アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Windows PCへの変更

今までMacBookを使って、いろいろと試みてきたが、ここで降参することにした。対応するソフトウェアが少ないこと、特にRTTYの運用を考えていたがFSK対応できるものはなく、AFSKしかできない上、PTT制御がどれも難しい状況である。
以前に使っていたWindowsXPのノートパソコンがあり、CPU速度は、そこそこのスピード、しかし、あまりにも遅かったので、もう何年も使っていなかったものを押入れから引き出し、PCを購入段階の状態に初期化、最低限の使用として、ブラウザのみを更新する予定。購入段階にしたら、なんと、起動もとても早くて便利。アンチウィルスなんていれず、メールもWebメール(ウィルス確認機能つき)で対応。初期化したブラウザは、とても使えるものでなく、どこのWebページも読み込み不可能なので、MacBookでダウンロードしたものをPC上にコピーして、起動をすることで対応した。インターネット環境は早いが、ブラウジングは重いらしくて、時間がかかる。しかし、JT65、MMTTY、MMSSTV、CTESTWINをダウンロード、さらにTurboHamLogもインストール、その使い勝手のよさを確認、これは日本人にはいいねぇ。
MMTTYのコントロール、動作は完了、JT65は、WSJT-Xを用いることにした(こっちは、JT9が使える。さらに、CTESTWINでは念願のCW送信が可能となった。ついでに、CW解読ソフトDisital Sound CWをダウンロード、だけど、XPには対応していないとのことで、使用をあきらめる。
無線専用PCとして、使わなかったPCが復活した。
今後、FireFoxを入れて、画像データの編集はできるようにしたいと思う。
もともと、Windowsのソフトはたくさんもっているので、まだ、まだ、使えそう。
ソフトウェアフィルタなんてあれば、CW運用で使ってみたいものである。しばらく、いろいろと物色したい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。