アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3月16日・17日

今日は東京出張から帰って、夕食前に20時過ぎからコンデションが良い3.5MHzで国内QSOをした。更に23時ちょっと前から、3.511MHzでCQを連呼、DXを4局含む国内外の11局とQSOした。合わせて、サンフランシスコで開設されたWebSDR(http://69.27.184.62:8901/)にて自分の信号をモニタしながらQSOをした。この時間帯、サンフランシスコは朝7時ごろであり、非常によいパスがあったと思う。自分の信号が安定して入感していた。
その後、DXクラスタで、10.125MHzで3B8XF局(モーリシャス)のレポートがあり、すでに夜中1時近くという時間でもあったため、半信半疑で10MHzにQSY。アンテナをインド洋に向ける。信号は比較的強く579程度で入感。3kHz upにて何度か呼んだらコールバックあり。また、まだ、コンデションが良さそうなので、7MHzに移り、DX局を聞いた。3局のDXとQSOし、就寝(AM1時過ぎ)。
朝5:40に目覚め、7MHzを聞く。大きなパイルを確認したので、元を探すと、7.019MHzで3C0W局がPeak 599+20dBで入感。暫く呼び続け、35分後にコールバックあり。7.118MHzでYT8WWが59 SSBでCQ。誰も呼ばないので、呼んだ直ぐにコールバック。59+のレポートを頂いた。少し、気をよくし、その後、早朝の国内QSOにて朝の挨拶を行った。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。