アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

無線局業務日誌

電波法の改正により、現在は時計と業務日誌の備え付けは不要になったと聞いた。しかし、落成検査という事もあり、書類は一通り準備することにした。ただ電波法令抄録は用意しないが。

最近はTurbohamlogを使うことが当たり前となり、QSOの詳細を書き残すことは少なくなる一方である。JARLが販売する業務日誌を久しぶりに記載してみた。相手のお話ししたことを記録として書き取る。もちろん、ハムログにも入力する。結構面倒であるが、記憶に残るQSOという感じである。アマチュア無線はまさに一期一会の出会いの場が用意されている。再び、手書きによる交信記録は意味のあるものである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。