アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

SSBにおけるトークパワーの必要性

10月末に行われたCQ WW DX CONTESTでは、7MHzでの混信の中、なかなか相手局に自分のコールを取ってもらえなかった経験をした。これは、1kWにQROしても、なお、発生したことで、相手がとても強く入感して、はっきり聞こえるのに、何故、これほど、相手には自分の信号が伝わらないのかを実感したものである。
特に、東南アジアのベアフットと思われる信号がS9+20dB程度で入っており、こちらから、コールしても伝わらないもどかしさを感じた。アンテナが問題か、とも思ったが、信号が強力に入感しているだけに、違うはずと思った。
私と同時に相手を呼び、先に呼ばれていくJA各局を聞いていると、信号はそれ程でもないのに、QRMの中で不思議と聞こえる趣きのある音声というものに何度かであった。
また、エキサイタの設定やアンプの調整により、700W程度しかピーク出力が出ていない状態では、全く振り向いてもらえない局も、アンプの整合を取り直して1kWが出る様になった途端に、振り向いてもらい、QSOが成立したことも何度かあった。このような体験は、自分の状態を振り返るのに、とても参考になった。
例えば、50Wから100W、又は100Wから200WへのQROは、3dB程度、Sメータで1目盛あるかないかということだが、トークパワーは明らかに異なる。700Wが1kWになると約1.5dBのアップに相当する。しかし、相手が気付くかどうかは、この1.5dBなのだ。
私は、国内のラグチューを好む方に聞きながら、エキサイタとなるTS-480HXの音声レベルの調整を行ってきた。そこでは、まず、ALCを絶対に振らさないレベルで、相手が聞きやすく、疲れにくい音声レベルとなるように、音声入力レベルやコンプレッションレベルを設定した。色々な方から、スピーチプロセッサのON/OFFで信号が変化しないか、場合によって信号が少し落ちるというレポートを頂いていたことを思い出した。
TS-480HXのベアフット(200W)のときは、コンプレッションレベルもある程度入れていたし、ギリギリの信号を取ってもらうために、ギリギリの設定をしていたことを思い出した。一方、1kWにした後は、ある程度、余裕をもった出力となるように制限をかけていたようである。
CQ WW DX CONTESTで、このことを思い出し、プロセッサのインプットレベルを35から40に変更、コンプレッションレベルを2~3dB程度だったものを、10dBレベルまで上昇させた。以後、この混信の中、S9まで届かないEUや中近東の局に、1度、若しくは数回でコールバックがあるようにさせた。この効果は、絶大で10月29日の最終日の朝6時半に、寝坊して7MHzを聞き、既にコンデションが落ち着いてきたとき、S9レベルのEU局に対して、未交信局とのQSOを次々に成功した。14MHzでも同様で、少々のパイルなら打ち勝つこともできた。
後日、3.5MHzでコンデションがあまり良くないときに、50Wの出力でQSO、相手局にプロセッサのインプットレベルによる聞きやすさ、信号強さのレポートを求めた。レベル35に対して、40にすると、明らかに聞きやすさが上がり、また、信号も1~2程度も上がるとの回答であった。
すなわち、SSBにおけるトークパワーは、非常に重要であることが分かった。10月30日夜、7MHzでCQ、東南アジア局からも良いレポートを頂いた。


2018 CQ WW DX CONTEST SSB結果



10月27日の朝から29日の朝まで、世界的なコンテスト、WW DX CONTESTが行われた。私は3年連続で本コンテストに参加している。昨年は、High Power部門のALLバンドで参加し、260QSOという数で、JA0エリアで1位を取得した。初参加の2016年の56QSOに対して、200WにQROして好戦できた。今年2018年は、1kWにQROしたので、更なる高得点を期待した。
結果は、以下の通り:

トータルQSO数は505、マルチは233、得点は305,463点である。昨年のQSO数の約2倍となった。QSOの時間レートは以下の通り、お昼、夜間の休みを十分に取得しての運用であった。

