アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

21MHz 垂直デルタループ

 先週、21MHzのコンデションが上昇してきたとの話しも聞き、比較的DXもやりやすいと思われ、試しに21MHzのアンテナを張ってみようと思った。

 Web上で調べた結果、コンパクトでかつ、DXにも飛びやすいアンテナとして、デルタループがある。特に、垂直偏波にするため、三角の端に給電点を持ってくると、指向性が無く、打ち上げ角が低いアンテナができると書いてあった。

早速であるが、5mの釣竿、2mのアルミパイプ、14.2mのコードを準備、ベランダに上げた即効のデルタループがこれだ。

ただ、5mの釣竿から余った線を引っ張っただけの簡単なアンテナである。

バランは4:1バランを使い、SWRは全く調整もしないで1.2程度まで下がっていた。格好は少し悪いが非常に簡単である。

肝心の耳はどうだろうか?

垂直系であるため、特有のノイズが大きい。NB,NRは絶対必要。

早速、CWバンドでXV,A3,ZLと東南アジアから太平洋の局を呼び、とってもらう。

Websdrを用いて、ロシア、スウェーデンのSDRにより信号を確認。

VVVに対して、ロシア、スウェーデンの両者で確認。ロシアでは579程度、スウェーデンではQSBが強く、459程度である。

SSBでの信号は残念ながら、確認できなかった。改めて、CWは私のような貧弱な設備でも、対応可能であるかがわかる。

結局、以前使ったことがあるビームアンテナまでには満足がいかないが、簡単なわりに、まあ、飛ぶことは飛ぶといったところだろうか?

先に同じ位置に、GPを作ったときは、受信信号は7MHzのツェップと変わらない信号強度であったが、今回は明らかに受信信号が強くなっている。(Sで2〜3)

夕方には、ヨーロッパが開け、CWで幾つかのQSOを行った。また、SSBでもショートであるが、フィリピン、中国と英語、中国語でQSOした。予てから、インターネットでフィリピンの先生と英会話、中国の先生と中国語を学んできた。QSOの場合、話す内容が異なるために、なかなか、喋る語句が出てこなかったが、相手の話しは理解できた。少し、緊張したが、これを機会に、無線用語も学ぼうと思う。これからのコンデション上昇に期待したい。

今回の21MHzの結果が良ければ、7MHzの垂直デルタループにも挑戦したいと思う。



7MHzアンテナ考究

 現在まで、7MHzのZeppアンテナをたった5mの高さにあげていた。鯉のぼりのポールは子どもが大きくなったおかげで、使用することがなくなった。さて、まずは10mほどにアンテナを上げることを考慮した。アンテナの地上高を上げると、共振点が高くなる傾向がみられる。これは、大地との間に生じる容量が小さくなり、共振点が変化するためだと想定される。いずれも、5mの地上高より格段に飛びは改善するようである。ちょうど、CXやP7などのDXもCWであればゲット出来たのである。但し、EUやAFなどの遠距離となると、きこえなくなり、また、飛ばない。タワーやパンザマストなどが無い中、2エレ程度の八木を上げている局と競争するには、とても難しい状況である。ローテータもなく、GPはラジアルが十分に大きくなければ張れない状況にある。

 今日、Webで色々とアンテナのヒントを探していたら、1つの記事に目が止まった。その名は、「バードゲージアンテナ」である。このアンテナは、キュービカル・クワッドアンテナの変形で、構造的に非常に強くできており、その実、私が高校生の頃、お金が無く、竹竿を使って、21MHzのデルタタイプのバードゲージアンテナを作ったことがある。すなわち、7.5mの底辺をクロスに2本と5mの垂直ポールを置くことでワイヤーを張れば、数デジベルのフロントゲインを取得し、かつ、F/B比が15dB程度取れるビームアンテナを作ることができるのである。

 このアンテナには、更に魅力がある。リレー回路をうまく工夫すれば、固定のビームアンテナを作ることができるのである。すなわち、給電点とアンテナトップに切り替えができるようにリレーと給電部、スタブを置き、各方向でビームを調整すれば、フルサイズのキュービカル・クワッドの簡易版が出来てしまうことになる。ビームはブロードのために、サイドにさえ、当たらなければ効果が期待できそうである。たとえば、EUを狙って北西にビームを向けておけば、北東は北米、南西は東南アジアからアフリカ、南東はミクロネシアあたりを狙える。更に、リレーを工夫すれば、デルタループになるため、東西、南北にも、ゲインは得られないかもしれないが、対応は出来そうである。

