14時を過ぎたころから、EUロシアが聞こえてきた。それもかなり強い信号であった。その後は北欧・東欧が次第に聞こえだし、7MHzのような混信の中、西欧が聞こえ出してきた。西欧が聞こえ出すと共に、EUロシアの信号は少し弱まっている。ほぼ、7MHzの国内の混雑ぶりで、21.200~21.350MHzの間が埋まっている。こんなに良いコンデションなので、とても面白い。
今日もアフリカエリアのEA9が入感し、懸命に呼んだが、EUの壁が強く、まったく歯が立たない状況であった。
夕方16時頃まで21MHzで遊び、7MHzを聞いたら、今度は南米が力強く入感、南米だけで7局もQSOできた。SSBでのQSOでは結構珍しいと思うので、SSBでのNEWが増えた。
それから、夕食の用意のため、一旦、シャックを離れた。19時頃に戻り、14MHzを聞いたが既にロングパスが終わっていたようで、ショートパスの局が入っていただけである。
14MHzでは、西欧の局もかなり聞こえたし、信号も強かったが、殆ど無視、またはやっと相手に伝わる状態。これは、自分の信号が弱いということより、EU域内で非常に大変な混信の状態なのだろうと思われる。それは、混信を避けて、わざわざ、バンドの隅っこに出る局も多いからである。
仕方が無いので、14MHzは早々にあきらめ、7MHzに移る。7MHzでは、今回、北米があまり聞こえない。そればかりか、信号が少し弱い。高いほうで、VK9CZが出ていた。ノイズが多く、聞くのが大変であったが、最初に呼んだときは、JH0までを取ってもらえたが、難しいとあきらめられた。しかし、30分程度を経過して、再度呼ぶとき、信号強度がS2程度上がっていたので難なくとってもらえた。やはり、一番はコンデションが効くようである。
10月30日の朝、7MHzのコンデションは昨日に比べて少し落ちているが、新しい局が4局増えた。いずれも、SWRが高い周波数では、100W程度しか出ないため、いまひとつ、応答率がわるいようだ。7MHzの低い方では、耳共に飛びもよいようだ。

今回のWWコンテストでの私の思ったことは以下の通りである。

  • 14MHzは、200Wでは結構厳しい(おそらく混信が厳しいためだと思う)
  • 7MHzは、アンテナの特性で7.130MHz以上になるとSWRがあがってきて、出力が出なくなる。これが応答率に影響しそう。3dBでもあるとないとでは異なるようだ。
  • HL局はJAとよく間違えられる。理由は不明。だけど、ミスコールが多いようだ。
  • JH0ILLは、JR0IRLやJR0IKKなどに間違えられやすい。発音が悪いのだろう。
  • 凄い局は、パワーも凄いだろうけど、耳がなんと行っても凄い。アンテナをむけても、まったく聞こえないところとQSOしている。
  • 中国局には、JAとのQSOを敬遠する局もいた。JAだとわかると、無視する。

声を張り上げ、何度も確認を繰り返す必要があるSSBは疲れる。CWであれば、もっときちんと取ってもらえたはずだからである。
欲を言えば、SSBの場合、やはり1kWがあれば、少なくとも、聞こえている局とのQSOのチャンスはずっとあがるのだろう。
今回のトータル局数は、269局、7MHzが79局、14MHzが65局、21MHzが125局となった。今回も、アフリカは出来なかった。各バンドで得たマルチは、20前後となり、得点は119540点となった。時間経緯は以下の通り。


ちなみに、昨年は56局で5896点なので、かなり多い感じであった。
JA0での昨年のSO HP ALLの得点を超えているので、いい線にいきそうである。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。