アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

18MHz夜のコンデション

 空は秋になったのか?18MHzの夜のコンデションはとてもよい。18MHzのアンテナを上げて以来、初めて欧州の信号が力強く入感している。この2,3日は20~23時ぐらいにかけて、非常に強い信号が聞こえる。以前はCWが中心で、それも559程度の局が多かったが、このところ、599の局が多く聞こえる。また、SSBでの57~59の強い信号で入感している。東欧だけでなく、西欧、それも結構、奥地が力強い信号で入感するようである。
 私は、2エレHB9CV+100Wであるが、局数も少ないためか、CWであれば、ほぼ、一発でコールバック、SSBでも何回か行えばコールバックは必ず得られる。この数日は、1日で10局程度はQSOできている。これは、秋のコンデションの兆し?そうであれば、18MHzはとても楽しいバンドである。
21MHzは聞こえず、14MHzは恐らくもっと遅い時間帯に開けるものと思う。遅い時間は、生活面で支障をきたすので、この21時前後がとてもいい時間である。皆がショートQSOに徹しており、シグナルレポートと名前程度、とても扱いやすい。SSNが低下している今、DXを始めるにあたって18MHzは絶好のバンドではないか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。