アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

コンデションがいいのか?

SSNが63、SFI値が99まで上昇した。朝の7MHzではSSBで多くの局が強い信号で入ってきていた。ベアフットの私では、呼んでも恐らくリターンが無いと思われる。10MHzはそれほど聞こえない。ノイズレベルより少し上で数局が聞こえるだけである。T33CがCQを出していたが、誰も呼ばない。こちらは何度呼んでも、応答がなく、相手はQRTした。
結局、聞こえるけど、応答が無いことが多く、自らの電波の弱さを感じる。そして、応答が無いまま、他のJA局が気づいて持っていてしまう。多くの局は、これを経験して、QROをしていくのだな?と感じた。やはり、コンデションが今一つなのだろう。昨日より、SFI値もSSNも上昇してきたのだが、バンドコンデションの目安は、GoodからFairになっている。何か別の指標があるのかもしれない。ローカルからは、秋になれば状態が変わる話しも聞き、まずは待ってみたいと思う。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。