アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3月14日・15日

3月14日の朝、Twitterの情報から、10MHzにおいて、3C0W局の早朝からのサービスがあり、多くの局がWkdされたとの情報を得た。そのため、3月15日の朝に備えて、出来るだけ早く就寝することが3月14日の目標とした。
帰宅後、いつもながらハイバンドを見ても、あまりぱっとせず、ES100P局がCQを出していたので、Wkdした。それ以外は、どこも出来なかった。7MHzでの国内は、JA6のOMからお声掛けがあり、200Wと1kWの違いについて、レポートを頂いた。声のメリハリが良くなる程度以上の効果はあまりなく、或る程度のコンデションが良く、強い信号下では、あまりメリットはないようだ。まさしく、国内QSOは、1kWでなく500Wが適当であると感じた。3.5MHzでは、3.544MHzが空いたので、500W程度でCQを出し、1エリアのOMとQSO。QSO後、3月15日の朝に備えて就寝。
3月15日、朝4:45に目覚めて、直ぐにシャックに行った。最初に10MHzのコンデションを確認。殆ど、何も聞こえない状況であった。7MHzはどうかというと、これもあまり良いとは言えず、7.019MHzで3C0W局が見えていたので、少し上の方で今度こそと期待しつつ、呼び始めた。しかし、何を思ったか知らないが、RTTYへQSYしてしまい、結局、短い時間ではコールバックには至らなかった。それから、7.024MHzでTY7C局を発見、同様に7.027MHz付近で呼び続けた。なかなか、取れない状態のまま、一旦、3.5MHzを聞くと、3.514MHz付近でTY7C局を見つけた。ここより、上で呼んでみたが、VSWRが高いため、1kWで出そうとすると、反射電力が大きすぎるということで送信が停止してしまった。出力を600W程度まで絞って、呼んでみた。暫くすると、TY7C局自体が受信できなくなった。これは、それより上にある多数の大信号局らの影響でブロックされてしまい、信号が潰されてしまったためである。7MHzもQSOならずで、結局、早起きしても一文の徳もならない朝であった。その後、3C0W局はCWに戻ったようだが、既に出勤後のことである。

3月13日・14日

夜8時半に帰宅、9時過ぎに出る。14MHzや21MHzはあまり良くないようなので、今日は7MHzの国内局を目的にQRV。数局のアマチュア局が出ているのを確認。7.120MHz、北北東ビームでCQを連呼。8エリア局からコールがかかり、QSOするも、途中で聞こえなくなって尻切れとなってしまった。QRO後、呼ばれてもコールが取れない、途中で相手が聞こえなくなるというケースが増えており、あまり良くない状態である。
3.5MHzにQSYして、最初に3.500MHz付近のDX局を確認。3.508MHzに3D2EU局が出ているが、その周波数で強い信号でCQ DXを連続するアマチュア局がいた。JA各局は迷惑がって、UPやQSYなどを打っているが、構わずCQを打っている。故意なのか?であれば、構わない方が良い。
3.538MHzに移り、SSBでCQを出す。但し、OTHレーダーのノイズがS9+10dBでかぶっており、それよりも強い信号の局とのQSOが必須である。JG2局は昨晩から続けてのQSOであり、信号は59+20dBで全く負けていない。十分にQSOを楽しめた。その後、数局とQSOして、最後にJI2LZQ局とQSO。中津川市からということで、私の父は、以前に中津川市に単身赴任していた時代があった。その頃の思い出を思い出しながら、小一時間のQSOを楽しんだ(また、お願いします!)。
7MHzに移り、CWによるDXを追っかける。今日は北米W局のCQが聞こえる。それも、かなり強く。いつも、コールを頂くW7SW局が出ている。いままでは449とか、了解度が4という評価でしか頂いたことがなかった。今回は私から呼んだ。レポートは、579-599とのこと。初めてR=5のレポートを貰った。こちらから、kW+2ele Yagiであることを伝えたら、向こうはkW+RDPとのこと。
引き続き、7.004MHzでVU局がCQを連呼。いつも、振り向いてもらえない局である。579程度でいつもどおり入っていた。kWでゆっくり呼ぶと漸く反応があった。22WPMでは早いようで19WPMにしてコールを取って頂いた。信号の強さだけではないようだ。引き続き、10MHzにQSY。ES100の記念局が出ており、またまたQSO。既に23時を回っているけど、信号は強い。
朝方は、7MHzで西ドイツの局とQSO。相手の信号は厳しく、漸く取れたが、こちらのコールはどうやらフルコピーを直ぐして頂いた。それから、10MHzにQSY。10.119MHzには3C0W局がオンエア。リアル599で入感しているが、ピックアップポイントが広くて判らず、10分足らずではWkd出来なかった。Twitterの情報では、4時台には既に入感していたようで、もっと早く起きる必要あがる。それには、もっと早く寝なければならない。今日から実効できるだろうか?

