アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

WebSDRでのpsk受信

日本ではpskモードでのQSOは、なかなか受信できないが、EUでは多く使われているようであり、聞いてみたくなった。

きっと、日本でもEUの信号が国内局のように入ってくるビッグアンテナであれば、pskの信号も受信できるのかも、だけど、自分のアンテナでは難しいのだと思われる。だから、今回はWebSDRを利用して受信を試みる。

WebSDRはインターネットを介して設置先のデジタル受信機を利用できる画期的なシステムである。コンデションを確認する上で有用なツールである。EUにあるWebSDRを用いると、7.040MHzあたりに多くのpskらしい信号が聞こえる。

この信号をデコードすれば、きっと文字が現れて来るのだろう。今回は、私のMacBookでデコードを試みる。使用したソフトはcocoaModemである。すなわち、WebSDRを聞きながらデコードソフトを操作すれば、受信できると考えた。サウンドカードはPC内蔵マイクにすればいい。これがその画面だ。


文字化けはするがきちんとデコードが出来た。psk31による運用で強い信号は結構受信できるようだ。これを見ると、沢山の局がQRVしているようだ。

日本では7MHz帯で滅多にpskの信号を聞くことはないが、RTTYはよく入る。こんな効率の良さそうなモードをなぜ使わないのだろうか?

不思議である。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。