各大陸での時間帯によるQSO実績は以下の通り。


各バンドにおける取得ゾーンは以下の通り。

時間別のQSO数は以下の通り。

以下に詳細な運用の報告ををする。
10月27日、第一日目。9時前から、恐らく、このコンテストでの運用の主体となるであろう14MHz帯と21MHz帯の両方をワッチ。朝早く、21MHzではケイマン島が入感。かなり強く、現在のSSNを考えると、短時間の入感だろうと考え、コンデションが比較的によければ、21MHzから参戦することに決めた。9時になって、一通り、聞こえる局とQSOを行い、直ぐに14MHzに移る計画とした。
コンテスト開始時刻の9時になると、21MHzでは珍しく北米が入感しており、局数はそれ程多くは無いけど、南米も入感、久々の21MHzの米大陸のQSOができた。その後、14MHzにQSYし、北米局を中心にQSO。私の設備では、北米東海岸は聞こえなかった。そこで、14MHzで一通り、北米とQSOし、その後は、東南アジア、中国、アジアロシアとのQSOを行った。
第一日目、午後、21MHzには、東南アジアといったエリアだけでなく、むしろ、アジアロシア方面が入感。しばらく時間が経ち、14時過ぎ頃にはゾーン20の東欧が聞こえてきた。私は、EUオープンの兆しと考え、非常に期待して21MHzでしばらくQSOしながら待つことにした。15時頃になると、更にゾーン15が聞こえだし、QSOできた。ある程度、聞こえる局とのQSOが終えたので、14MHzに移り、こちらもゾーン15が聞こえていたので、ゾーン15を中心にQSOした。ある程度QSOを行って、16時を迎えた。再び、21MHzにQSYし、ゾーン15の東欧とのQSOが楽しめた。
第一日目の夕方、大学の息子が帰省しており、20歳の誕生祝いを行うことになっており、一旦、QRT。
20時に戻り、再び、14MHzから聞いた。15時台の賑わいに比べ、少しバンドが落ち着いてきたような状況なので、早めにQSOを切り上げ、20時半には7MHzにQSY。一番、中南米への伝搬が良いと思われる時刻から、時間が経っていたため、中南米が聞こえるかが心配であった。なんとか、ケイマン島とのQSOに成功、また、ブラジル局とのQSOも出来た。この時刻、3.8MHz帯も興味があったので、3.8MHzにQSYし、北米局が聞こえ、僅かではあったがQSOできた。21時からは、ローカルの6mAMロールコールに参加。ロールコール終了後は、7MHzに居座り、0時頃まで一生懸命、呼びまくった。
第二日目、10月28日朝。5時に目覚ましにより起床。直ぐにシャック赴き、7MHz帯を聞く。期待通りに、沢山のEU局が聞こえており、信号も強い。期待していた1kWQROによる応答率の向上は、残念ながらそれほどなく、200Wのときとそれ程変わらない感じ。応答率が悪いながらも、なんとか、EU局に振り向いていただき、1時間半程度で31局とQSO。
6時半になり、14MHzにQSY。北米方向にアンテナを向けてワッチ。北米東海岸、すなわち、ゾーン5がかなり聞こえてきた。それもS9以上の強さで。応答率は好調であり、ほとんどが、一発でコールバック。改めて、北米局の耳の良さに感心した。
更に中南米、特にカリブ海の局が良く聞こえていた。しかしながら、北米の壁がある上、先方がJA指定しても、JAのビックステーションのコールがあり、中々、QSOに至らなかった。しかし、粘りの結果、いくつかのカリブ海局とのQSOに成功した。
14MHzでの北米局がQSOを止め、空きスポットが出来たので、すかさず、CQを連呼、なんと、北米局からのパイルを受けた。ただ、10時過ぎに用事があったため、非常に乗っていた状況であったが、一旦QRTせざる得なかった。
結局、用事から帰宅する14時過ぎまでは、QRV出来なかった。
14時過ぎからは、21MHzを中心にQSO。実に、昨日以上にコンデションが良いようで、既にゾーン14、15が聞こえていた。少し、バンド内の高い周波数で居座り、CQ連呼を行い、ポツポツの呼んでいただいた。
17時過ぎ、第一日目に聞けなかった夕方の7MHz帯を覗いた。南米がよく入っており、まずは聞こえる局とのQSOを行った。アンテナを北東、もしくは東に向けるのでなく、南米局の信号は、南方向(180度)からが一番強かった。直接向けた場合とは、10dB程度も強かったので、南方に向けたまま、南米局とのQSOを試みた。
夜20時台、7MHz帯の凄まじいQRMの中、東南アジア局とQSO。彼らの強い信号は恐らく100W程度。それなのに、自分の1kWの信号が思うように届いていないことにずっと気になっていた。200W以前と、トークパワーが弱くしていたことを思い出した。QRO後、ラグチューを快適に楽しむため、ALCは絶対にふらさないように調整。プロセッサのON/OFFでのトークパワーに差が無いことに気が付いた。プロセッサのコンプレッションレベルを5dB程度上げてみたところ、なんと、その後は、QRMの中、弱い信号の局ですら、コールバックされるようになった。ピロセッサ特有の歪を恐れ、ラグチュー音質を考慮していたため、Sで1〜2程度低い、以前の200W程度の信号と同等だったのかもしれない。特に、QRM下での応答率は、700Wと1000Wとでも全然異なり、そこでの300Wのアップは、相手を振り替えさせるには十分な強さがあるようだ。
7MHz帯では、23時過ぎからのEUがとても良く、聞こえている弱い信号の局もよく取ることができるようになった。翌日の仕事を考慮し、0時半にはQRTした。
10月29日、朝、寝坊して6時半から15分だけのQRV。後残り少ない時間であり、7MHzのEU局の殺気立った声を感じた。4局のEU、1局の南米(LP)とQSO。それ程、時間をかけずにQSOが出来た。14MHzに移り、北米東海岸局を7局とQSOした。すなわち、15分間で11局とQSOでき、時間当たりだと44局という高レートの時間帯であった。


