アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

第13回愛・地球博記念コンテスト

9月22日21時~23日12時まで実施された全国レベルのコンテストに今年も参加した。例年は7MHzの電信電話で参加。今年は、22日21時から3.5MHzで参加をした。3.5MHzについては、今年の春先にCD78jrを上げているので、一応、QRVできる状況であるが、実際にはSWRが低い共振点はわずかしかなく、殆どはSWR2以上のところでの運用が強いられる状態であった。
それでも、開始してバンド内を3.510~3.527MHzに出ている局を端から呼び、ほぼQSOが終わったら、3.511MHz付近でCQing(ランニング)に入り、多くの方に呼んでいただいた。QRMが多少厳しいけど、270Hzのナローフィルタと200Hzに設定したAFフィルタの効果があり、問題なくQSOできた。
23時半から、また、翌23日は朝7時から7MHzにQRV。ただし、23日は用事があり、8時半、漸くCQingを始めた直後に、XYLからのクレームがありQRTした。

トータル局数は、7MHzも合わせて210局となったが、マルチバンドではとても入賞レベルの得点には達せず(かといって、3.5MHzも変わらないけど)、とりあえず、3.5MHzの電信電話部門でレポートを出すことにした。

こうして、今年の愛・地球博記念コンテストは終わった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。