アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Good Conditon(5月3日)

5月3日は祝日、憲法記念日でお休みである。今日も無線三昧?の日を過ごした。午後から夕刻にかけて、用事があったので、数時間は無線も行うことはできなかったが。
朝方より、期待していた50MHzは不発に終わり、結局、Esによる遠方局は入感せずに終わった。しかし、18MHz,21MHzのコンデションはよく、国内が聞こえていた。21時ごろ、18MHzではA61、A41と中近東の局は非常に強い信号で聞こえていた。殆ど、S9+20dBレベルである。休みということもあり、多くの局が呼んでいたので、なかなか番が回ってこなかったが、なんとか、SSBでのQSOができた。また、RTTYでもEU局が見えて、QSOすることができた。21MHzでは、海外ではなく、国内がよくて、あちらこちらでQSOが咲いていた。
私は、やはり7MHzが好きなようで、23時半に7.097MHzでCQを出す。国内ではなく、インドネシア局が呼んでこられたので、QSO、100W+DPでS9+10dBという信号で届いていた。やはり、コンデションがよいようだ。その後、国内局からも呼ばれ、九州局2局とQSO,更にQRT寸前の富山局を呼んでQSO成立。国内も、こんなに夜遅くでもつながるようになったし、ALL JAコンテスト以降、みなも認識しているようである。
夜12時をまわり、DX Scapeを覗くと、A25UK、ボツワナペディ局が10MHzでQRV、信号も強く、呼んでいる局もあまりいないようなので、コールをしたらあっさりWkd。DX Scapeでは7MHzでもQRVしている情報があり、そこに移って聞くとやはりQRVしていた。7.026MHzの本体に対して、ピックアップは7.030MHzの辺に多いようであり、ピックアップされている局の周波数偏移からポイントを定めて、コール、2、3回後に見事にWkd。ある程度、呼ぶ範囲が広くなっており、CWであれば、パワーよりもテクニックが重要である。あれだけ、呼んでもとってもらえなかったA25UKも最後には大安売りの感があって、あっさりとWkdしてしまった。
やはり、SSBでは無理だったけど、CWだとなんとかなりそうである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。