アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

ビームアンテナの不思議

いつも不思議に思うので敢えて記載した。
アマチュア無線を始めると、アンテナの威力を感じる。確かに、QROによる高出力化はインパクトがあるが、それ以上と言ってもいいほど、アンテナの威力は大きい。
以前に上げていた7MHzのデルタループから、ナロースペースの2エレHB9CVに変えただけであるが、7MHzの世界が変わった。メーカー曰く、フロントゲインは4dB程度でたったのS8がS9になる程度の変化である。しかし、以前はJAのOMらが7.025MHz付近でQSOする北米の面々が殆ど聞こえない、聞こえていても内容が判らないような状況であったが、今はSを振って入感する。OMらがQSOするように、英文のロングQSOに自信が無いので、CQが聞こえても、敢えてよばないのが現状。また、夜間にJA国内がスキップの状態で入ってくる東南アジア、北米の信号はS9++の状態で、真に国際バンドを呈している。北米局が南米やアフリカとQSOする相手も聞こえてくる。ワールドワイドで開けている様相である。更に、国内QSOもスキップぎりぎりの中、CQを出すと、混信の中から、強力に国内局が呼んでくる。ラグチューをしても、全く問題ないほど、安定しての信号である。
他のバンドはどうかというと、18MHzは同じく2エレHB9CV、しかし、最近のEUの信号は本当に強力である。たったの2エレなのに、十分なQSOができる。しかし、5エレなどを上げている局の方が送るレポートが明らかによい。おそらく、メーカーのゲインは、3~4dBの違いだと思うが、レポート上では明らかに10dB以上の差がある。
50MHzでは、グランドウェーブにて、八木どうしで向け合えば、県外局でもローカル局よりも強い信号となる。グランドウェーブだから、いつでもQSOが可能な範囲となるわけである。
このように、明らかにメーカーの提示するゲインよりも、大きな効果が得られるようだ。それゆえ、ゲインでアンテナとQROを検討するのでなく、アンテナはもっと効果があることを認識すべきである。いずれも、相手が聞こえなければ、交信は不可能なのだから。
RDP+500Wのときより、確実に飛びがよくなっている。これでQROすれば、どうなるのだろう?


18MHz夜のコンデション

 空は秋になったのか?18MHzの夜のコンデションはとてもよい。18MHzのアンテナを上げて以来、初めて欧州の信号が力強く入感している。この2,3日は20~23時ぐらいにかけて、非常に強い信号が聞こえる。以前はCWが中心で、それも559程度の局が多かったが、このところ、599の局が多く聞こえる。また、SSBでの57~59の強い信号で入感している。東欧だけでなく、西欧、それも結構、奥地が力強い信号で入感するようである。
 私は、2エレHB9CV+100Wであるが、局数も少ないためか、CWであれば、ほぼ、一発でコールバック、SSBでも何回か行えばコールバックは必ず得られる。この数日は、1日で10局程度はQSOできている。これは、秋のコンデションの兆し?そうであれば、18MHzはとても楽しいバンドである。
21MHzは聞こえず、14MHzは恐らくもっと遅い時間帯に開けるものと思う。遅い時間は、生活面で支障をきたすので、この21時前後がとてもいい時間である。皆がショートQSOに徹しており、シグナルレポートと名前程度、とても扱いやすい。SSNが低下している今、DXを始めるにあたって18MHzは絶好のバンドではないか?

eQSLに登録しよう!

最近、アクティビティが増加したため、QSOの数が増え、過去にQSOを行ったかどうかの確認が出来なくて困っている。私のPCは、Windows対応ではない、すなわちMacなので、Turbo-HAMLOGが使えない(トライをしたけど、ちょっと難しそう)。そこで、色々と検討し、DX交信のログはQRZ.comのログブックを使っているので、それを暫く使いつつ、RUMlogと呼ばれるMac用のログを使うことにした。使いにくいところは、時刻表示がUTC対応であるため、国内QSOには向かないが、現在は、DXと国内QSOが半々程度なため、UTCの方が便利だと思う。
QRZ.comのログブックは以前から使っていたために、QSOの参照を行う上で、RUMlogへの記載が完了するまでは、他には方法はない。とりあえず、管理をしていく。
さて、eQSLへの登録である。eQSLは、以前から興味を持っており、QSLの電子化に相当するようであるが、あまり使っている方が多いと聞いていない。しかしながら、調査すれば、eQSLでDXCCを除くほとんどのQSOの証明になるようである。JARLは、eQSLによるアワードの発行を認めており、AJDをはじめ、JCC,JCGについては、QSO後に暫く待たなければ入手できない場合でも、eQSLを用いて、交換ができる。
すなわち、eQSLに登録しておき、QSO直後にログをアップすれば、登録相手先でQSLを取得できる。また、登録料は、カードデザインが限定されてしまうけど、こだわりを持たなければ、基本的に無料、自分の局免許の写真をWebページ上でUpLoadすれば、数時間後に認証ももらえる。カードデザインを自己流にしたい場合は少ないドネーションで可能となる。Turbo-HAMLOGユーザーでも、おそらく同じデータをUpload出来ると思うので、対応が可能かもしれない(時刻はUTCなので、それが対応できるかは不明)。
7MHzなどでときどき、「JARLへ入会していないので、QSLは発行できません」とアナウンスをしている局を見かける。たしかに、アワードを追いかける専門の方は、QSLが無ければQSOしないと考える場合もあるが、多くの局は、そこまで言わなくても、QSO中に「JARLに入っていないのでQSLは発行できません」と言えば、了解してくれる。でも、とても珍しい市町村からのQRVだったり、記念としてQSLの交換をしたいという場合もある。このような方は、是非、eQSLへの登録をお勧めする。eQSLであれば、費用は0円で自らのQSLを発行できるし、相手はそれを利用してアワード申請もできる。それで、「JARLには入っていませんが、eQSLの発行はしています。恐れながら、必要な場合は無料なのでeQSLへの登録手続きをお願いします」とでも言えば、eQSLの直ぐにQSLを得られる便利さを知っていただき、自信を持って、QRVできるようになるだろう。私は、JARLには入っているが、eQSLもアワードを早く申請するために有効な手段と考えるようになった。