アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3月17日・18日

朝9時以降は、14MHzのコンデションの上昇を期待し、14MHzをワッチ。VE7ACN/7局が14.026MHz CWで入感、即座に呼んでWkd。JN2OWE局(YLさん)が59で入感。それも、北東ビームで。恐らくスキャッタだと思われる。結構強く入っていたが、こちらから1kWで呼んでも中々厳しい状況であった。引き続き、ビームを北東に向けたまま、14.155MHzでCQを連呼。なんと、N4RK局、飛行機のアマチュア無線家からのコールを受けた。信号は最大で59+20dB、ボーイング777を操縦しているパイロットで、400W、飛行機の尾翼にあるアンテナでの運用のようだ。しかし、民間の飛行機でアマチュア局の運用ができるとはとても驚きであるし、私としても貴重な体験である。

その後、夕方は7MHz SSBで国内QSOを楽しみ、夕食後は3.5MHzにQSY。CWにて短時間QSO後、6m AMロールコールに参加。21時半以降は、Russian DX Contestに7MHzで参加した。

Russian DX Contestは、土曜日21時から翌日曜日の20時59分までの24時間で、SSBとCWが同時で開催され、且つ、対象はロシアを含む全世界であるため、メジャーなWW Contestまではいかないにしても、多くの局が参加されるコンテストのようだ。また、2つまでの異なった部門にエントリーできるようで、私は40m Band Mixedと20m Band CWで参加した。


7MHzでは、ビームを北西に向けて、米国の局やVKなども以前のようにわざわざビームを振ることなく、1kWを活かして、ほぼ固定ビームで運用を続けた。よっぽど、相手の環境が悪いか、出力差が生じていなければ、聞こえてくる信号については、ほぼ、応答があると信じてのことである。実際に、聞こえている局で無視された局は1局のみだったと思われる。23時頃には東欧も入感し始めたが、まだ弱めな東欧局も、ほぼ、1回でコールバックを頂けた。夜中1時半過ぎには、CWでのQSOを一旦止めて、SSBに移った。これからは、1kWの実力を調べることになる。この時間帯でのSSBでのQSO実績は無い。朝方のグレイラインの信号アップは経験があるのだが。西欧局を含む12局と結果的にQSOが成立した。但し、簡単ではなく、やっとこ、取ってもらえたというレベルである。原因は、信号の弱さもあるが、WebSDRで確認すれば、欧州での7MHz SSBの混信は酷い状況で中々確認が出来なかったことが要因だと思われる。これらの状況から、SSBでのQSOには更なる高く高性能なアンテナ、またはパワーが必要と感じる。ただ、残念ながら、パワーについては、法律上は既に限界であり、頼るアンテナは更なる土地と資金を要し、現状はここまでという感じがする。しかしながら、冬場はEUのWebSDRで7.070MHz付近のJAのハイパワー局らのラグチューが聞こえる良いコンデションに遭遇することもあり、まだまだ可能性はあるが、暫くは遥か西欧から聞こえるCWの信号に対して高い応答率を得られた事に満足したいと思う。

Russian Contestはこうして夜遅くまで楽しめた。

翌朝3月18日、昨晩の遅寝がたたり、7時起き、既に日の出後1時間を経過していた。さすがにEUからの信号は弱まっており、逆にJA各局の信号が強く聞こえていた。それでもイタリアを含む6局とQSO、得にこのイタリア局はQRO前はほぼ不可能な信号強度である。

14時を回り、ハイバンドのコンデションが気になり始めた。21MHzのSSBをワッチすると、結構強い信号が聞こえる。ローカル局がバヌアツ局YJ0CAを呼んでいる。wkdしたようだ。私も未だ未交信エンティティなのでビームを150度辺りに振るとかなりの強い信号で入感していた。SSNは15程度であるが、太平洋側はやはり良いようだ。短くコールしたら直ぐにコールバック。超ショートQSOが成立した。それから、ローカル局に呼ばれて、2mで少し情報交換、ベトナム局3W2TXRさんがパイルを受けている。信号は59+10dBと強い。短くコール、直ぐにコールバックあり。ローカル局も続けてQSO。特にここへのパスが良いようだ。

その後、14MHzにQSY。Russian ContestのCWに参加。信号はそれ程ではないが、沢山の局が出ていたので、周波数の下から上に向かって一度だけQSOしながら上がった。結果は28局とQSO。ロシア以外にも、多くのEU局とQSOができた。

18時になり、クラスタに3.503MHzでV73NS局が上がっていた。結構強く559程度で入感。クラスタに上がっていたけど、誰も呼ばず、CQを連呼していた。800w程度で短くコール。やはりコールバックあり。グレイラインか不明だが、3.5MHzはそこそこ飛んでいくので結構満足している。常連局なのか?QSO自体も短く、局数も少なめなのかもしれない。他のバンドに比べて、容易かもしれない。その後、22時過ぎにV85Tも3.507MHzでQSOできた。

このように、この週末は無線三昧の休みとなった。無線ばっかりしていたように見えるが、それ程でもない。私の場合、特に強いバンドはなく、自らが達成できるギリギリの構成にしている。その結果、各バンドでのDXが楽しめると言われている同等レベルか、ちょっとプラスする状態で構成している。故に、絶対的な優位に立つ事は無いけど、この悪いコンデションで仕事や家庭に悪影響を及ぼさないで常に楽しめる構成に出来たと思う。また、敢えてやらなくてもいい周波数は割り切っている。即ち、アンテナが難しくインターフェアも心配なトップバンドとコンデションが暫くは望めそうもない28MHz以上はKW対応しなかった。一方、DXも国内も楽しめる3.5MHzから24MHzまでは全て少なくとも廻るアンテナにしている。3.5MHzでは回す事で-2dBというゲインを信号強度の最大のところに調整可能という事で補っている。7MHz以上は、八木でDPよりもいくらか優位である。DXメインバンドの14MHz/21MHzは4エレで、3エレトライバンダーより優位に立つようにしている。タワーを何本も持つ局とは比べものにはならないが...

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。