アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

Featured member for QRZ.com

昨日4月9日、JA1のOMからメールで嬉しい知らせを頂いた。それは、以下の画面、そう、QRZ.comでのFeatured member(特集のメンバー)として掲載されたとのお知らせ。4月9日の20時ぐらいに掲載されていたようで、お気づき頂き、メールでお知らせを頂いた。残念ながら、私が気付いて、調べたときは既に掲載が終了していたようだ。

QRZ.comは、世界中のアマチュア局のデータベースであり、多くの局が掲載をされている。私も、再開局し、半年程度経過したときに、掲載を依頼した。更に、有料の会員サービス(Subscription Service)が存在し、一年目はXML Logbook Data会員、現在はPremium Subscriberとして会員サービスを受けている。これらのサービスは、主にLogbookの使用サービスであり、Premium Subscriberは更に広告表示が無くなる得点があるサービスである。
QRZ.comは無料会員であっても、Biographyとして自己紹介を行うことができる。このBiographyページは通常のWeb pageデザインと同様に色々な言語で表記することが可能であり、DXとの交信においては、お互いの状況を知る上でとても有効な情報の場所である。
私も含めて、日本人は殆ど自らの写真を掲載しないが、多くの方々は通常に自分自身を掲載している。私も拙い英文であるが、自らのシャックやアンテナなどの紹介を行っており、変更がある場合に限り、更新を行っている。


今回の特集メンバーになったのは、恐らく偶然であろうと思うが、アマチュア局として情報を発信していく重要なページのため、今後もきちんと維持管理をしていきたいと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。