アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Worked All Europe DX Contest 結果

今年、参加したWAEDCの結果が発表された。

上記の通り、個人ハイパワーの中ではJAで、15局中11位である。実は、今回、2つの初めてがあった。1つは、初めてログを提出した。もう1つは、QTCを2回実施した。
QTCなんて・・・と思ったが、CTESTWINにはQTC用のツールが備わっており、自動的にログも生成してくれるため、何の心配もなく実施することができた。
このコンテストは、QTCをきちんと実施しないと得点が上がらないというものである。従って、QTCは必須と言えよう。
それにしても低レベルの私の得点、これは悪いコンデションの中での耳の無さが要因である。コンテストでのメインバンドになる14MHzでのランニングがきちんとできる設備でないと無理のようだ。
どの程度の設備が必要か??1位の局は不明。2位、3位の局は20m高以上のフルサイズ6エレ、4位の局はナガラ?の7エレトライバンダ・・・
まぁ、いずれも当方よりも、高くて大きいアンテナ。
やっぱり、"Little Gun"の自分です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。