アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Websdrの楽しさ

Websdrは、インターネットを利用してアマチュア無線の交信を聞くことができるもので、海外のアマチュア無線局が公開して下さっている。
これらの一覧は、以下のページを開くと、紹介されており、それぞれのWebページにつながる。
http://www.websdr.org
最近、この一覧のページが大幅に新しいサービスをされているベージが追加された。聞きたいバンド、そして公開している地域を選択し、そのページのリンクが貼られている。
私は、いくつかの利用を行っている。

  1. 無線機を使わないでバンドの状態を確認する
  2. 自分の信号をモニタし、他の局との信号強度差を確認する
  3. ビッグガンと呼ばれている設備の局がどの程度の信号で現地に届いているか確認する
  4. 自分が聞けない(耳が悪くて)局は、どのような局なのかを調べる
  5. その日のコンデションを把握する

無線機を使わないでバンドの状態を確認する方法として、DXSCAPEがあり、殆どはこれで何がどこに出ているかがわかってしまうかもしれない。しかし、ここに現れてからは、私のような弱小局では全く歯がたたない。それに、アマチュア無線本来のワッチをすることの楽しさが味わえない。既に出ているとわかっている局をすごい設備を使って(ヒガミです)交信しても面白いのだろうか?それよりも、ノイズの中からQSBを伴って聞こえてくるDXの弱い信号をワクワクしながら呼ぶことがとても楽しく感じる。
そんなとき、食事をした後に、机でパソコンを開き、バンド状態を確認し、面白い局が出ていれば、直ぐに無線機の電源を入れに行く。無線の延長をしているようで楽しい。


自分の信号がどれほど強いのか、どれほど遠くに届いているのか、アマチュア無線をやっている誰もが知りたいこと。今までは、相手のレポートを聞いて、そして較べていたと思う。このWebsdrを利用すれば、自分の信号の実際を確認することができる。ある場所での自分の信号が聞こえるか?聞こえるとすれば、どれほどの強さかを確かめられる。私はビームアンテナを持っていないが、持っている人なら、フロントとバックとサイドで信号の強さを比較することができるだろう。数値は、dB表示で表示され、プロットができるサイトもある。ちなみに、100W、10W、1Wで信号を比較したところ、ほぼ、10dBの差、100Wと50Wは3dBの差が確認できた。相手の局がダイポール等であれば、どこまで届くのかが大体判断できる。


それからビックガンと呼ばれるものすごい局が実際どうなのかを聞くことができる。夜、国内がスキップする状態でも、ロシアのWebsdrでは国内の局が確認できる。そこに、4エレ八木と1kWにてヨーロッパ各国のアマチュア無線局を相手にパイルをさばいている局をみる。東欧、またはスペインなどのWebsdrでどの程度の信号で入っているかを確認すると、まさにヨーロッパ域内のアマチュア局とほぼおなじ信号レベルで入感していた。Websdrのアンテナは、垂直系のバーチカル、またはダイポールが一般であり、信号レベルは59〜59+の強さである。実際に運用されているOMがどこまで確認されているかは不明であるが、弱い局から強い局まで群がっている。JAがパイルを受けている姿を聞くことができるだけでも、とても楽しい気分になった。また、中近東などにあるWebsdrを聞くともっと驚くのは、JA局の信号は入っているが、欧州域内の信号は皆無である。とっても強い信号が欧州、中近東に送られていることを感じた。ある面で、QRMがあまりわからないため、事前にWebsdrで空き周波数を探し、そこでCQを出すと効率的かもしれない。


ビックガンが相手にする局は、私の設備では全くだめ、しかし、Websdrならどのような局かがわかるし、その局がどこの方面の局に多く呼ばれているかも確認できる。但し、耳が悪いので、モニター代わりに使用するという考えはよしたほうがよい。インターネットである上、恐らくWebsdrの方でもバッファなどをもっているのだろう。信号は数秒、遅れている。従って、タイミングが合わないため、とってもらえないばかりか、自らの恥を晒すことになるだろう。


その日のコンデションをつかむことに長けていると思うことがある。例えば、無線局が電波を出していなければ、コンデションはつかめない。しかし、JAの信号をWebsdrで聞くことができるので、どの程度の強さががわかり、便利である。


上記の他にも、色々な用途があると思うが、いずれにしても、こんなに貴重な設備を開放していただいていることに深く感謝したい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。