アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

コンデション良いの?磁気嵐?

9月5日になって、DXクラスタなどをみると、SSNの値に目がいってしまった。SSN=122??目を疑うほどに高い数値。そう、電離層、特にハイバンドのコンデションを左右する太陽黒点数SSNが122という値に達していた。

そう、太陽の表面にはたくさんの大きな黒点が見えるのだ。
先日まで、ゼロ続きでAll Asianでもハイバンドのコンデションが思わしくなく、出る気にもさせられなかったのに、この数値はとても凄い値。期待を覚えつつ、帰宅後、アンテナを上げて、無線機の電源を入れる。14MHz、14.100MHzに合せ、ビームを北北西に向け、CWモードにセット、そう、IBP Beaconを聞くのだ。最近は、このIBP Beaconを聞くことが日課となってしまった。特に14MHzのBeaconは、ハイバンドのコンデションを探る上でとても重要である。良い状態であれば、その上、更にその上のバンドもBeaconを確かめることにしている。
しかし、今日はどうだろう?いつも強いRR9Oも、それ程でなく、VR2Bもカスカス、4S7BやZS6BNに至っては入感なしの状態。なんだか、コンデションが悪いようだ。
ハイバンドは全滅とみて、7MHzにQSY、もちろん、日本国内の状況であるが、いつもよりノイズレベルが高く、北海道局を除き、入感なし。北海道局とQSOを行うが、早い段階でコンデションが悪化。
ツイッターの情報では、大きな磁気嵐が発生しているとのこと、J-クラスタにも磁気嵐と表示されており、太陽が活発で、SSNが高いけど、同時に磁気嵐も発生。これではコンデションが良いとは言えないことが分かった。
7.128MHzでCQを出すと、国内でなく、YB(インドネシア)局から呼ばれる。100Wの自作機にダブルバズーカだという。S9+で入っており、とても強い。QSO後、VK局からSSBでコールされ、S9で入感。100WとエンドフィードDPのようだ。SSNの影響か?判らないけど、7MHzでの海外へのコンデションが良いようだ。
今後、磁気嵐が落ち着いたときのコンデションに期待したい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。