アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

XPOコンテスト

敬老の日は、XPOコンテストの開催日である。
今日はXYLとの約束があり、午前中は殆ど時間がとれず、午後からの参加である。昨年もこのコンテストに参加、7MHzの電信部門で42位、5652点であった。
今年は、7MHzの電信電話部門に参加した。今回は、QSOの半分がSSBで参加した。結果は213局、10650点であった。QSOの経過は以下の通り。

QSOの順番は、CWから。最初に7.010MHzから7.040MHzまでを下から上にメインダイヤルを回しながら、呼びに回る。CTESTWINで25WPMに合わせ、殆どパドルは使わず、ファンクションキーでコール、ナンバーの交換をする。その後、空いているスポットを探し、CQランニングに入る。CQランニングでも、呼ばれなくなったら、SSBに移る。コンデションがあまりよくなく、近くが入らない。CQを出すと、そこそこ呼ばれてきたので、QRMが厳しくなり、呼ばれなくなるまで続ける。SSBは15時から16時20分までに運用を続けた。無線機には、ボイスレコーダがついてないので、地声で叫ぶため、声が枯れてくる。疲れを感じて、CWへ戻る。再び、7.010MHzから呼びに回り、途中、CQランニングに移る。結構、多くの方から呼ばれる。10650点はまだ、最終決定ではないけど、昨年の結果と比べれば、この点数では入賞は難しい。また、0エリアで多くのQSOをされている方がいなければ、規約上で0エリアの入賞の可能性はまだ残されていそう。
いずれも、213局で、10月の全市全郡に出れば、手持ちのQSLカード500枚はほぼ無くなる。
そろそろ、テーマを考えて、QSLをシリーズで作ろうと思う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。