アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

7MHzコンデション

本日は比較的早く帰宅でき、ジムもお休みの日だったので、20時頃には既にシャックに入った。IBPビーコンを聞くと相変わらずコンデションが良くない。14.100MHz CWではオセアニア、ロシア、香港ぐらいが聞こえるだけで、後は何も聞こえてこない。14MHz以上のコンデションが悪いので、7MHz帯を聞く。7.112MHz付近で京都の局が聞こえた。今までのQSO歴も無かったので、まずはお声掛け。JJ0QGQさんが聞こえた。ビームを北東に向けて、暫くワッチ。グランドウェーブ?と思われる距離なのでQSOに至るには他局に比べて若干不利である。それでも、QGQさんの耳に助けられて、なんとかQSOに至った。先日は、3.5MHzでも聞こえた。アクティビティの高いYL局である。
SSBでのQSOが望めそうもないので、CWに移る。CWでは出力を5Wに抑えて、QRPで運用。UA0局が599で聞こえたので、5WでJH0ILL/QRPで呼んでQSO。579/QSBのレポートを頂き、嬉しく思っていたら、相手は「ちょっと待て、QRPにするから」と打ってくる。少し待っていたら、579程度の信号で出てきてくれた。少し弱いけど、楽しいQSOが楽しめた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。