アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

CD社 214Cの6mの実力

昨夜(10月12日)は、コンデションが悪く、殆ど、QSOが成立しなかった。7MHzは空電が酷く、中国上海のアマチュア局とCWでQSO出来ただけである。10MHz,14MHz,18MHz,24MHzと確認したが全くをもってぱっとしなかった。144MHzや430MHzでCQを連呼しても、応答は無かった。ローカル局が2mのSSBでCQを出しており、呼びかけたら、ローカル局も同じような状況であったようだ。いつも?の50MHzに行ってラグチューを開始した。
私は以前から知りたいと考えていたことがあることを明らかにした。HFのアンテナを上げたが、CD社の14/21MHzの4エレ、214Cが50MHzでもSWRが比較的に低く、実際の飛びはどうなのかということである。50MHzでは、すでにCD社 CL6DXがあり、ビーム先によっては、S9の信号は聞こえなくなってしまう。したがって、1方向に向けてCQを出しても、その方向にワッチ局が居なければ、QSOは成立しない。6m GPも考えたが、地上高の問題もあり、耳は悪いと思う。そこで、214Cが登場する。なぜ、214Cがマッチングするのかは全く不明であるが、CL6DXを上げる前は、50.50MHz付近でSWR1.3程度だったと思う。CL6DXを上げて、若干、変化したが、それでもバンド内SWR2.0以下である。
そこで、ローカル局に協力して頂き、アンテナの実力を調べた。ただし、ローカル局のアンテナはGPであるため、垂直偏波と水平偏波の違いを考慮する必要はあるが・・・。
ちなみに、ローカル局は、北北東の方向に位置する。
まず、CL6DXであるが、北東より東よりのところでS9まで振れた。若干のズレはあるが、ビームはやはりシャープである。GPの関係か、山があるからか不明だが、西側から南西にかけても、S5程度に強く聞こえる部分がある。結局、S9を超えたケースはなかった。
214Cではどうかというと、東側、西側に向けると、S7~8程度まで振れることが分かった。以外に耳はいい。単一指向性ではなく、ダイポールのような特性である。ビームはブロードであるが、CL6DXまでとは言えないものの、結構、耳がよい。
今後、6m AMロールコールに参加したとき、みなさんの意見をきくつもりである。


君の名は。

10月10日、体育の日、息子と一緒に、今話題の映画「君の名は。」を見に行った。前評判から、アニメのリアルさが非常にある映画であった。糸守町の高校で電波ジャックをするシーンで、昔、無線部で使っていた部屋らしく、古い無線機が置いてあった。
無線機は、まさにTRIOの名機TS-520Xと思われる。右横には外部VFOも配置されていた。
TS-520は、私が初めて開局したときに使ったことがある無線機で、私は後継機のTS-520Vである。私のTS-520Vは非常に曲者で、チョークコイルの問題かなにからしいが、直ぐに真空管がオーバーヒートし、電波が出なくなってしまった。何度も、修理に出したが、うまく直って戻ってこなかったために、当時、QRVしたいのに、できる時間があまりにも無かった。
当時は、多くの学生が無線の免許を取得し、毎晩21MHzのあちらこちらでラグチューを行っていた。お金がある?人は、当時、21MHzの3エレや4エレ八木をルーフタワーで屋根に載せて、QRVしていた。近所のOMでアンテナ工事があるというと、よく出かけていって工事を見た。お金がなく、ワイヤアンテナで運用していた自分にとって、憧れの一つであった。21MHzの運用者が多かったので、私が見たのはCD社のCY154やCD社の218Cなどのアンテナであった。また、タニグチエンジニアリングのHB9CVも多くの人が使っていた。私の友人は、同社の21MHzスイスクワッドを屋根に上げて運用していた。当時としては、とても耳がよく、夕方に開けるEU各局がフェージングを伴って入感してくるのを聞いて、驚きに浸った。
出力は正真正銘の10W、これで結構よく飛んだ。屋根の上に固定の3エレインバーデッドVやバードゲージループ、GPなどを作って、朝方に入感する北米W局を懸命に呼んだのを覚えている。取ってもらったときはとても嬉しかった。
その後、電信級の資格(今の3級)を取得、CWを覚えたら、ナローフィルタを装着し、10WとGPやインバーデットVで結構多くの局とQSOをした。7MHzで夜な夜なCQを出していたら、Wから呼ばれたことも何度もあった。応答はないと判っていても、パイルアップに参加することができてうれしかった。21MHzのGPは、10Wでもよく飛んだ。こんな記憶を、TS-520から引き出すことができた。
いまは、当時と比べて、出力は10倍、アンテナもグレードアップした。しかし、応答性はそれほど変わっていないような気がする。昨夜は、14MHzCWで10局ほど、QSOしたが、当時の感動は今もそれほど変わっていない。
ノイズから浮き上がってきた信号に対して、必死に応答するところは、初心と同じ気持ちで、とっても新鮮である。それゆえ、珍しい・雑魚という判断はせず、いつも、相手がいることを考えてQSOしている。それゆえ、昔覚えた新鮮な感動を受けることができる。

IC-7000 不具合が止まった!

10月8日、9日は全市全郡コンテストがあり、パソコンログとIC-7000駆使(苦死)して、参加することになる。最初は呼び出し側に回って、IC-7000に登録してあるメモリキーを押して、コールやナンバーを送出していた。しかし、自分がCQを出す側になったときから、IC-7000底部に配置したDC電源が邪魔に感じてきた。机の上は出来る限り、不要なものは置かないことがスムーズなQSOにつながると思ったので、DC電源は机の下に配置し、机の上は無線機、ローテータコントローラ、パソコンだけにした。
机の上に必要なものだけを置くと、このようになる。シンプルでとてもいい感じである。


さて、コンテストも終わり、2mを聞いていた。2mは、3月頃から異常な動作をしており、PTTボタンを押すと、ALCが振り切れた後、しばらくして正常になるような動作をした。ALCが戻るのは、出来るだけパワーを上げておかなければ、ALCの戻りが遅くなり、いつも50Wで運用しなければならなかった。それでも、PTTボタンを押した後、数秒間はまともな出力が出ない状態であった。SSBやCWでは、ALCが効いてしまい、出力は全く出ない状態であった。
ICOMに問い合わせたところ、異常発振が発生している可能性があり、アンテナを確認したほうがいいと回答をいただいた。しかし、アンテナを変えても、いっこうに変わらないため、いつか修理に出そうと考えていた。
今日、DC電源を机の下に移したら、2mの異常は発生しなくなっていた。SSBでも、低出力でもまったく問題なく、PTTを押した後、直ぐに反応するようになった。
片付けることは、こんなメリットも発生した。これから、2mも楽しむことができるようになった。