アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

JIDX Phoneコンテストに参加して

2018年11月10日16時から11日22時までJapan International DXコンテストが行われた。これは、日本以外対日本国内局のコンテストである。コンテストに参加すると、ARRLとは異なり、国内外の参加局も少なく、寂しく且つあまりパッとしないコンテストであった。特に、コンデションも悪いこともあり、国内コンテストに比べても、物足りないコンテストという感じである。比較的ローカル色のあるコンテストでは、WAEコンテスト、オセアニアコンテスト、スカンジナビアコンテスト、ロシアのコンテストがあるが、それらよりもずっと小規模なコンテストという感じがした。
私はコンテスト開始30分後から、7MHzでQSO、それから、21MHz,14MHzと10分ルールを気にしながら、QSYしていった。
QSO数は、3.8MHzが2局、7MHzが26局、14MHzが15局、21MHzが4局という結果であった。トータルのQRV時間は2時間程度となった。時間帯から、7MHzは北米、南米、オセアニア、アジアロシア程度、14MHzは欧州が中心である。
殆どが11月10日の参加で、翌日は20時過ぎに3.8MHzと7MHzで僅かな局とQSOしたまでである。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。