アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3.5MHzツェップ

前の週末、冬の夜に備えて、3.5MHzのツェップアンテナを張った。

タワーの直下にくくりつけた碍子に吊滑車をつけて、アンテナ線を自由に動けるようにした。短縮タイプで全長24mのツェップである。他のアンテナに影響あるかどうか心配であったが、今のところ大丈夫のようだ。クランクダウンをしても、滑車によりきちんと降りる算段だが、まだ、クランクダウンはしていない。
3.5MHzのCWバンドに合わせ、SWR1.5以下の領域は狭く、3.500から3.540MHzの範囲である。まあ、CWとJT65、RTTYが使えればよいと思っている。比較的よく飛び、50Wに満たないパワーで、5W1SAをパイルの中でゲットしている。ただ、私が一番最後で、他の局は呼んでいてもとってもらえなかったようだ。パワーは低いが、しっかりDXの信号は聞こえるので、飛びは期待できそう・・・。
と言いつつ、今日はBH局にふられっ放し。こちらは信号が強いが、私はノイズレベルのようだ。ローバンドはやはりパワーか???



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。