ポールは1本、それもステーと同様にエレメントを構成できるので、うまく工夫すれば、面白いアンテナができるように思う。ただ、水平偏波になるため、DXへの飛びはいかなるものかが不明である。垂直偏波とすると、給電部を集中できない。

誰か、シミュレータ等で設計をしてみていただき、報告していただければ幸いである。

もし、垂直偏波で試すとすれば、相対する両サイドの垂直部分に2つの給電部を備え、その給電部の位相が135度ずれるように、同軸ケーブルで位相給電を行い、意識的にずらせば、可能かもしれない。もう少し、考察をしたいが、これも誰か検討していただければ幸いである。東西南北のビームは無理にしても、北西、北東などの部分は垂直系の固定ビームができるように思う。

少し、勝手な考えかも知れないが・・・

CWの楽しさ

今月のCQ誌の特集はモールス通信である。私も、CWが好きで、144MHzや430MHzを除いて、HFではCWの相手を必ず探す。改めて、何故、自分はCWばかりをやるのかを考えてみた。

  • お金をかけずに、DXができる。
  • 混信に悩まされることが少ない。
  • 短時間でQSOが成立(和文を除いて)
  • 寝室の横のシャックで夜中に無線ができる(一番の理由?)
  • 無線をしているという実感を感じる

お金をかけずに、DXができるのは本当で、今のアンテナは普通のワイヤーアンテナ、無線機は安い100W程度の中古無線機、7MHzでカスカスの局を呼んでも、コールバックがある。VKとQSOしたとき、相手もダイポール+80Wだと言っていた。スーパーステーションもいるかもしれないが、大抵はそんなに変わらないのだろう。SSBでは、まさに大きなアンテナと高出力が必要だとおもう。以前、500W+2エレのとき、SSBでヨーロッパとQSOするのも結構大変であった。


SSBは3kHz程度の帯域でQSOが可能な非常に優れた通信モードであるが、CWは数百Hzの帯域でQSO出来てしまう。7MHzは、バンドが広くなり、以前程の混信は減っているが、SSBは常に混信があるため、快適にQSOすることは難しい。結構、注意深く相手の声に耳を傾ける必要がある。CWの場合、IFフィルタを以下に狭くするかで混信を殆ど無にできる。私の無線機は、IFフィルタがデジタルフィルタで構成されているため、QSO時は300Hzの設定にしている。そうすれば、ほぼ、隣り合った信号でも、混信は無い。CQを出す時は、500Hzに広げないと、周波数がゼロインされていない場合は、聞き逃す恐れがある。この300Hzフィルタは非常に優れており、例えば、7MHzでは夜になると、東南アジアからと思われるSSBの信号がCWの周波数帯で聞こえてくる。また、色々な放送局も聞こえてくる。SSBの場合、まさに邪魔な信号になるのだが、CWで300Hzフィルタ設定にすると、殆ど、影響なく使用できる。


短時間でのQSOが成立する。特に、国内のJCC,JCGサービス、海外でのペディションなどは、RSTレポートの交換で終わる。たとえば、


VK1ABC局と交信することを想定した場合、

CQ CQ CQ DE VK1ABC PSE K  

DE JH0ILL K

JH0ILL GE UR 599 BK

BK GE UR 599 TU

TU


となる。SSBの交信となると、

CQ CQ CQ This is VK1ABC Go ahead.

Japan, Hotel, Zero, India, Lima, Lima, over

JH0ILL, You are 59 59, over

 Thanks, You are also 59 59 , over

Thank you

という感じになるだろう。同じ内容であれば、恐らくCWの方が短い。

ただ、和文の場合は長い時間を要する。


私の場合、寝室の横に小さな部屋があり、そこをシャックとして利用している。夜23時過ぎになると、子どもが睡眠を始める。興奮気味の声をマイクに向かって張り上げるわけにはいかない。CWは、ヘッドフォンさえつけてしまえば、あとはパドルを静かに叩くだけである。ただ、一点、注意しなければいけない。IC-7000のフルブレークインのリレー切り替え音は、結構大きい。この場合は、セミブレークインに切り替えて運用を行う。


無線をしているという実感があるのは、まさに、我々中年にとって、無線=モールス信号による通信、このような連想ができるからだと思う。

最近は、CW解読機やソフトウェアがあるようなので、是非、やろうと思っている方は、恐れずに出てみてほしい。7.025MHzより上の周波数はまさに、ゆっくり欧文を打つために使われている。