3月12日・13日

今日は月曜日、19時半に帰宅し、夕食前に少しだけワッチを行う。目的は、ハイバンド、特に14MHz帯の状態である。18MHz、21MHzは既に聞こえなくなっていたが、14MHzにおいては東欧がまだ聞こえる。特に、ES100で始まるコールサインの局が目立つ。ES100U局が強力に入感、ベアフットでQSO。エストニアの100周年記念として、複数の特別コールで2月1日から3月末までの2ヶ月間を運用するようだ。特別なアワードなど、得点もあるようだから、確認して出てみたい。R2KW局ともQSOした。
夕食後は、一点して7MHzを確認。DXクラスタでは、XX9B局がSSBで出ているようなので、今回はトライしてみた。アンテナの問題だと思うが、当方の設備ではRS47程度で弱く、結構厳しい。200Wではほぼ絶望な状態であるが、1kWではコールバックがあった。
その後、国内コンデションが良く、QRMを受けない周波数にQSYしながら、国内局10局とQSO。やはり、200Wを含むハイパワー局とは安定したQSOが可能となる。
7MHzの国内コンデションが落ちてきたので、CWに切り替え、DXを追う。今日は北米方面があまり聞こえない。自分の信号をRBNで確認しても、それ程、強くは届いていないようだ。ES100JとEUロシア2局とQSOして、3.5MHzにQSYした。
23時を廻って、3.5MHzには、3つのDXペディション局が出ている。9M0W,3D2EU,XX9B各局である。9M0W局については既にWkdしている。3D2EU局の信号が一番弱い。それでも559程度で入感している。周波数は3.519MHzと、CD78jrではVSWRが約2程度あり、少し無理があるが、ACOM 1000であれば、問題なくドライブできる。少しパイルがあるが、600W程度で送信し、直ぐにコールバックがあった。その直後、3.521MHzのXX9B局は579~599で入感しており、UP1kHzで呼んだが反応はなし。良く聴けば、UP2kHz指定だったので、周波数を変えて呼んだら、これも直ぐに取ってもらえた。こうして、3月12日の無線は打ち止め。
3月13日は、朝5時半に目覚め、バンド内をワッチ。3.525MHz付近にTY7C局が出ており、結構強く入っている。ここになると、VSWRの値に全く自信が無いので、呼ぶのを諦める。7MHzに移ると、TN5R局が出ており、パイルとなっていた。信号もそれほど強くなく、パイルだけは立派なので、暫く呼んだが諦める。10MHzに移ったら、同様にTN5R局が出ている。こちらの方が信号が強く、パイルも酷くない。暫く呼び続け、何とかWkd。少し上には、3C0W局が出ており、それも信号が強い。ただ、周波数は、10.138MHz程度まで10kHz程度、パイルの幅が広がっており、どこで呼んだらいいのかは全くわからない。そうこうしていると、出勤の時間が迫り、今日は時間切れ。3C0Wは次の機会に取って置こう。
こうして、トライと諦めの連続が私のDXへの挑戦である。