アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

7月27日 伝搬状況

帰宅してから、アンテナを上げ、QRV。SSN=0、あまりにコンデションが悪く、閉口。ハイバンドは全くと言っていいほど、何も聞こえない。7MHzでもJA国内すら聞こえず、何かの無線局かの信号、DXがちらほら。誰も交信相手がいないので、7.097MHzでCQを出す。全く期待せずに、何回かCQを出すと、ノイズの上に私を呼ぶ局が、聞こえた。8エリアのOMである。手短にQSOを終え、あらためて、今日は本当にコンデションが悪いと感じた。
その後、更にCQを出すと、5エリアからのお声掛けを頂き、結局、本日は計6局のJAとQSOできた。ある局からは、「どこも聞こえないが貴局だけが入ってきた」との情報。こんなにコンデションが悪いとは・・・。
翌朝(7月28日)、WSJT-XでJT65のウォーターフォールを確認。7MHz、10MHz、14MHz、18MHzの状況確認。7MHzでは辛うじて2,3局が見えた。10MHzは少し賑やか、14MHz以上は全く聞こえず、燦燦たる結果であった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。