アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

18MHzの素晴らしさ

アマチュア無線を再開して、9ヶ月が経過した。開始当初は、144MHz/430MHzのGP、7MHz用の5m高Zeppで始めたが、7月にタワーを建てて、アンテナもよくした。タワーを上げて以来、7MHz以上のバンドには、殆ど、QRVできるようになったが、一番、面白いと思ったのは、7MHzの国内と18MHzの海外である。
7MHzは、2エレとなり、以前に比べ地上高も高くなったため、海外は難しいけど、国内QSOは非常に安定してQSO出来るようになった。これは、一つの収穫である。海外については、7MHzと言いたいところであるが、自らの出力やアンテナから、今一つ、良いとは言えない(それでも、SSBでQSOできるようになったのは飛躍であるが)。ある程度DXとのQSOをするために、14MHz/21MHzに4エレデュアルバンダを上げた。しかし、もともと競争が激しい両バンド、21MHzでは高利得アンテナと高出力の局が多いだけでなく、コンディションがあまりよくないため、難しい感じがする。14MHzは、DXがよく入感してくるのだが、100Wで呼んでも、応答がなかなか返ってこない。まさに、7MHzの様相を呈している。最近、あまりアンテナを繋がない両バンドである。
18MHzは、素晴らしいバンドである。私の設備は、2エレHB9CVだけなので、それほど良い設備ではない。しかし、CWからSSBまで結構、DXができる。弱い信号でも相手はきちんと取ってくれる。21MHzのようなコンディションの浮き沈みに大きく影響せず、
毎晩、時間になればDXが入感してくる。DXペディションの場合は、ここにQRVしてもらえ、信号さえ聞こえれば、なんとかQSOに至る。14MHzよりもずっとQSOにつながる可能性があるバンドである。朝は北米、昼間はオセアニア、夜はヨーロッパ・アフリカが聞こえる。このバンドは、3級の資格があれば運用可能であり、夏場はEスポで国内QSOもできるから、非常にお勧めである。
この最近にQRVしているDXペディション局は、このバンドでWkdできている。


台風18号の爪痕

昨晩、台風18号が日本海を通過していった。長野では夜半に風速15m以上の暴風が吹いたようである。23時ごろになると、生暖かい風が狂ったように吹いていた。7月に建設したアンテナ・タワーは、クランクダウンし、予報では南風とのことなので、受風面積を考慮し、北に向けて固定をした。後は、台風が通り去るのを待つだけである。



早朝、アンテナを見ると・・・


北(赤線)に向けていたアンテナが、20度ほど、回転しているではないか?
回転負荷が大きく、受風面積が高いのは、一番下段の214Cで、おそらく214Cの回転により、マスト部に回転モーメントがかかり、加えてローテータ部分でマストごと回転したものと思える。結果的にローテータは壊れていないので、マストクランプが安全機構となっていたことが想定される。いずれも、週末になったら、タワーに上って直す必要が出てきた。このままでは少々かっこ悪い。


ドイツでのアンテナ探訪

ドイツへの出張の際、日本と同様にアマチュア無線という観点でみてみた。直前に、DF9ZN局と18MHzでQSOした。18MHzの5エレ、750Wということで、とても強い信号を送ってきていた。日本のアマチュア局人口は減少の一途、しかし、町中や電車の車窓から、Vダイポールや八木アンテナまで含めて、比較的によく目にする。ドイツもかなり多いのか?と思って、出張先の街角や電車に乗った際に目を凝らしてそれらしきものを探してみた。
まず、ドイツでは市街地の電柱は殆ど見られない。これは地下などに埋設したのだろうと思うが、テレビの八木アンテナすら、とても目立つ感じであり、アマチュア無線をやっている局がいれば、直ぐわかるものと期待した。しかし、私が気づいたのは、HFのマルチバンドGP、50MHzか高い周波数のGPが確認されただけ。特に市街地らしきところにはアンテナなど全く見当たらない。単に見えなかっただけなのかもしれないけど、QRZ.comでざっと探ってみると、結構、八木アンテナではなくG5RVなどのワイヤー系のアンテナを使っている局が目につく。想像の範囲であるが、今の他の国と同じく、景観を大きく変えるタワーや八木アンテナなどは、建てることが難しいのかもしれない。
日本も景観条例が各市町村で設定されていると思うが、今の電柱の乱立をみれば、ノイズの影響は受けるけど、HFの大きなアンテナを上げることが比較的に容易であり、日本の各局は、きっと?欧米には強い信号を送り出すことが可能となっているのではないだろうか?
ただ、ドイツの局は、電波防護指針などは無いのか、ワイヤー系アンテナ+リニアアンプの局が多く、信号が聞こえてきて、呼んでも取ってもらえないことは多いのだろうと思う。