アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

YouTube(ようべつ)へのUpLoad!

9月12日、6エリアのOM(JG6OPNさん)とQSOをした。7MHzでバンド内をワッチしていると、CQが聞こえた。今日は、コンデションが今ひとつであり、国内局全般がスキップ状態、自らCQを出すも、応答が無く、やきもきしていたときに、力強く聞こえてきた。ピークでS9+10dB、今日の聞こえる国内局では強い方である。早速、コールをしたら、取っていただいた。聞けば、50W+2.2m長のモービルホイップで運用とのこと。更に、ベランダ等からの運用でなく、純粋にカーモービルとのこと、ロケーションのせいか?とても強い信号であった。QSOをした最後に、YouTubeへのアップを述べられたので、もちろん、承諾。ついでに、私のブログにリンクすることのOKを頂いた。
これがそのQSOの状態である。

アマチュア無線 JG6OPN JH0ILL (高橋様)長野県千曲市
ちょっと恥ずかしいが、これがSSBでの自分の声なのだ!ということがわかった。信号強度はこちらで受けたときとそれほど変わらず、200Wのパワーであるが、6dBの差はあまり感じない。QSBの谷間はやはり聞きづらくなるようだ。やはり、1kW局とは差が感じる。何れにしても、とても興味深い体験を与えていただき、大変に感謝である。
 さて、この後は殆ど7MHzでのQSOが期待できなかったので、14MHzにQSY、14.047MHz CWでランニング、数局の北欧局とQSO、また7MHzに移り、CWで北米、中国2局とQSOを終えて完了した。今日のDXの相手は、殆どkW局であり、やはり信号強度は違う。早くもう7dB上げたいものだ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。