今回、学んだこと(気付いた点):

  • マイクコンプレッサは、混信時にきちんとコンプレッションをかければ、応答率はあがるようだ。
  • 7MHzの夕方のパスは、直接だけでなく、南からのパスもあるので、少し振ってみることがおすすめ。
  • 1kWのQROは、7MHz、14MHzのQRM強の下で効果が発揮する。
  • 当たり前だが、1kWでも聞こえない局とはQSO出来ない。
  • なぜか、信号がそれ程強くなくても、音声がはっきりしている局は、QRMの中でも良く聞こえる。
  • 自分のコールサインの発音練習は必要。発音が悪くて聞こえないケースがあっただろう。
  • アンテナは中途半端だと、結果も中途半端な感じ。もっと、良いアンテナがほしいけど、難しい。高さ、ゲインがもっとほしい。ただ、普段の交信で幅広くやりたいので、現状はあきらめ。

以上、今年のWW DXコンテストの結果報告であった。次回は、11月末のCW部門。













近くの山々

長野県は山に囲まれており、アマチュア局は皆飛びが悪い、ロケーションが悪いところでの運用をしていると思っている。
私も山際に位置しており、近くの山の麓まで、川を挟んで150m程度しか離れておらず、少し遠くからみると、こんな山の近くなら無線は大変飛びが悪いだろうと思ってしまう。
実際、2mバンドに代表されるVHF帯では、本当に山の影響が大きく、高いところに行かないと中々電波は飛ばない。故に、長野では、VHFでの運用者は少ないのかもしれない。
さて、HFとなるとどうなのだろうか?私は主に運用する7MHzを例にしてみた。7MHzのアンテナはシミュレーションをやったことがあるからでもある。

上記が、私のアンテナの打ち上げ書くである。仰角は29度、一番強い29度に対して、仰角20度でも2〜3dBの差のようである。
私の自宅から近所の山の峰までの状態はどうだろうか?とても高く、大きく見えて、とてもDXに飛ぶとは思えない。
地理院地図には、断面図を表示する機能がある。それで作成した一番高いと思われる山までの断面図を以下に記す。

これは、自宅(左端)から、山の峰までの断面図をとったものである。縦軸は標高、横軸は距離である。
私の家の座標は、(0, 360)である。一番高い山の峰の座標は、(440,480)となる。
さて、仰角を求めるとすれば、
遮る角度 = Atan( 山の峰ポイント ー 自宅の場所)
     = Atan((480m ー 360m)/(440m ー 0m) 
      =   15.2度
こうなると、高い山があっても、アンテナのメインローブは削除されないことになる。
もっと、打ち上げ角の低いアンテナでは影響を受けるかもしれないが、現在、使用しているアンテナであれば、殆ど、問題ないレベルなのかもしれない。