アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

DXCC申請

以前からLoTWに登録して随時、アップデートをしてきたが、どうもLoTWのアプリが正常にならず、ライセンスキーファイルを読み込んでもエラーとなっていた。再度、LoTWについて確認し、注意深く、ARRLからのライセンスキーを読み込み、QRZ.comに登録したログファイル(adi形式)をダウンロード、読み込んだところ、成功した。
更に、QRZ.comでLoTWのライセンスキー.p12をアップデートし、ログファイルのダウンロードを行った結果、QRZ.comでも認識ができ、漸く、LoTWで登録されてQSOデータがリンクすることができた。その結果、LoTW上では、116エンティティに到達し、DXCCの登録ができるようになり、当日、ARRLに対して申請をした。78USDと登録料は高価であるが、致し方ない。また、QRZ.comが提供するAwardも複数で認証を受けて、漸くいろいろな面でひとつの通過点を通ったようだ。
LoTWについては、Mixedで116エンティティであり、CWは98と2つ足りない。今月末のWPXコンテストが有望である。
なお、eQSLの方は、相変わらず、収集ができず、DXとのQSOで必ずしも発行してもらえるわけではない。ただ、ロシアの局からの発行が多く、eQSLを用いて、ロシアのAwardに申請可能かどうかは確認が必要である。
JARLが発行するJCCやWAJAは、整理をして、申請をお願いする予定。紙の賞状が欲しく、LoTWではもらえないとのことで、方法を探ってみる。誰か知っていたら教えていただきたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。