アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

7月10日 QSOの無い日

最近、運動不足による体重の増加や体力低下に伴う不調などがあり、更に帰宅後の無線三昧にXYLの堪忍袋の緒が切れ、更に人間ドッグの結果で悪い数値を目にして、さすがにこのままではまずいと自覚。毎晩、帰ってからのQRVが楽しいのだが、雷雨予報によるタワーのクランクダウンも併せて自らに働き、7月10日はQSOが無い日となった。
まずは、体を動かすために、ジムに入会し、体重減のために、しばらくジム通いをすることにした。自分を諦めさせないためにも、少し、高めの会費を払うことになるので、週2,3回は行くことを考えている。
それでも、22時頃に帰宅、無線機の電源を入れる。21MHzは既に死んでいる。7MHzは国内局が少し聞こえるが、7.050MHzのB局の信号はアンテナの高さのせいか?S7程度といつもより10dB程度低めである。ただ、アンテナが低いと、東南アジアの局も弱いので、それなりに聞き取れるかもしれないけど、きっと、電波が弱いのだろうと思う。14MHzは、CWで結構、強い局が多かったが、アンテナが低く、SWRも高めに推移していたので、呼ぶことは控えた。
さて、QRZ.comの自分のサイトを管理しており、英文で表記していたが、少し反応を見たいため、英文に中文を併記で記載してみた。英文のみのスマートなページに漢字が沢山入った文字表現が加わり、少し、雑になった感があるかもしれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。